ModelDataSourceView クラス

定義

ModelDataSource コントロールの単一のビューを表します。

public ref class ModelDataSourceView : System::Web::UI::DataSourceView, System::Web::UI::IStateManager
public class ModelDataSourceView : System.Web.UI.DataSourceView, System.Web.UI.IStateManager
type ModelDataSourceView = class
    inherit DataSourceView
    interface IStateManager
Public Class ModelDataSourceView
Inherits DataSourceView
Implements IStateManager
継承
ModelDataSourceView
実装

注釈

Web Forms でモデルバインドを使用するチュートリアルシリーズについては、「モデルバインド」と「Web Forms」を参照してください。

コンストラクター

ModelDataSourceView(ModelDataSource)

ModelDataSourceView クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanDelete

現在の ModelDataSourceView コントロールに関連付けられている ModelDataSource オブジェクトで、削除操作がサポートされているかどうかを示す値を取得します。

CanInsert

現在の ModelDataSourceView コントロールに関連付けられている ModelDataSource オブジェクトで、挿入操作がサポートされているかどうかを示す値を取得します。

CanPage

現在の ModelDataSourceView コントロールに関連付けられている ModelDataSource オブジェクトで取得データのページングがサポートされているかどうかを示す値を取得します。

CanRetrieveTotalRowCount

現在の ModelDataSourceView コントロールに関連付けられている ModelDataSource オブジェクトで、データの設定に加えてデータ行の合計数を取得する操作がサポートされているかどうかを示す値を取得します。

CanSort

現在の ModelDataSourceView コントロールに関連付けられている ModelDataSource オブジェクトで、基になるデータ ソースの並べ替え済みのビューがサポートされているかどうかを示す値を取得します。

CanUpdate

現在の ModelDataSourceView コントロールに関連付けられている ModelDataSource オブジェクトで、更新操作がサポートされているかどうかを示す値を取得します。

DataKeyName

データ連結コントロールが DataKeyNamesFormViewListView、または GridView コントロールの場合、データ連結コントロールの DetailsView の配列内の最初の項目を取得します。

DeleteMethod

データを削除するために ModelDataSourceView オブジェクトが呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

Events

データ ソース ビューのイベント ハンドラー デリゲートのリストを取得します。

(継承元 DataSourceView)
InsertMethod

データを挿入するために ModelDataSourceView オブジェクトが呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

ModelTypeName

データにバインドされたコントロールのデータ型名を取得します。

Name

データ ソース ビュー名を取得します。

(継承元 DataSourceView)
SelectMethod

ModelDataSourceView コントロールがデータを取得するために呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

UpdateMethod

データを更新するために ModelDataSourceView オブジェクトが呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

メソッド

CanExecute(String)

指定したコマンドを実行できるかどうかを判断します。

(継承元 DataSourceView)
CreateSelectResult(Object)

Select 操作の結果がまだ IEnumerable コレクションでない場合は、その結果をこのコレクションに変換してから返します。

Delete(IDictionary, IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

メソッドを削除し、結果を取得します。

Delete(IDictionary, IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

DataSourceView オブジェクトで表されたデータのリストに対して、削除操作を非同期に実行します。

(継承元 DataSourceView)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
EvaluateDeleteMethodParameters(IDictionary, IDictionary)

Delete メソッドを呼び出し、結果を取得します。

EvaluateInsertMethodParameters(IDictionary)

挿入メソッドを呼び出します。

EvaluateMethodParameters(DataSourceOperation, ModelDataSourceMethod, IDictionary)

データ ソース操作、データ ソース メソッド オブジェクト、コントロール値を使用して、モデル バインディングのメソッド パラメーターを評価します。

EvaluateMethodParameters(DataSourceOperation, ModelDataSourceMethod, IDictionary, Boolean)

データ ソース操作、データ ソース メソッド オブジェクト、コントロール値、およびこのメソッドがページの LoadComplete イベント ハンドラーで呼び出されているかどうかを示す値を使用して、モデル バインディングのメソッド パラメーターを評価します。

EvaluateSelectMethodParameters(DataSourceSelectArguments, DataSourceSelectResultProcessingOptions)

選択メソッドのパラメーターを評価し、自動ページングや並べ替え動作などの選択結果を処理するためのオプションも決定します。

EvaluateUpdateMethodParameters(IDictionary, IDictionary, IDictionary)

Update メソッドを呼び出し、結果を取得します。

ExecuteCommand(String, IDictionary, IDictionary)

指定されたコマンドを実行します。

(継承元 DataSourceView)
ExecuteCommand(String, IDictionary, IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

指定されたコマンドを実行します。

(継承元 DataSourceView)
ExecuteDelete(IDictionary, IDictionary)

DeleteMethod メソッドを使う操作を削除します。

ExecuteInsert(IDictionary)

InsertMethod メソッドを使用する操作を挿入します。

ExecuteSelect(DataSourceSelectArguments)

SelectMethod メソッドを使う操作を選択します。

ExecuteUpdate(IDictionary, IDictionary, IDictionary)

UpdateMethod メソッドを使用する操作を更新します。

FindMethod(String)

実行するメソッドを検索します。

GetDeleteMethodResult(IDictionary, IDictionary)

削除メソッドを呼び出し、結果を取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetInsertMethodResult(IDictionary)

挿入メソッドを呼び出し、結果を取得します。

GetSelectMethodResult(DataSourceSelectArguments)

選択メソッドを呼び出し、結果を取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUpdateMethodResult(IDictionary, IDictionary, IDictionary)

更新メソッドを呼び出し、結果を取得します。

Insert(IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

メソッドを挿入し、結果を取得します。

Insert(IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

DataSourceView オブジェクトで表されたデータのリストに対して、挿入操作を非同期に実行します。

(継承元 DataSourceView)
InvokeMethod(ModelDataSourceMethod)

データ メソッドを呼び出します。

IsTrackingViewState()

コントロールが状態をビュー ステートに格納しているかどうかを示す値を返します。

LoadViewState(Object)

データ ソース ビューの、以前保存したビューステートを復元します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnCallingDataMethods(CallingDataMethodsEventArgs)

CallingDataMethods イベントを発生させます。

OnDataSourceViewChanged(EventArgs)

DataSourceViewChanged イベントを発生させます。

(継承元 DataSourceView)
ProcessSelectMethodResult(DataSourceSelectArguments, DataSourceSelectResultProcessingOptions, ModelDataMethodResult)

該当する場合には自動ページングや並べ替えなど、選択メソッドの結果に対する操作を実行します。

RaiseUnsupportedCapabilityError(DataSourceCapabilities)

RaiseUnsupportedCapabilitiesError(DataSourceView) メソッドによって呼び出され、ビューでサポートされている機能と ExecuteSelect(DataSourceSelectArguments) 操作に必要な機能を比較します。

(継承元 DataSourceView)
SaveViewState()

ページがサーバーにポスト バックされた時間以降に発生した、ModelDataSourceView オブジェクトのビューステートへの変更を保存します。

Select(DataSourceSelectArguments, DataSourceViewSelectCallback)

メソッドを選択し、結果を取得します。

Select(DataSourceSelectArguments, DataSourceViewSelectCallback)

基になるデータ ストレージからデータのリストを非同期に取得します。

(継承元 DataSourceView)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TrackViewState()

ModelDataSourceView オブジェクトがそのビューステートの変更を追跡するようにします。それにより、変更をコントロールの ViewState オブジェクトに格納して、同じページに対する複数の要求にわたって永続化できます。

Update(IDictionary, IDictionary, IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

パラメーターに指定された値を使用して、指定されたメソッドを更新します。

Update(IDictionary, IDictionary, IDictionary, DataSourceViewOperationCallback)

DataSourceView オブジェクトで表されたデータのリストに対して、更新操作を非同期に実行します。

(継承元 DataSourceView)
UpdateProperties(String, String, String, String, String, String)

パラメーターに指定された値を使用して、指定されたプロパティを更新します。

イベント

CallingDataMethods

データのメソッドが呼び出されるときに発生します。

DataSourceViewChanged

データ ソース ビューが変更された場合に発生します。

(継承元 DataSourceView)

明示的なインターフェイスの実装

IStateManager.IsTrackingViewState

サーバー コントロールがビュー ステートの変更を追跡しているかどうかを示す値を取得します。

IStateManager.LoadViewState(Object)

以前に保存したサーバー コントロールのビュー ステートをコントロールに読み込みます。

IStateManager.SaveViewState()

サーバー コントロールのビュー ステートの変更をオブジェクトに保存します。

IStateManager.TrackViewState()

ビュー ステートへの変更を追跡するようにサーバー コントロールに指示します。

適用対象