SiteMapNodeItemEventArgs クラス

定義

ItemCreated イベントおよび ItemDataBound イベントのデータを提供します。Provides data for the ItemCreated and ItemDataBound events.

public ref class SiteMapNodeItemEventArgs : EventArgs
public class SiteMapNodeItemEventArgs : EventArgs
type SiteMapNodeItemEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class SiteMapNodeItemEventArgs
Inherits EventArgs
継承
SiteMapNodeItemEventArgs

注釈

SiteMapPath.ItemCreated イベントは、SiteMapPath コントロールによって SiteMapNodeItem が作成されるときに発生します。The SiteMapPath.ItemCreated event is raised when a SiteMapNodeItem is created by the SiteMapPath control. SiteMapPath.ItemDataBound イベントは、SiteMapPath.CreateControlHierarchyの呼び出し中に項目で DataBind が呼び出されたときに発生します。The SiteMapPath.ItemDataBound event is raised when DataBind is called on the item during a call to SiteMapPath.CreateControlHierarchy.

イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information about how to handle events, see Handling and Raising Events.

コンストラクター

SiteMapNodeItemEventArgs(SiteMapNodeItem)

指定した SiteMapNodeItemEventArgs オブジェクトをイベントのソースとして設定して、SiteMapNodeItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SiteMapNodeItemEventArgs class, setting the specified SiteMapNodeItem object as the source of the event.

プロパティ

Item

イベントのソースであるノード アイテムを取得します。Gets the node item that is the source of the event.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください