SqlDataSource.Select(DataSourceSelectArguments) メソッド

定義

SelectCommand SQL 文字列、および SelectParameters コレクション内の任意のパラメーターを使用して、基になるデータベースからデータを取得します。Retrieves data from the underlying database by using the SelectCommand SQL string and any parameters that are in the SelectParameters collection.

public:
 System::Collections::IEnumerable ^ Select(System::Web::UI::DataSourceSelectArguments ^ arguments);
public System.Collections.IEnumerable Select (System.Web.UI.DataSourceSelectArguments arguments);
member this.Select : System.Web.UI.DataSourceSelectArguments -> System.Collections.IEnumerable
Public Function Select (arguments As DataSourceSelectArguments) As IEnumerable

パラメーター

arguments
DataSourceSelectArguments

基本的なデータ取得を超えたデータ操作を要求する場合に使用する DataSourceSelectArguments オブジェクト。A DataSourceSelectArguments object that is used to request operations on the data beyond basic data retrieval.

戻り値

IEnumerable

データ行の IEnumerable リスト。An IEnumerable list of data rows.

例外

SqlDataSource オブジェクトが、基になるデータ ソースとの接続を確立できません。The SqlDataSource object cannot establish a connection with the underlying data source.

次の例は、プログラムで Select メソッドを呼び出し、クエリの結果に基づいて値を設定する方法を示しています。The following examples show how to programmatically call the Select method and set values based on the result of the query. 次の例は、Web コントロールの宣言型コードを示しています。The following example shows the declarative code for the Web controls.

<asp:SqlDataSource 
    ID="SqlDataSource1" 
    runat="server" 
    ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:ConnectionString %>" 
    SelectCommand="SELECT Count(*) FROM [Products] WHERE ([ReorderLevel] &gt; 0)">
</asp:SqlDataSource>
<asp:Label 
    ID="Label1" 
    runat="server" 
    Text="">
</asp:Label>
<br />
<asp:Button 
    ID="Button1" 
    Text="Check Reorder Status" 
    runat="server" 
    onclick="Button1_Click" />
<asp:SqlDataSource 
    ID="SqlDataSource1" 
    runat="server" 
    ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:ConnectionString %>" 
    SelectCommand="SELECT Count(*) FROM [Products] WHERE ([ReorderLevel] &gt; 0)">
</asp:SqlDataSource>
<asp:Label 
    ID="Label1" 
    runat="server" 
    Text="">
</asp:Label>
<br />
<asp:Button 
   ID="Button1" 
   Text="Check Reorder Status" 
   runat="server" 
   onclick="Button1_Click" />

次の例は、プログラムで Select メソッドを呼び出す方法を示しています。The following example shows how to programmatically call the Select method. SqlDataSource コントロールは整数を返します。The SqlDataSource control returns an integer. 整数の値は、Label コントロールのテキストを設定し、HyperLink コントロールを表示するかどうかを決定するために使用されます。The value of the integer is used to set the text of a Label control and to determine whether to display a HyperLink control.

protected void CheckReorderStatus()
{
    DataView dv = (DataView)SqlDataSource1.Select(DataSourceSelectArguments.Empty);
    int reorderedProducts = (int)dv.Table.Rows[0][0];
    if (reorderedProducts > 0)
    {
        Label1.Text = "Number of products on reorder: " + reorderedProducts;
    }
    else
    {
        Label1.Text = "No products on reorder.";
    }
}

protected void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    CheckReorderStatus();
}
Protected Sub CheckReorderStatus()
    Dim dv As DataView
    Dim reorderedProducts As Integer

    dv = CType(SqlDataSource1.Select(DataSourceSelectArguments.Empty), DataView)
    reorderedProducts = CType(dv.Table.Rows(0)(0), Integer)
    If (reorderedProducts > 0) Then
        Label1.Text = "Number of products on reorder: " & reorderedProducts
    Else
        Label1.Text = "No products on reorder."
    End If
End Sub

Protected Sub Button1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
    CheckReorderStatus()
End Sub

注釈

Select メソッドは、ページライフサイクルの PreRender フェーズで自動的に呼び出されます。The Select method is automatically called during the PreRender phase of the page life cycle. このメソッドは、DataSourceID プロパティを通じて SqlDataSource コントロールにアタッチされているデータバインドコントロールによって呼び出されます。It is called by data-bound controls that have been attached to a SqlDataSource control through their DataSourceID property.

DataSourceMode プロパティが DataSet 値に設定されている場合、Select メソッドは DataView オブジェクトを返します。The Select method returns a DataView object if the DataSourceMode property is set to the DataSet value. DataSourceMode プロパティが DataReader 値に設定されている場合、Select メソッドは IDataReader オブジェクトを返します。The Select method returns a IDataReader object if the DataSourceMode property is set to the DataReader value. データの読み取りが終了したら、IDataReader オブジェクトを閉じます。Close the IDataReader object when you have finished reading the data.

Select 操作が実行される前に、OnSelecting メソッドが呼び出されて、Selecting イベントが発生します。Before the Select operation is performed, the OnSelecting method is called to raise the Selecting event. このイベントを処理して、パラメーターの値を調べたり、Select 操作の前に処理を実行したりすることができます。You can handle this event to examine the values of the parameters and to perform any processing before the Select operation.

Select 操作が完了すると、OnSelected メソッドが呼び出され、Selected イベントが発生します。After the Select operation completes, the OnSelected method is called to raise the Selected event. このイベントを処理して、戻り値とエラーコードを確認し、後処理を実行できます。You can handle this event to examine any return values and error codes and to perform any post-processing.

DataSourceMode プロパティが SqlDataSourceMode.DataSet に設定されていて、キャッシュが有効になっている場合、SqlDataSource オブジェクトはからデータを取得し、Select 操作中にデータをキャッシュに保存します。If the DataSourceMode property is set to SqlDataSourceMode.DataSet and caching is enabled, the SqlDataSource object retrieves data from and saves data to the cache during the Select operation. キャッシュは、CacheDurationCacheExpirationPolicy のプロパティの組み合わせによって指定されたキャッシュの動作に基づいて、作成、破棄、または更新されます。The cache is created, discarded, or refreshed based on the caching behavior that is specified by the combination of the CacheDuration and CacheExpirationPolicy properties.

重要

Microsoft Windows 認証でクライアントの偽装を使用している場合は、最初のユーザーがデータにアクセスしたときにデータがキャッシュされます。When you are using client impersonation under Microsoft Windows authentication, the data is cached when the first user accesses the data. 別のユーザーが同じデータを要求した場合、データはキャッシュから取得されます。If another user requests the same data, the data is retrieved from the cache. データへのユーザーのアクセスを確認するために、データベースに対して別の呼び出しを行っても、データは取得されません。The data is not retrieved by making another call to the database to verify the user's access to the data. 複数のユーザーがデータにアクセスすることを想定しており、各データの取得をデータベースのセキュリティ構成によって検証する場合は、キャッシュを使用しないでください。If you expect more than one user to access the data, and you want each retrieval of data to be verified by the security configurations for the database, do not use caching.

DataSourceMode プロパティが SqlDataSourceMode.DataSet に設定されていて、FilterExpression プロパティが指定されている場合は、指定された FilterParameters プロパティを使用してフィルター式が評価され、結果として得られるフィルターが Select 操作中にデータのリストに適用されます。If the DataSourceMode property is set to SqlDataSourceMode.DataSet and a FilterExpression property has been specified, the filter expression is evaluated with any supplied FilterParameters properties and the resulting filter is applied to the list of data during the Select operation.

Select メソッドは、SqlDataSource コントロールに関連付けられている SqlDataSourceView オブジェクトの Select メソッドにデリゲートします。The Select method delegates to the Select method of the SqlDataSourceView object that is associated with the SqlDataSource control. データ取得操作を実行するために、SqlDataSourceViewSelectCommand テキストと関連付けられている SelectParameters 値を使用して DbCommand オブジェクトを作成し、基になるデータベースに対して DbCommand を実行します。To perform a data retrieval operation, the SqlDataSourceView builds a DbCommand object by using the SelectCommand text and any associated SelectParameters values, and then executes the DbCommand against the underlying database.

重要

値は、検証なしでパラメーターに挿入されます。これは、セキュリティ上の脅威となる可能性があります。Values are inserted into parameters without validation, which is a potential security threat. クエリを実行する前に、Filtering イベントを使用してパラメーター値を検証してください。Use the Filtering event to validate parameter values before executing the query. 詳細については、「スクリプトによる攻略の概要」を参照してください。For more information, see Script Exploits Overview.

適用対象

こちらもご覧ください