TreeNode.Target プロパティ

定義

ノードに関連付けられている Web ページの内容を表示する対象のウィンドウまたはフレームを取得または設定します。Gets or sets the target window or frame in which to display the Web page content associated with a node.

public:
 property System::String ^ Target { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string Target { get; set; }
member this.Target : string with get, set
Public Property Target As String

プロパティ値

リンクされた Web ページの内容を表示する対象のウィンドウまたはフレーム。The target window or frame in which to display the linked Web page content. 値は、次の表に示すアンダースコア (_) から始まる特殊な値を除き、大文字小文字を区別しない A から Z の範囲の文字で始まる必要があります。Values must begin with a letter in the range of A through Z (case-insensitive), except for certain special values that begin with an underscore, as shown in the following table.

対象の値Target value 説明Description
_blank フレームなしの新しいウィンドウに内容を表示します。Renders the content in a new window without frames.
_parent 直前のフレームセットの親に内容を表示します。Renders the content in the immediate frameset parent.
_search 検索ペインに内容を表示します。Renders the content in the search pane.
_self フォーカスのあるフレームに内容を表示します。Renders the content in the frame with focus.
_top 最大化されたフレームなしのウィンドウに内容を表示します。Renders the content in the full window without frames.

ブラウザーのドキュメントを参照して、_search 値がサポートされているかどうか確認してください。Check your browser documentation to determine whether the _search value is supported. たとえば、Microsoft Internet Explorer 5.0 以降では _search ターゲット値がサポートされています。For example, Microsoft Internet Explorer 5.0 and later support the _search target value.

既定値は空の文字列 ("") です。フォーカスのあるウィンドウまたはフレームが更新されます。The default value is an empty string (""), which refreshes the window or frame with focus.

次の例のフレームを設定する方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates how to set up the frames for the next example.


<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
    <title>TreeView Frameset Example</title>
</head>
         
    <frameset cols="30%, 75%">
   
        <frame title="MenuFrame" name="Menu" src="TreeViewFramecs.aspx"/>
        <frame title="ContentFrame" name="Content" src="Home.aspx"/> 
           
    </frameset>      
   
</html>


<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
    <title>TreeView Frameset Example</title>
</head>
         
    <frameset cols="30%, 75%">
   
        <frame title="MenuFrame" name="Menu" src="TreeViewFramevb.aspx"/>
        <frame title="ContentFrame" name="Content" src="Home.aspx"/> 
           
    </frameset>      
   
</html>

次のコード例では、Target プロパティを使用して、リンクされたコンテンツを表示するフレームを指定する方法を示します。The following code example demonstrates how to use the Target property to specify the frame in which to display the linked content. この例は、前の例のフレームセット内で、目次を表示するために使用されます。This example is used within the frameset of the previous example to display a table of contents.


<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>TreeView Declarative Syntax Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>TreeView Declarative Syntax Example</h3>
      
      <asp:TreeView id="SampleTreeView" 
        runat="server">
         
        <Nodes>
        
          <asp:TreeNode Value="Home" 
            NavigateUrl="Home.aspx" 
            Text="Home"
            Target="Content" 
            Expanded="True">
             
            <asp:TreeNode Value="Page 1" 
              NavigateUrl="Page1.aspx" 
              Text="Page1"
              Target="Content">
               
              <asp:TreeNode Value="Section 1" 
                NavigateUrl="Section1.aspx" 
                Text="Section 1"
                Target="Content"/>
                 
            </asp:TreeNode>              
            
            <asp:TreeNode Value="Page 2" 
              NavigateUrl="Page2.aspx"
              Text="Page 2"
              Target="Content">
               
            </asp:TreeNode> 
            
          </asp:TreeNode>
        
        </Nodes>
        
      </asp:TreeView>

    </form>
  </body>
</html>


<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>TreeView Declarative Syntax Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>TreeView Declarative Syntax Example</h3>
      
      <asp:TreeView id="SampleTreeView" 
        runat="server">
         
        <Nodes>
        
          <asp:TreeNode Value="Home" 
            NavigateUrl="Home.aspx" 
            Text="Home"
            Target="Content" 
            Expanded="True">
             
            <asp:TreeNode Value="Page 1" 
              NavigateUrl="Page1.aspx" 
              Text="Page1"
              Target="Content">
               
              <asp:TreeNode Value="Section 1" 
                NavigateUrl="Section1.aspx" 
                Text="Section 1"
                Target="Content"/>
                 
            </asp:TreeNode>              
            
            <asp:TreeNode Value="Page 2" 
              NavigateUrl="Page2.aspx"
              Text="Page 2"
              Target="Content">
               
            </asp:TreeNode> 
            
          </asp:TreeNode>
        
        </Nodes>
        
      </asp:TreeView>

    </form>
  </body>
</html>

注釈

ノードがクリックされたときに、そのノードにリンクされている Web コンテンツを表示するウィンドウまたはフレームを指定するには、Target プロパティを使用します。Use the Target property to specify the window or frame in which to display the Web content linked to a node when that node is clicked.

注意

このプロパティを設定すると、TreeView コントロールの Target プロパティがオーバーライドされます。Setting this property overrides the Target property of the TreeView control.

注意

Target プロパティは、target 属性としてレンダリングされます。The Target property renders as a target attribute. anchor 要素の target 属性は、XHTML 1.1 ドキュメント型定義では許可されていません。The target attribute on anchor elements is not allowed in the XHTML 1.1 document type definition. TreeNode オブジェクトに対してレンダリングされた出力が XHTML 1.1 に準拠している必要がある場合は、Target プロパティを設定しないでください。Do not set the Target property if the rendered output for the TreeNode object must be XHTML 1.1-compliant. 詳細については、「 Visual Studio と ASP.NET の XHTML 標準」を参照してください。For more information, see XHTML Standards in Visual Studio and ASP.NET.

アクセス可能な Web ページを作成する場合は、Target プロパティを使用して別のウィンドウを対象にしないようにすることを強くお勧めします。When creating accessible Web pages, it is strongly recommended you avoid using the Target property to target another window. 詳細については、「 ASP.NET Accessibility」を参照してください。For more information, see ASP.NET Accessibility.

このプロパティの値は、ビューステートに格納されます。The value of this property is stored in view state.

適用対象

こちらもご覧ください