TreeView.EnableClientScript プロパティ

定義

TreeView コントロールがクライアント側のスクリプトを表示して、イベントの展開と折りたたみを処理するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the TreeView control renders client-side script to handle expanding and collapsing events.

public:
 property bool EnableClientScript { bool get(); void set(bool value); };
[System.Web.UI.Themeable(false)]
public bool EnableClientScript { get; set; }
member this.EnableClientScript : bool with get, set
Public Property EnableClientScript As Boolean

プロパティ値

互換性のあるブラウザーにクライアント側のスクリプトを表示する場合は true。それ以外の場合は falsetrue to render the client-side script on compatible browsers; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

属性

このセクションには、2 つのコード例が含まれています。This section contains two code examples. 最初のコード例では、 EnableClientScriptプロパティを使用して、互換性のあるブラウザーでノードを展開および折りたたむために使用されるクライアント側のスクリプトを表示する方法を示します。The first code example demonstrates how to use the EnableClientScript property to render client-side script that is used to expand and collapse nodes on compatible browsers. 2番目のコード例では、最初のコード例のサンプル XML データを提供します。The second code example provides sample XML data for the first code example.

次のコード例では、プロパティをEnableClientScript使用して、互換性のあるブラウザーでノードを展開および折りたたむために使用されるクライアント側のスクリプトを表示する方法を示します。The following code example demonstrates how to use the EnableClientScript property to render client-side script that is used to expand and collapse nodes on compatible browsers. EnableClientScriptプロパティがにfalse設定されている場合は、ノードを展開したり折りたたんだりするために、サーバーへのポストが必要であることに注意してください。Notice that a post to the server is required to expand and collapse a node when the EnableClientScript property is set to false. この例を正しく動作させるには、このコード例の後に記載されているサンプル XML データを、books .xml という名前のファイルにコピーする必要があります。For this example to work correctly, you must copy the sample XML data, provided after this code example, to a file named Book.xml.


<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>TreeView EnableClientScript Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>TreeView EnableClientScript Example</h3>
    
      <asp:TreeView id="BookTreeView" 
        DataSourceID="BookXmlDataSource"
        EnableClientScript="true"
        runat="server">
         
        <DataBindings>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Book" TextField="Title"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Chapter" TextField="Heading"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Section" TextField="Heading"/>
        </DataBindings>
         
      </asp:TreeView>

      <asp:XmlDataSource id="BookXmlDataSource"  
        DataFile="Book.xml"
        runat="server">
      </asp:XmlDataSource>

    </form>
  </body>
</html>


<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>TreeView EnableClientScript Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>TreeView EnableClientScript Example</h3>
    
      <asp:TreeView id="BookTreeView" 
        DataSourceID="BookXmlDataSource"
        EnableClientScript="true"
        runat="server">
         
        <DataBindings>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Book" TextField="Title"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Chapter" TextField="Heading"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Section" TextField="Heading"/>
        </DataBindings>
         
      </asp:TreeView>

      <asp:XmlDataSource id="BookXmlDataSource"  
        DataFile="Book.xml"
        runat="server">
      </asp:XmlDataSource>

    </form>
  </body>
</html>

次のコード例は、前のコード例のサンプル XML データを示しています。The following code example provides sample XML data for the preceding code example.

<Book Title="Book Title">  
    <Chapter Heading="Chapter 1">  
        <Section Heading="Section 1">  
        </Section>  
        <Section Heading="Section 2">  
        </Section>  
    </Chapter>  
    <Chapter Heading="Chapter 2">  
        <Section Heading="Section 1">  
        </Section>  
    </Chapter>  
</Book>  

注釈

プロパティを使用して、コントロールTreeViewが互換性のあるブラウザーでクライアント側スクリプトをレンダリングして、イベントの展開と折りたたみを処理するかどうかを指定します。 EnableClientScriptUse the EnableClientScript property to specify whether the TreeView control renders client-side script on compatible browsers to handle expanding and collapsing events. このプロパティがにtrue設定されている場合、互換性のあるブラウザーでは、クライアント上のノードを展開したり折りたたんだりするためのコードを実行します。When this property is set to true, compatible browsers execute the code to expand and collapse nodes on the client. クライアント側スクリプトを機能させるには、ツリーノードデータを事前に把握しておく必要があります。The tree node data must be known in advance for the client-side script to work. クライアントスクリプトを使用すると、ノードが展開または折りたたまれるたびにサーバーへのポストバックが行われなくなります。Using client script prevents a post back to the server each time a node is expanded or collapsed.

ツリーノードのデータが事前に認識されていない場合、 PopulateNodesFromClientプロパティもにtrue設定されていると、クライアントからノードを設定できます。When the tree node data is not known in advance, nodes can be populated from the client, if the PopulateNodesFromClient property is also set to true. このシナリオでは、 TreeNodePopulateイベントのイベント処理メソッドを指定してノードにデータを設定する必要もあります。In this scenario, you must also provide an event-handling method for the TreeNodePopulate event to populate the nodes. クライアント側のノードの作成の詳細についてPopulateNodesFromClientは、「」を参照してください。For more information on client-side node population, see PopulateNodesFromClient.

注意

プロパティがEnableClientScriptfalse設定されているTreeView場合、コントロールはノードが展開または折りたたまれるたびにサーバーにポストバックされます。If the EnableClientScript property is set to false, the TreeView control posts back to the server each time a node is expanded or collapsed.

このプロパティの値は、ビューステートに格納されます。The value of this property is stored in view state.

このプロパティは、テーマまたはスタイル シート テーマによって設定することはできません。This property cannot be set by themes or style sheet themes. 詳細についてはThemeableAttribute 、「」および「 ASP.NET theme and スキン」を参照してください。For more information, see ThemeableAttribute and ASP.NET Themes and Skins.

適用対象

こちらもご覧ください