TreeView.OnTreeNodeDataBound(TreeNodeEventArgs) メソッド

定義

TreeNodeDataBound コントロールの TreeView イベントを発生させます。Raises the TreeNodeDataBound event of the TreeView control.

protected:
 virtual void OnTreeNodeDataBound(System::Web::UI::WebControls::TreeNodeEventArgs ^ e);
protected virtual void OnTreeNodeDataBound (System.Web.UI.WebControls.TreeNodeEventArgs e);
abstract member OnTreeNodeDataBound : System.Web.UI.WebControls.TreeNodeEventArgs -> unit
override this.OnTreeNodeDataBound : System.Web.UI.WebControls.TreeNodeEventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnTreeNodeDataBound (e As TreeNodeEventArgs)

パラメーター

e
TreeNodeEventArgs

イベント データを格納している TreeNodeEventArgsA TreeNodeEventArgs that contains event data.

注釈

イベントTreeNodeDataBoundは、データ項目がTreeViewコントロール内のノードにバインドされると発生します。The TreeNodeDataBound event is raised when a data item is bound to a node in the TreeView control. これにより、このイベントが発生するたびにカスタムルーチンを実行するイベント処理メソッドを提供できます。This allows you to provide an event-handling method that performs a custom routine whenever this event occurs.

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information about how to handle events, see Handling and Raising Events.

OnTreeNodeDataBound メソッドを使用すると、デリゲートを結び付けずに、派生クラスでイベントを処理することもできます。The OnTreeNodeDataBound method also allows derived classes to handle the event without attaching a delegate. 派生クラスでイベントを処理する場合は、この手法をお勧めします。This is the preferred technique for handling the event in a derived class.

注意 (継承者)

派生クラスのOnTreeNodeDataBound(TreeNodeEventArgs)メソッドをオーバーライドする場合は、登録されてOnTreeNodeDataBound(TreeNodeEventArgs)いるデリゲートがイベントを受け取るように、基本クラスのメソッドを呼び出す必要があります。When overriding the OnTreeNodeDataBound(TreeNodeEventArgs) method in a derived class, be sure to call the OnTreeNodeDataBound(TreeNodeEventArgs) method for the base class so that registered delegates receive the event.

適用対象

こちらもご覧ください