WebPartMovingEventHandler 代理人

定義

WebPartManager オブジェクトの WebPartMoving イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the WebPartMoving event of a WebPartManager object.

public delegate void WebPartMovingEventHandler(System::Object ^ sender, WebPartMovingEventArgs ^ e);
public delegate void WebPartMovingEventHandler(object sender, WebPartMovingEventArgs e);
type WebPartMovingEventHandler = delegate of obj * WebPartMovingEventArgs -> unit
Public Delegate Sub WebPartMovingEventHandler(sender As Object, e As WebPartMovingEventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベントのソース。The source of the event.

e
WebPartMovingEventArgs

イベント データを格納している WebPartMovingEventArgsA WebPartMovingEventArgs that contains the event data.

継承
WebPartMovingEventHandler

注釈

またはその他のサーバーコントロールが自身のゾーン内または別のゾーン内で移動されているWebPartMovingときに、イベントが発生します。 WebPartThe WebPartMoving event is raised when a WebPart or other server control is being moved within its own zone, or to another zone. これは、ユーザーがコントロールをドラッグしたときと、プログラムによる移動があるときに発生する可能性があります。This can occur both when a user drags a control, and when there is a programmatic move.

イベントは、 OnWebPartMovingメソッドによって発生し、移動プロセスを完了する前にキャンセルする機会を提供します。 WebPartMovingThe WebPartMoving event is raised by the OnWebPartMoving method, and it provides an opportunity to cancel the moving process before it is complete. 移動が完了し、コントロールが新しい位置に配置された場合、このイベントのWebPartMoved後にイベントが続きます。If the move is completed and the control placed in a new position, this event is followed by the WebPartMoved event.

WebPartMovingEventHandlerデリゲートで指定されたメソッドは、 WebPartMovingイベントが発生したときに呼び出されます。The method specified in the WebPartMovingEventHandler delegate will be called when a WebPartMoving event is raised.

ページ開発者は、 OnWebPartMoving属性を<asp:webpartmanager>要素に追加し、カスタムメソッド名を属性に割り当てることによって、イベントのカスタムハンドラーを作成できます。Page developers can create a custom handler for the event by adding the OnWebPartMoving attribute to the <asp:webpartmanager> element, and assigning a custom method name to the attribute. カスタムハンドラーはプログラムによって割り当てることもできます。A custom handler can also be assigned programmatically. イベントをサブスクライブする方法の詳細については、 「方法:イベントを発生させて使用します。For more information about how to subscribe to an event, see How to: Raise and Consume Events.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象

こちらもご覧ください