XmlHierarchicalDataSourceView クラス

定義

XmlDataSource コントロールの XML ノードまたは XML ノードのコレクションに対するデータ ビューを表します。

public ref class XmlHierarchicalDataSourceView : System::Web::UI::HierarchicalDataSourceView
public class XmlHierarchicalDataSourceView : System.Web.UI.HierarchicalDataSourceView
type XmlHierarchicalDataSourceView = class
    inherit HierarchicalDataSourceView
Public Class XmlHierarchicalDataSourceView
Inherits HierarchicalDataSourceView
継承
XmlHierarchicalDataSourceView

注釈

コントロールは、 XmlDataSource 基になるデータを、テーブルにバインドされた Web サーバーコントロールに対して、表形式と階層形式の両方で表示できます。 GridViewやなどのコントロールは、を使用して DropDownList XmlDataSource xml データにバインドし、リストまたは表形式で表示します。また、などのクラスから派生するコントロールは、 HierarchicalDataBoundControl TreeView xml データにバインドして階層形式で表示します。

は、 XmlDataSource それぞれ異なるコードパスを使用して各ビュー型を内部で作成します。 GetViewコントロールでメソッドが呼び出されると XmlDataSourceXmlDataSourceView コントロールによってオブジェクトが作成され XmlDataSource ます。 GetHierarchicalViewメソッドが呼び出されると、 XmlHierarchicalDataSourceView オブジェクトが作成されます。 クラスは、 XmlDataSourceView から派生し、リストおよび表形式データにバインドする web サーバーコントロール用に用意されてい DataBoundControl XmlHierarchicalDataSourceView ます。は、 HierarchicalDataBoundControl 階層データから派生し、階層データにバインドする web サーバーコントロール用に用意されています。 内部的には、クラス DataBoundControl とクラスは、 CompositeDataBoundControl Select XmlDataSourceView データソースからデータを取得するためにオブジェクトビューのメソッドを呼び出しますが、から派生したクラスは HierarchicalDataBoundControl メソッドを呼び出し Select ます。

すべて HierarchicalDataSourceView のヘルパーオブジェクトと同様に、は、 XmlHierarchicalDataSourceView データソースが基になるデータを使用して実行できる操作を定義します。 クラスはメソッドをオーバーライドするだけであるため XmlHierarchicalDataSourceView Select 、関連付けられたコントロールは、 XmlDataSource 並べ替え式、実行、削除、または更新操作をサポートしていません。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Select()

基になるデータ ソースからデータ項目のリストを取得します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください