Application.Run Application.Run Application.Run Application.Run Method

定義

Windows Presentation Foundation アプリケーションを開始します。Starts a Windows Presentation Foundation application.

オーバーロード

Run() Run() Run() Run()

Windows Presentation Foundation アプリケーションを開始します。Starts a Windows Presentation Foundation application.

Run(Window) Run(Window) Run(Window)

Windows Presentation Foundation アプリケーションを開始し、指定したウィンドウを開きます。Starts a Windows Presentation Foundation application and opens the specified window.

Run() Run() Run() Run()

Windows Presentation Foundation アプリケーションを開始します。Starts a Windows Presentation Foundation application.

public:
 int Run();
public int Run ();
member this.Run : unit -> int
Public Function Run () As Integer

戻り値

アプリケーションのシャットダウン時にオペレーティング システムに返される Int32 アプリケーション終了コード。The Int32 application exit code that is returned to the operating system when the application shuts down. 終了コードの既定値は 0 です。By default, the exit code value is 0.

例外

Run() は、ブラウザーによってホストされるアプリケーション (XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP) など) から呼び出されます。Run() is called from a browser-hosted application (for example, an XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP)).

次の例は、カスタムApplicationを使用するアプリケーションで、明示的にを呼び出すRun必要があることを示しています。The following example shows an application that uses a custom Application and must therefore explicitly call Run.

using System;
using System.Windows;

namespace CSharp
{
    public class EntryPoint
    {
        // All WPF applications should execute on a single-threaded apartment (STA) thread
        [STAThread]
        public static void Main()
        {
            CustomApplication app = new CustomApplication();
            app.Run();
        }
    }

    public class CustomApplication : Application
    {
        protected override void OnStartup(StartupEventArgs e)
        {
            base.OnStartup(e);

            Window window = new Window();
            window.Show();
        }
    }
}

Imports Microsoft.VisualBasic
Imports System
Imports System.Windows

Namespace VisualBasic
    Public Class EntryPoint
        ' All WPF applications should execute on a single-threaded apartment (STA) thread
        <STAThread()>
              Public Shared Sub Main()
            Dim app As New CustomApplication()
            app.Run()
        End Sub
    End Class

    Public Class CustomApplication
        Inherits Application
        Protected Overrides Sub OnStartup(ByVal e As StartupEventArgs)
            MyBase.OnStartup(e)

            Dim window As New Window()
            window.Show()
        End Sub
    End Class
End Namespace

注釈

Runは、アプリケーションをWPFWPF起動するために呼び出されます。Run is called to start a WPFWPF application. マークアップ、マークApplicationアップ、分離コードを使用してを定義Runした場合、は暗黙的に呼び出されます。If you define your Application using markup, or markup and code-behind, Run will be called implicitly. ただし、コードApplicationを使用してを定義する場合は、明示的Runにを呼び出す必要があります。However, if you define your Application using code, you will need to explicitly call Run.

Run呼び出されるとApplication 、によっDispatcherて新しいインスタンスが UI スレッドにアタッチされます。When Run is called, Application attaches a new Dispatcher instance to the UI thread. 次にDispatcher 、オブジェクトのRunメソッドが呼び出されます。これにより、windows メッセージを処理するためのメッセージポンプが開始されます。Next, the Dispatcher object's Run method is called, which starts a message pump to process windows messages. 最後に、 Dispatcherオブジェクトは、 ApplicationオブジェクトのOnStartupメソッドを呼び出してStartupイベントを発生させます。Finally, the Dispatcher object calls the Application object's the OnStartup method to raise the Startup event. このため、アプリケーションの実行モデルは、処理Startupする時間によって確立され、その時点でアプリケーションは実行されていると見なされます。Consequently, the application execution model has been established by the time you handle Startup, at which point the application is considered to be running.

Shutdownが呼び出されると、アプリケーションは実行を停止しますShutdownMode 。プロパティのShutdown値は、が呼び出されるタイミングと、自動的に行われるか、または明示的に呼び出す必要があるかを決定します。An application stops running when Shutdown is called; the value of the ShutdownMode property determines when Shutdown is called, and whether it happens automatically or you need to explicitly call it.

Runは、 Applicationオブジェクトを作成したスレッドからのみ呼び出すことができます。Run can be called only from the thread that creates the Application object. また、 Run XBAPXBAPからを呼び出すことはできません。Also, Run cannot be called from a XBAPXBAP.

こちらもご覧ください

Run(Window) Run(Window) Run(Window)

Windows Presentation Foundation アプリケーションを開始し、指定したウィンドウを開きます。Starts a Windows Presentation Foundation application and opens the specified window.

public:
 int Run(System::Windows::Window ^ window);
[System.Security.SecurityCritical]
public int Run (System.Windows.Window window);
member this.Run : System.Windows.Window -> int

パラメーター

window
Window Window Window Window

アプリケーションの起動時に自動的に開く WindowA Window that opens automatically when an application starts.

戻り値

アプリケーションのシャットダウン時にオペレーティング システムに返される Int32 アプリケーション終了コード。The Int32 application exit code that is returned to the operating system when the application shuts down. 終了コードの既定値は 0 です。By default, the exit code value is 0.

例外

Run() は、ブラウザーによってホストされるアプリケーション (XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP) など) から呼び出されます。Run() is called from a browser-hosted application (for example, an XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP)).

次の例は、を呼び出すApplication Run前に、をインスタンス化する、手動で作成された静的なエントリポイントメソッドを持つアプリケーションを示しています。The following example shows an application with a manually-created static entry point method that instantiates Application, before calling Run.

using System;
using System.Windows;

namespace CSharp
{
    public class EntryPoint
    {
        // All WPF applications should execute on a single-threaded apartment (STA) thread
        [STAThread]
        public static void Main()
        {
            Application app = new Application();
            app.Run(new Window());
        }
    }
}

Imports Microsoft.VisualBasic
Imports System
Imports System.Windows

Namespace VisualBasic
    Public Class EntryPoint
        ' All WPF applications should execute on a single-threaded apartment (STA) thread
        <STAThread()>
              Public Shared Sub Main()
            Dim app As New Application()
            app.Run(New Window())
        End Sub
    End Class
End Namespace

注釈

このオーバーロードは、 Runアプリケーションの実行が開始された後に、指定したウィンドウを開くようにメソッドを拡張します。This overload extends the Run method to open the specified window after an application starts running.

実行を開始したApplicationときにウィンドウを開くコードを定義する場合は、 Run明示的にを呼び出します。If you define a code Application that opens a window when it starts running, you explicitly call Run.

マークアップ、マークApplicationアップ、分離コードを使用してを作成した場合は、次のいずれかの方法を使用して、ウィンドウを自動的に開くことができます。If you create your Application using markup, or markup and code-behind, you can automatically open a window during using either of the following techniques:

  • を設定StartupUriして、宣言によって行います。Declaratively, by setting StartupUri.

  • プログラムによる処理StartupProgrammatically, by handling Startup.

こちらもご覧ください

適用対象