Application.Startup Application.Startup Application.Startup Application.Startup Event

定義

Run() オブジェクトの Application メソッドが呼び出されると発生します。Occurs when the Run() method of the Application object is called.

public:
 event System::Windows::StartupEventHandler ^ Startup;
public event System.Windows.StartupEventHandler Startup;
member this.Startup : System.Windows.StartupEventHandler 
Public Custom Event Startup As StartupEventHandler 

次の例では、取得およびスタンドアロン アプリケーションからコマンド ライン オプションを処理する方法を示します。The following example shows how to acquire and process command-line options from a standalone application. 場合、 /StartMinimizedコマンド ライン パラメーターが指定されて、アプリケーションが最小化された状態で、メイン ウィンドウを開きます。If the /StartMinimized command-line parameter was provided, the application opens the main window in a minimized state.

<Application
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  x:Class="SDKSample.App"
  Startup="App_Startup" />
using System.Windows;

namespace SDKSample
{
    public partial class App : Application
    {
        void App_Startup(object sender, StartupEventArgs e)
        {
            // Application is running
            // Process command line args
            bool startMinimized = false;
            for (int i = 0; i != e.Args.Length; ++i)
            {
                if (e.Args[i] == "/StartMinimized")
                {
                    startMinimized = true;
                }
            }

            // Create main application window, starting minimized if specified
            MainWindow mainWindow = new MainWindow();
            if (startMinimized)
            {
                mainWindow.WindowState = WindowState.Minimized;
            }
            mainWindow.Show();
        }
    }
}

Imports Microsoft.VisualBasic
Imports System.Windows

Namespace SDKSample
	Partial Public Class App
		Inherits Application
		Private Sub App_Startup(ByVal sender As Object, ByVal e As StartupEventArgs)
			' Application is running
			' Process command line args
			Dim startMinimized As Boolean = False
			Dim i As Integer = 0
			Do While i <> e.Args.Length
				If e.Args(i) = "/StartMinimized" Then
					startMinimized = True
				End If
				i += 1
			Loop

			' Create main application window, starting minimized if specified
			Dim mainWindow As New MainWindow()
			If startMinimized Then
				mainWindow.WindowState = WindowState.Minimized
			End If
			mainWindow.Show()
		End Sub
	End Class
End Namespace

XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser applications (XBAPs) 取得しを起動するためにコマンドライン引数を処理できませんClickOnceClickOnce展開 (を参照してくださいWPF アプリケーション (WPF) を展開する)。cannot retrieve and process command-line arguments because they are launched with ClickOnceClickOnce deployment (see Deploying a WPF Application (WPF)). ただし、起動に使用される URL のクエリ文字列パラメーターを取得して処理することはできます。However, they can retrieve and process query string parameters from the URLs that are used to launch them.

注釈

など、開始時に、一般的な Windows Presentation Foundation アプリケーションでのさまざまな初期化タスクを実行できます。A typical Windows Presentation Foundation application may perform a variety of initialization tasks when it starts up, including:

  • コマンド ライン パラメーターを処理します。Processing command-line parameters.

  • メイン ウィンドウを開いています。Opening the main window.

  • アプリケーション スコープのリソースを初期化しています。Initializing application-scope resources.

  • アプリケーション スコープのプロパティを初期化しています。Initializing application-scope properties.

メイン ウィンドウとを使用して、アプリケーション スコープ リソースを宣言によって指定できますXAMLXAML(StartupUriResources、それぞれ)。You can declaratively specify the main window and application-scope resources using XAMLXAML (StartupUri and Resources, respectively). 場合によっては、ただし、リソースや、アプリケーションのメイン ウィンドウできますのみプログラムで決定する実行時にします。Sometimes, however, the resources or main window of your application can only be determined programmatically at run time. さらに、アプリケーション スコープのプロパティとコマンド ライン パラメーターできますのみプログラムで使用します。Additionally, application-scope properties and command-line parameters can only be used programmatically. プログラムによる初期化を処理することによって実行できます、Startupを次を含むイベント。Programmatic initialization can be performed by handling the Startup event, including the following:

  • 使用できるコマンド ライン パラメーターを取得および処理、Argsのプロパティ、StartupEventArgsクラスに渡される、Startupイベント ハンドラー。Acquire and process command-line parameters, which are available from the Args property of the StartupEventArgs class that is passed to the Startup event handler.

  • 使用してアプリケーション スコープのリソースを初期化、Resourcesプロパティ。Initialize application-scope resources by using the Resources property.

  • 使用してアプリケーション スコープのプロパティを初期化、Propertiesプロパティ。Initialize application-scope properties by using the Properties property.

  • インスタンスを作成し、1 つ (以上) のウィンドウを表示します。Instantiate and show one (or more) windows.

注意

コマンド ライン パラメーターは、静的なを呼び出すことによって取得することもGetCommandLineArgsのメソッド、Environmentオブジェクト。Command-line parameters can also be acquired by calling the static GetCommandLineArgs method of the Environment object. ただし、GetCommandLineArgsを実行する完全な信頼が必要です。However, GetCommandLineArgs requires full trust to execute.

設定した場合StartupUriを使用してXAMLXAML、作成されるメイン ウィンドウをいずれかからご利用いただけません、MainWindowプロパティまたはWindowsのプロパティ、Application後までオブジェクト、Startupイベントを処理します。If you set StartupUri using XAMLXAML, the main window that is created is not available from either the MainWindow property or the Windows property of the Application object until after the Startup event is processed. 新しいウィンドウ オブジェクトを手動で作成する必要があります起動中にメイン ウィンドウへのアクセスを必要がある場合、Startupイベント ハンドラー。If you need access to the main window during startup, you need to manually create a new window object from your Startup event handler.

注意

アプリケーションで使用する場合CredentialPolicy資格情報ポリシーを指定するには、設定する必要がありますCredentialPolicyStartupが発生します。 それ以外WPFWPF既定内部ポリシーを直接の後に設定して、Startupイベントが発生しました。If your application uses CredentialPolicy to specify a credential policy, you need to set CredentialPolicy after Startup is raised; otherwise, WPFWPF sets it to a default internal policy directly after the Startup event has been raised.

渡されるコマンドライン引数、Startupイベント ハンドラーがないと同じ、URLURLクエリ文字列パラメーターに渡される、XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP)します。The command-line arguments that are passed to the Startup event handler are not the same as the URLURL query string parameters that are passed to an XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP).

適用対象

こちらもご覧ください