Application.StartupUri プロパティ

定義

アプリケーションの起動時に自動的に表示される UI を取得または設定します。Gets or sets a UI that is automatically shown when an application starts.

public:
 property Uri ^ StartupUri { Uri ^ get(); void set(Uri ^ value); };
public Uri StartupUri { get; set; }
member this.StartupUri : Uri with get, set
Public Property StartupUri As Uri

プロパティ値

Uri

アプリケーションの起動時に自動的に開く UI を参照する UriA Uri that refers to the UI that automatically opens when an application starts.

例外

StartupUri に null の値が設定されています。StartupUri is set with a value of null.

注釈

StartupUri を使用すると、アプリケーションの起動時に UI リソースを自動的に読み込むことができます。You can use StartupUri to automatically load a UI resource when an application starts.

次の表に、読み込むことができる UI リソースの種類、それらが開かれるウィンドウの種類、およびこれらのリソースを StartupUriとして設定できるアプリケーションの種類を示します。The following table shows the types of UI resources that can be loaded, the type of window they are opened into, and the type of application that these resources can be set as the StartupUri.

種類Type ウィンドウWindow アプリケーションの種類Application type
Window Window スタンドアロンのみStandalone only
NavigationWindow NavigationWindow スタンドアロンのみStandalone only
Page NavigationWindow スタンドアロン/ブラウザーでホストStandalone/browser-hosted
UserControl NavigationWindow スタンドアロン/ブラウザーでホストStandalone/browser-hosted
FlowDocument NavigationWindow スタンドアロン/ブラウザーでホストStandalone/browser-hosted
PageFunction<T> NavigationWindow スタンドアロン/ブラウザーでホストStandalone/browser-hosted

通常は、XAMLXAMLStartupUri プロパティを宣言によって設定します。Typically, you set the StartupUri property declaratively in XAMLXAML. ただし、必要な UI リソースを実行時にしか読み込むことができないアプリケーションの場合に便利な、Startup イベントハンドラーなどのプログラムを使用して StartupUri を設定することができます。However, you can set StartupUri programmatically, such as from a Startup event handler, which is useful if for applications that can only load the necessary UI resources at run time. たとえば、UI リソースの名前が構成ファイルに格納されている場合、アプリケーションは実行時まで待機してリソースを読み込むことができます。For example, an application might wait until run time to load its resources if the name of the UI resource is stored in a configuration file.

StartupUri を宣言またはプログラムによって設定した場合でも、対応する UI リソースは、Startup イベントが処理されるまで読み込まれません。Whether you set StartupUri declaratively or programmatically, the corresponding UI resource is not loaded until after the Startup event is handled. そのため、Startupを処理するときに、Windows プロパティまたは MainWindow プロパティから結果のウィンドウにアクセスすることはできません。Consequently, you won't have access to the resulting window from either the Windows property or the MainWindow property when handling Startup.

適用対象