AutomationElement.CultureProperty フィールド

定義

カルチャ プロパティを識別します。Identifies the culture property.

public: static initonly System::Windows::Automation::AutomationProperty ^ CultureProperty;
public static readonly System.Windows.Automation.AutomationProperty CultureProperty;
 staticval mutable CultureProperty : System.Windows.Automation.AutomationProperty
Public Shared ReadOnly CultureProperty As AutomationProperty 

フィールド値

次の例では、プロパティの現在の値を取得します。The following example retrieves the current value of the property.

System.Globalization.CultureInfo culture =
   autoElement.GetCurrentPropertyValue(AutomationElement.CultureProperty)
   as System.Globalization.CultureInfo;
Dim culture As System.Globalization.CultureInfo = _
    DirectCast(autoElement.GetCurrentPropertyValue(AutomationElement.CultureProperty), _
    System.Globalization.CultureInfo)

注釈

この識別子は、UI オートメーションクライアントアプリケーションによって使用されます。This identifier is used by UI Automation client applications. UI オートメーションプロバイダーは、でAutomationElementIdentifiers同等の識別子を使用する必要があります。UI Automation providers should use the equivalent identifier in AutomationElementIdentifiers.

Windows Presentation Foundation (WPF) フレームワーク内では、.NET Framework は自動的に既定でen-US英語に設定されるため、報告される既定値は常にになります。Within the Windows Presentation Foundation (WPF) framework, the default value reported will always be en-US because the .NET Framework automatically defaults to English. 他のユーザーインターフェイス (UI) フレームワークの場合は、このプロパティを明示的に設定する必要があります。そうしないと、公開されません。For other user interface (UI) frameworks, this property must be explicitly set or it will not be exposed.

このプロパティは、コントロールごとに存在できますが、通常はアプリケーションレベルでのみ使用できます。This property can exist on a per-control basis, but typically is only available on an application level.

プロパティの戻り値の型CultureInfoはです。Return values of the property are of type CultureInfo.

適用対象

こちらもご覧ください