GridPattern クラス

定義

子要素のコレクションのコンテナーとして機能するコントロールを表します。 このコントロールの子は GridItemPattern をサポートし、行と列でスキャン可能な 2 次元の論理座標系で構成されます。

public ref class GridPattern : System::Windows::Automation::BasePattern
public class GridPattern : System.Windows.Automation.BasePattern
type GridPattern = class
    inherit BasePattern
Public Class GridPattern
Inherits BasePattern
継承
GridPattern
派生

注釈

GridPattern はグリッドのアクティブな操作をサポートしていません。この機能には TransformPattern コントロール パターンが必要です。

このコントロール パターンをサポートするコントロールの例については、「UI オートメーション クライアントのコントロール パターン マッピング」を参照してください。

フィールド

ColumnCountProperty

ColumnCount プロパティを識別します。

Pattern

GridPattern コントロール パターンを識別します。

RowCountProperty

RowCount プロパティを識別します。

プロパティ

Cached

このGridPatternキャッシュされたUI オートメーションプロパティ値を取得します。

Current

このGridPatternプロパティの現在のUI オートメーションプロパティ値を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetItem(Int32, Int32)

指定したセルを表す AutomationElement を取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください