AutomationPeer.ListenerExists(AutomationEvents) メソッド

定義

指定したイベントを UI オートメーションUI Automationがリッスンしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether UI オートメーションUI Automation is listening for the specified event.

public:
 static bool ListenerExists(System::Windows::Automation::Peers::AutomationEvents eventId);
public static bool ListenerExists (System.Windows.Automation.Peers.AutomationEvents eventId);
static member ListenerExists : System.Windows.Automation.Peers.AutomationEvents -> bool
Public Shared Function ListenerExists (eventId As AutomationEvents) As Boolean

パラメーター

eventId
AutomationEvents

列挙値の 1 つ。One of the enumeration values.

戻り値

Boolean

該当するイベントを UI オートメーションUI Automationがリッスンしているかどうかを示す boolean 値。A boolean that indicates whether UI オートメーションUI Automation is listening for the event.

注釈

通常は、イベントを発生させるを作成する前に、このメソッドを呼び出し AutomationPeer ます。Typically, you call this method before creating the AutomationPeer that raises the event. このメソッドは、 UI オートメーションUI Automation がイベントをリッスンしない場合、1つのピアを生成するためのピアを作成する意味がないため、パフォーマンスが低下します。This method is a performance measure because if UI オートメーションUI Automation does not listen for the event, it does not make sense to create a peer to raise one.

注意

このメソッドは静的であり、デリゲートが特定の要素のイベントではなく、内の指定されたイベントをリッスンする場合にのみ応答し UI オートメーションUI Automation ます。This method is static and only answers if a delegate listens for the specified event in UI オートメーションUI Automation, not for an event on a specific element. UI オートメーションUI Automation ブロードキャストリスナーを作成できます。したがって、要素ごとの情報は無関係です。can create broadcast listeners; therefore the per-element information is irrelevant.

適用対象

こちらもご覧ください