ISelectionItemProvider インターフェイス

定義

ISelectionProvider を実装するコンテナーの選択可能な個別の子コントロールへの UI オートメーション クライアント アクセスをサポートするメソッドとプロパティを公開します。Exposes methods and properties to support UI Automation client access to individual, selectable child controls of containers that implement ISelectionProvider.

public interface class ISelectionItemProvider
public interface ISelectionItemProvider
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("2acad808-b2d4-452d-a407-91ff1ad167b2")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface ISelectionItemProvider
type ISelectionItemProvider = interface
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("2acad808-b2d4-452d-a407-91ff1ad167b2")>]
[<System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)>]
type ISelectionItemProvider = interface
Public Interface ISelectionItemProvider
派生
属性

注釈

コントロールパターンをサポートする必要がある UI オートメーションプロバイダーに実装さ SelectionItemPattern れます。Implemented on a UI Automation provider that must support the SelectionItemPattern control pattern.

プロパティ

IsSelected

項目が選択されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether an item is selected.

SelectionContainer

ISelectionProvider を実装し、呼び出し元オブジェクトのコンテナーとして機能する UI オートメーション プロバイダーを取得します。Gets the UI Automation provider that implements ISelectionProvider and acts as the container for the calling object.

メソッド

AddToSelection()

選択した項目のコレクションに現在の要素を追加します。Adds the current element to the collection of selected items.

RemoveFromSelection()

選択した項目のコレクションから現在の要素を削除します。Removes the current element from the collection of selected items.

Select()

選択したアイテムの選択を解除し、現在の要素を選択します。Deselects any selected items and then selects the current element.

適用対象

こちらもご覧ください