Clipboard Clipboard Clipboard Clipboard Class

定義

システムのクリップボードとの間でデータ転送を容易にする静的メソッドを提供します。Provides static methods that facilitate transferring data to and from the system Clipboard.

public ref class Clipboard abstract sealed
public static class Clipboard
type Clipboard = class
Public Class Clipboard
継承
ClipboardClipboardClipboardClipboard

次の例は、データをシステムクリップボードに追加する方法を示しています。The following example shows how to add data to the system Clipboard.


// For this example, the data to be placed on the clipboard is a simple
// string.
string textData = "I want to put this string on the clipboard.";

// After this call, the data (string) is placed on the clipboard and tagged
// with a data format of "Text".
Clipboard.SetData(DataFormats.Text, (Object)textData);
' For this example, the data to be placed on the clipboard is a simple
' string.
Dim textData As String = "I want to put this string on the clipboard."

' After this call, the data (string) is placed on the clipboard and tagged
' with a data format of "Text".
Clipboard.SetData(DataFormats.Text, CType(textData, Object))

注釈

のすべてのWindowsWindowsアプリケーションはシステムクリップボードを共有するため、コンテンツは別のアプリケーションに切り替えると変更される可能性があります。All applications for WindowsWindows share the system Clipboard, so the contents are subject to change when you switch to another application.

Clipboardクラスで使用できる定義済みの形式の一覧についDataFormatsては、クラスを参照してください。For a list of predefined formats available to use with the Clipboard class, see the DataFormats class.

セキュリティの警告: セキュリティ上の理由から、次の点に注意する必要があります。Security Alert: For security purposes, the following points should be kept in mind.

  • 貼り付け操作はユーザーが開始する必要があります (Ctrl + V、[貼り付け] メニュー)。Paste operations need to be user initiated (Ctrl-V, Paste Menu).

  • コピーは、ユーザーが選択したコンテンツに対してのみ使用できます。Copy can only be on user selected content.

  • コピーまたは切り取りの部分信頼コードは、プレーンExtensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)テキストとをクリップボードに配置します。On copy or cut, partial trust code puts plaintext and Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) on to the clipboard. プレーンテキストには、テキスト、Unicode テキスト、OEM (オブジェクト交換モデル) テキスト、CSV (コンマ区切り値) が含まれます。Plaintext includes text, Unicode text, OEM (Object Exchange Model) text, and CSV (Comma-separated values).

  • 貼り付け時Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)に、そのExtensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)コンテンツのソースが同等の信頼できるサイトからのものである場合は、が貼り付けられます。On paste, Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) will paste in Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) if the source of that content is from a equally trusted or more trusted site. 具体的には、次のように使用します。Specifically:

    • 部分信頼アプリケーションは、完全Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)信頼アプリケーションから貼り付けることができます。A partial trust application can paste Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) from a full trust application.

    • 部分信頼アプリケーションは、部分Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)信頼アプリケーションから貼り付けることができます。A partial trust application can paste Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) from a partial trust application.

    • 完全信頼アプリケーションでは、別の完全に信頼されたアプリケーションからのみ XAML を貼り付けることができます。A full trust application can paste XAML only from another fully trusted application.

    • Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)完全に信頼されていないアプリケーションは、クリップボードの applicationtrust 形式を調べ、必要に応じて XAML をサニタイズします。A non-Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) full trust application can examine the ApplicationTrust format on the clipboard and sanitize the XAML if appropriate.

メソッド

Clear() Clear() Clear() Clear()

システム クリップボードからすべてのデータを消去します。Clears any data from the system Clipboard.

ContainsAudio() ContainsAudio() ContainsAudio() ContainsAudio()

WaveAudio データ形式のデータがクリップボードに存在するかどうかを照会します。Queries the Clipboard for the presence of data in the WaveAudio data format.

ContainsData(String) ContainsData(String) ContainsData(String) ContainsData(String)

指定したデータ形式のデータがクリップボードに存在するかどうかを照会します。Queries the Clipboard for the presence of data in a specified data format.

ContainsFileDropList() ContainsFileDropList() ContainsFileDropList() ContainsFileDropList()

FileDrop データ形式のデータがクリップボードに存在するかどうかを照会します。Queries the Clipboard for the presence of data in the FileDrop data format.

ContainsImage() ContainsImage() ContainsImage() ContainsImage()

Bitmap データ形式のデータがクリップボードに存在するかどうかを照会します。Queries the Clipboard for the presence of data in the Bitmap data format.

ContainsText() ContainsText() ContainsText() ContainsText()

UnicodeText 形式のデータがクリップボードに存在するかどうかを照会します。Queries the Clipboard for the presence of data in the UnicodeText format.

ContainsText(TextDataFormat) ContainsText(TextDataFormat) ContainsText(TextDataFormat) ContainsText(TextDataFormat)

テキスト データ形式のデータがクリップボードに存在するかどうかを照会します。Queries the Clipboard for the presence of data in a text data format.

Flush() Flush() Flush() Flush()

Clipboard にあるデータを完全に追加して、そのデータの元のアプリケーションを終了した後でも使用できるようにします。Permanently adds the data that is on the Clipboard so that it is available after the data's original application closes.

GetAudioStream() GetAudioStream() GetAudioStream() GetAudioStream()

WaveAudio データ形式のクリップボード データのストリームを返します。Returns a stream of Clipboard data in the WaveAudio data format.

GetData(String) GetData(String) GetData(String) GetData(String)

指定した形式のデータをクリップボードから取得します。Retrieves data in a specified format from the Clipboard.

GetDataObject() GetDataObject() GetDataObject() GetDataObject()

クリップボードの内容全体を表すデータ オブジェクトを返します。Returns a data object that represents the entire contents of the Clipboard.

GetFileDropList() GetFileDropList() GetFileDropList() GetFileDropList()

クリップボードから取得できるドロップされたファイルのリストを含む文字列コレクションを返します。Returns a string collection that contains a list of dropped files available on the Clipboard.

GetImage() GetImage() GetImage() GetImage()

BitmapSource 形式のデータを含むクリップボードから Bitmap オブジェクトを返します。Returns a BitmapSource object from the Clipboard that contains data in the Bitmap format.

GetText() GetText() GetText() GetText()

クリップボードの UnicodeText データを格納している文字列を返します。Returns a string containing the UnicodeText data on the Clipboard.

GetText(TextDataFormat) GetText(TextDataFormat) GetText(TextDataFormat) GetText(TextDataFormat)

クリップボードのテキスト データを格納している文字列を返します。Returns a string containing text data on the Clipboard.

IsCurrent(IDataObject) IsCurrent(IDataObject) IsCurrent(IDataObject) IsCurrent(IDataObject)

指定したデータ オブジェクトをクリップボードの内容と比較します。Compares a specified data object to the contents of the Clipboard.

SetAudio(Byte[]) SetAudio(Byte[]) SetAudio(Byte[]) SetAudio(Byte[])

クリップボードにオーディオ データ (WaveAudio データ形式) を格納します。Stores audio data (WaveAudio data format) on the Clipboard. オーディオ データはバイト配列として指定します。The audio data is specified as a byte array.

SetAudio(Stream) SetAudio(Stream) SetAudio(Stream) SetAudio(Stream)

クリップボードにオーディオ データ (WaveAudio データ形式) を格納します。Stores audio data (WaveAudio data format) on the Clipboard. オーディオ データはストリームとして指定します。The audio data is specified as a stream.

SetData(String, Object) SetData(String, Object) SetData(String, Object) SetData(String, Object)

指定したデータを指定した形式でクリップボードに格納します。Stores the specified data on the Clipboard in the specified format.

SetDataObject(Object) SetDataObject(Object) SetDataObject(Object) SetDataObject(Object)

指定した非永続的なデータ オブジェクトをシステム クリップボードに配置します。Places a specified non-persistent data object on the system Clipboard.

SetDataObject(Object, Boolean) SetDataObject(Object, Boolean) SetDataObject(Object, Boolean) SetDataObject(Object, Boolean)

指定したデータ オブジェクトをシステム クリップボードに配置し、そのデータ オブジェクトをアプリケーションの終了時にクリップボードに残すかどうかを示すブール型パラメーターを受け入れます。Places a specified data object on the system Clipboard and accepts a Boolean parameter that indicates whether the data object should be left on the Clipboard when the application exits.

SetFileDropList(StringCollection) SetFileDropList(StringCollection) SetFileDropList(StringCollection) SetFileDropList(StringCollection)

クリップボードに FileDrop データを格納します。Stores FileDrop data on the Clipboard. ドロップされたファイルのリストは文字列コレクションとして指定します。The dropped file list is specified as a string collection.

SetImage(BitmapSource) SetImage(BitmapSource) SetImage(BitmapSource) SetImage(BitmapSource)

クリップボードに Bitmap データを格納します。Stores Bitmap data on the Clipboard. イメージ データは BitmapSource として指定します。The image data is specified as a BitmapSource.

SetText(String) SetText(String) SetText(String) SetText(String)

クリップボードに UnicodeText データを格納します。Stores UnicodeText data on the Clipboard.

SetText(String, TextDataFormat) SetText(String, TextDataFormat) SetText(String, TextDataFormat) SetText(String, TextDataFormat)

指定したテキスト データ形式でテキスト データをクリップボードに格納します。Stores text data on the Clipboard in a specified text data format. 格納する UnicodeText データは文字列として指定します。The UnicodeText data to store is specified as a string.

適用対象

こちらもご覧ください