ComponentResourceKey ComponentResourceKey ComponentResourceKey ComponentResourceKey Class

定義

外部アセンブリ内のクラス名、および追加識別子に基づいてリソース キーを定義または参照します。Defines or references resource keys based on class names in external assemblies, as well as an additional identifier.

public ref class ComponentResourceKey : System::Windows::ResourceKey
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Markup.ComponentResourceKeyConverter))]
public class ComponentResourceKey : System.Windows.ResourceKey
type ComponentResourceKey = class
    inherit ResourceKey
Public Class ComponentResourceKey
Inherits ResourceKey
継承
属性

注釈

XAMLXAMLについてを参照してくださいComponentResourceKey マークアップ拡張機能します。For XAMLXAML information, see ComponentResourceKey Markup Extension.

このクラスは、アセンブリと識別子の型に基づくキーを作成するために役立つオブジェクトの種類を実装します。This class implements an object type that is useful for creating keys that are based on types in assemblies plus an identifier. 定義または型を参照するため、特定の要求する必要はありませんResourceDictionary、リソースの 1 つ以上のセットの種類によって各差別化されたアセンブリに存在でき、ComponentResourceKeyします。Because you define or reference the type, you do not need to request a specific ResourceDictionary, and more than one set of resources can exist in the assembly, each differentiated by the type of their ComponentResourceKey.

定義する 2 つの方法がある、ComponentResourceKeyします。There are two ways to define a ComponentResourceKey.

コントロール クラス コードを返す静的プロパティを定義するには、簡単にアクセスできるキーを設定する場合、ComponentResourceKeyで構築された、TypeInTargetAssembly外部リソースのアセンブリ内に存在して、ResourceIdします。If you want an easily accessible key, you can define a static property on your control class code that returns a ComponentResourceKey, constructed with a TypeInTargetAssembly that exists in the external resource assembly, and a ResourceId. アセンブリでは、カスタムの元の外部リソース アセンブリをスワップしてコントロールの代替の既定のスタイルを定義するため、キーを使用できます。The key can be used for defining alternate default styles for controls in an assembly, by swapping the original external resource assembly for a custom one. 大きなコントロール スタイルまたはテンプレートのカスタマイズのエントリ ポイントを公開する内で名前付きリソースの一部を定義することもできます。You can also define a named resource part within a larger control style or template to expose a customization entry point. これは、コントロールのテーマのリソース ディクショナリを定義する場合に特に便利です。This is particularly useful if you are defining a theme resource dictionary for your control.

使用することも、 XAMLXAML ComponentResourceKey マークアップ拡張機能緩やかなキーのインスタンスを作成するには、直接冗語構文にします。You can also use the XAMLXAML ComponentResourceKey Markup Extension in verbose syntax directly to create a loose instance of the key. これは、カスタマイズするには見つけにくい、他のアセンブリのプライベート リソースを宣言する場合に便利です。This is useful if you want to declare private resources from other assemblies that are less discoverable to customize.

コンストラクター

ComponentResourceKey() ComponentResourceKey() ComponentResourceKey() ComponentResourceKey()

ComponentResourceKey クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ComponentResourceKey class.

ComponentResourceKey(Type, Object) ComponentResourceKey(Type, Object) ComponentResourceKey(Type, Object) ComponentResourceKey(Type, Object)

キーを定義する ComponentResourceKey と、追加のリソース識別子として使用するオブジェクトを指定して、Type の新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of a ComponentResourceKey , specifying the Type that defines the key, and an object to use as an additional resource identifier.

プロパティ

Assembly Assembly Assembly Assembly

このキーに関連付けられている値を検索するアセンブリのディクショナリを示すアセンブリ オブジェクトを取得します。Gets the assembly object that indicates which assembly's dictionary to look in for the value associated with this key.

ResourceId ResourceId ResourceId ResourceId

このキーをこの型に関連付けられている他のキーと区別する、一意の識別子を取得または設定します。Gets or sets a unique identifier to differentiate this key from others associated with this type.

TypeInTargetAssembly TypeInTargetAssembly TypeInTargetAssembly TypeInTargetAssembly

リソース キーを定義する Type を取得または設定します。Gets or sets the Type that defines the resource key.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在の ComponentResourceKey と等しいかどうかを判断します。Determines whether the provided object is equal to the current ComponentResourceKey.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

この ComponentResourceKey のハッシュ コードを返します。Returns a hash code for this ComponentResourceKey.

GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider)

この ResourceKey を返します。Returns this ResourceKey. 通常、このクラスのインスタンスはディクショナリのキーとして使用されます。Instances of this class are typically used as a key in a dictionary.

(Inherited from ResourceKey)
ToString() ToString() ToString() ToString()

ComponentResourceKey の文字列表現を取得します。Gets the string representation of a ComponentResourceKey.

適用対象