ContentElement.IsStylusDirectlyOver ContentElement.IsStylusDirectlyOver ContentElement.IsStylusDirectlyOver ContentElement.IsStylusDirectlyOver Property

定義

スタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the stylus position corresponds to hit test results, which take element compositing into account.

public:
 property bool IsStylusDirectlyOver { bool get(); };
public bool IsStylusDirectlyOver { get; }
member this.IsStylusDirectlyOver : bool
Public ReadOnly Property IsStylusDirectlyOver As Boolean

プロパティ値

スタイラスがヒット テストと同じ要素の上にある場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the stylus is over the same element as a hit test; otherwise, false. 既定値は false です。The default is false.

実装

注釈

異なりIsStylusOver、このプロパティはのみtrue要素の上にスタイラスがある場合。Unlike IsStylusOver, this property is only true if the stylus is over the element. スタイラスの代わりに子要素または要素のより深い複合の一部である要素を場合、このプロパティになりますfalseします。If the stylus is instead over a child element or over elements that are part of an element's deeper compositing, this property will be false.

コントロールが合成する方法がわかっていない限り、(たとえば、このプロパティ テンプレートで使用する、カスタム コントロールを定義するコントロールの)、このプロパティは、予期しない結果を返す可能性があります。Unless you know how a control is composited (for example, you use this property in a custom control template for a control that you define), this property might return unexpected results. コントロールをいない作成はほとんどのシナリオを使用して、IsStylusOver代わりにします。For most scenarios where you are not authoring controls, use IsStylusOver instead.

この要素がスタイラス キャプチャされ、このプロパティがtrueのキャプチャ時に、このプロパティの値trueまでスタイラスのキャプチャが失われ、その境界上にスタイラスがありません。If this element has stylus capture and this property is true at the time of capture, this property remains true until stylus capture is lost and the stylus is not over its bounds.

タッチ、マウス、およびスタイラス入力には、特定のリレーションシップに存在します。Touch, mouse, and stylus input exist in a particular relationship. 詳細については、次を参照してください。入力の概要します。For more information, see Input Overview.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field IsStylusDirectlyOverProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true なしNone

適用対象

こちらもご覧ください