ContentElement.OnLostFocus(RoutedEventArgs) メソッド

定義

提供されたイベント データを使って、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。Raises the LostFocus routed event by using the event data that is provided.

protected:
 virtual void OnLostFocus(System::Windows::RoutedEventArgs ^ e);
protected virtual void OnLostFocus (System.Windows.RoutedEventArgs e);
abstract member OnLostFocus : System.Windows.RoutedEventArgs -> unit
override this.OnLostFocus : System.Windows.RoutedEventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnLostFocus (e As RoutedEventArgs)

パラメーター

e
RoutedEventArgs

イベント データを格納している RoutedEventArgsA RoutedEventArgs that contains event data. このイベント データには、LostFocus イベントの識別子が含まれている必要があります。This event data must contain the identifier for the LostFocus event.

注釈

このメソッドには、仮想には、イベントを発生させる既定の実装があります。This method, although virtual, does have a default implementation that raises the event.

この* メソッドの実装では、イベントを発生させることを意図しています。この同じメソッドの実装は、IsFocused プロパティの値が変更されたときにイベントを発生させるために、内部的に呼び出されます。This On* method implementation is intended to raise the event, and this same method implementation is invoked internally to raise the event when the IsFocused property value changes. この実装は、* 実装上の他の Windows Presentation Foundation (WPF) とは異なります。これは、そのイベントのクラス処理を追加するのに便利な方法のみを提供します。This implementation differs from some other Windows Presentation Foundation (WPF) On* implementations, which only provide a convenient way to add class handling for that event.

注意 (継承者)

意図的に、または異常なイベントを発生させない必要がある場合を除き、実装が基本実装を呼び出すようにしてください。Unless you have a deliberate and unusual need to not raise the focus events, make sure that your implementation calls the base implementation. そうしないと、通常のユーザー操作では、通常はこの要素にフォーカスが設定されているため、LostFocus イベントは発生しません。Otherwise, the LostFocus event is not raised during typical user operations that ordinarily set focus to this element. 要素にフォーカスを設定しない場合は、Focusablefalseに設定することによって、要素がフォーカスされないようにすることができます。If you do not intend your element to be focusable, you can prevent the element from being focusable by setting Focusable to false.

適用対象