ContentElement.OnStylusUp(StylusEventArgs) ContentElement.OnStylusUp(StylusEventArgs) ContentElement.OnStylusUp(StylusEventArgs) ContentElement.OnStylusUp(StylusEventArgs) Method

定義

アタッチされた未処理の StylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。Invoked when an unhandled StylusUp attached event reaches an element in its route that is derived from this class. このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。Implement this method to add class handling for this event.

protected public:
 virtual void OnStylusUp(System::Windows::Input::StylusEventArgs ^ e);
protected internal virtual void OnStylusUp (System.Windows.Input.StylusEventArgs e);
abstract member OnStylusUp : System.Windows.Input.StylusEventArgs -> unit
override this.OnStylusUp : System.Windows.Input.StylusEventArgs -> unit
Protected Friend Overridable Sub OnStylusUp (e As StylusEventArgs)

パラメーター

e
StylusEventArgs StylusEventArgs StylusEventArgs StylusEventArgs

イベント データを格納している StylusEventArgsThe StylusEventArgs that contains the event data.

注釈

このメソッドには、既定の実装がありません。This method has no default implementation. 継承の中間クラスには、このメソッドを実装があります、ために、実装の基本実装を呼び出すことをお勧めします。Because an intermediate class in the inheritance might implement this method, we recommend that you call the base implementation in your implementation.

このメソッドの目的は、のような共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR)イベント パターンで*メソッド: このメソッドは、インスタンス ハンドラーではなく、クラス ハンドラーを確立することにより、派生クラスから一致するイベントを処理する手段を提供します。The purpose of this method is similar to the 共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) event pattern On* methods: this method provides the means to handle the matching event from derived classes by establishing a class handler instead of an instance handler. ここで一致するイベントは、ルーティング イベントです。In this case the matching event is a routed event. On の実装パターン*ハンドラーを呼び出すの要素とは限りませんが、子要素によってルーティング イベントを発生する可能性があるために、メソッドはルーティング イベントに異なります。The implementation pattern of the On* methods is different for routed events because a routed event can be raised by a child element, which is not necessarily the element that will invoke handlers. そのため、実装では、イベント データのソースのプロパティを確認する必要があります。Therefore, your implementation needs to examine the source properties of the event data. ほとんどの場合、イベントが再発生する必要がありますください。It should not try to reraise the event in most cases.

このメソッドをオーバーライドすることで、または登録することでクラスのハンドラーをRegisterClassHandler、派生クラスのContentElementイベント ルート上のイベントが受信したときに、プライベート クラス ハンドラー メソッドを呼び出すことができます。Either by overriding this method or by registering class handlers with RegisterClassHandler, derived classes of ContentElement can call private class handler methods when the event is received along the event route. クラス処理が適切なシナリオの 1 つは、イベント データを操作し、ルーティング イベントを処理済みとしてマークすることです。One scenario where class handling is appropriate is to manipulate the event data and mark the routed event as handled.

適用対象

こちらもご覧ください