ContentPresenter.Content ContentPresenter.Content ContentPresenter.Content ContentPresenter.Content Property

定義

ContentPresenter の子要素を生成するために使用するデータを取得または設定します。Gets or sets the data used to generate the child elements of a ContentPresenter.

public:
 property System::Object ^ Content { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object Content { get; set; }
member this.Content : obj with get, set
Public Property Content As Object

プロパティ値

子要素を生成するために使用するデータ。The data used to generate the child elements. 既定値は、null です。The default is null.

注釈

配置するとき、ContentPresenterで、ControlTemplateContentControl、自動的に表示されます、Contentテンプレート コントロール。When you place a ContentPresenter in the ControlTemplate of a ContentControl, it automatically displays the Content of the templated control. つまり、設定した場合、TargetTypeControlTemplateするButtonContentのプロパティ、ContentPresenterに暗黙的にバインドされて、ContentButtonを使用している、ControlTemplateします。This means that if you set the TargetType of your ControlTemplate to be Button, the Content property of the ContentPresenter is implicitly bound to the Content of the Button that is using that ControlTemplate.

バインドを設定する、ContentPresenterプロパティの使用を検討する可能性があります、ContentSourceプロパティ。To set up bindings for the ContentPresenter properties, you may want to consider using the ContentSource property. ContentSourceプロパティがテンプレート化された親とエイリアスのプロパティに関連付けられているテンプレートとテンプレート セレクターのプロパティに自動的にします。The ContentSource property points to a property on the templated parent as well as aliases the associated template and template selector properties automatically.

XAML テキストの使用状況XAML Text Usage

通常、使用してTemplateBindingtemplate 宣言されたコントロールの値にこのプロパティの値をバインドします。Typically, you use TemplateBinding to bind this property value to a value on templated control. XAMLXAMLについてを参照してくださいTemplateBinding マークアップ拡張します。For XAMLXAML information, see TemplateBinding Markup Extension.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field ContentProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true AffectsMeasure

適用対象