Control.Padding プロパティ

定義

コントロールのパディングを取得または設定します。

public:
 property System::Windows::Thickness Padding { System::Windows::Thickness get(); void set(System::Windows::Thickness value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
public System.Windows.Thickness Padding { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
member this.Padding : System.Windows.Thickness with get, set
Public Property Padding As Thickness

プロパティ値

Thickness

Control のコンテンツとその Margin または Border との間のスペースの量。 既定値は、4 辺すべてにつき 0 です。

属性

次の例は、コントロールの padding プロパティを設定する方法を示しています。

<Button Name="btn11" Padding = "5" 
        Click="ChangePadding" TabIndex="1">
  Padding
</Button>
void ChangePadding(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if (btn11.Padding.Left == 5.0)
    {
        btn11.Padding = new Thickness(2.0);
        btn11.Content = "Control Padding changes from 5 to 2.";
    }
    else
    {
        btn11.Padding = new Thickness(5.0);
        btn11.Content = "Padding";
    }
}
Private Sub ChangePadding(ByVal Sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)

    If (btn11.Padding.Left = 5.0) Then
        btn11.Padding = New Thickness(2.0)
        btn11.Content = "Control Padding changes from 5 to 2."
    Else
        btn11.Padding = New Thickness(5.0)
        btn11.Content = "Padding"
    End If

End Sub

注釈

パディングは、Left、Top、Right、Bottom の順に指定します。 詳細については、「」 Thickness および「 配置、余白、パディングの概要」を参照してください。

このプロパティは、テンプレートがプロパティをパラメーターとして使用するコントロールにのみ影響 Padding します。 その他のコントロールでは、このプロパティは影響を与えません。

依存プロパティ情報

識別子フィールド PaddingProperty
メタデータプロパティがに設定される true AffectsParentMeasure

適用対象