DataErrorValidationRule クラス

定義

ソース オブジェクトの IDataErrorInfo 実装によって発生する、エラーをチェックする規則を表します。Represents a rule that checks for errors that are raised by the IDataErrorInfo implementation of the source object.

public ref class DataErrorValidationRule sealed : System::Windows::Controls::ValidationRule
public sealed class DataErrorValidationRule : System.Windows.Controls.ValidationRule
type DataErrorValidationRule = class
    inherit ValidationRule
Public NotInheritable Class DataErrorValidationRule
Inherits ValidationRule
継承
DataErrorValidationRule

注釈

データバインディングモデルを使用すると、オブジェクトに関連付けることができ WPFWPF ValidationRules Binding ます。The WPFWPF data binding model enables you to associate ValidationRules with a Binding object. ソースオブジェクトがインターフェイスを実装している場合は、 IDataErrorInfo 組み込みの規則を使用して、 DataErrorValidationRule 実装によって発生したエラーを確認でき IDataErrorInfo ます。If your source object implements the IDataErrorInfo interface, you can use the built-in rule DataErrorValidationRule to check for errors raised by the IDataErrorInfo implementation.

DataErrorValidationRule を明示的に設定する別の構文としては、Binding オブジェクトまたは MultiBinding オブジェクトで ValidatesOnDataErrors プロパティを true に設定することが挙げられます。An alternative syntax to setting the DataErrorValidationRule explicitly is to set the ValidatesOnDataErrors property to true on your Binding or MultiBinding object.

カスタム規則を作成するには、から派生するクラスを作成し ValidationRule ます。You can create a custom rule by creating a class that derives from ValidationRule. データの検証の詳細と詳細については、「データバインディングの概要」を参照してください。For more information and a detailed discussion of data validation, see Data Binding Overview.

DataErrorValidationRuleは .NET Framework バージョン3.5 で導入されました。DataErrorValidationRule is introduced in the .NET Framework version 3.5. 詳細については、「.NET Framework のバージョンおよび依存関係」を参照してください。For more information, see Versions and Dependencies.

コンストラクター

DataErrorValidationRule()

DataErrorValidationRule クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DataErrorValidationRule class.

プロパティ

ValidatesOnTargetUpdated

Binding のターゲットが更新されたときに検証規則を実行するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the validation rule runs when the target of the Binding is updated.

(継承元 ValidationRule)
ValidationStep

検証規則を実行するタイミングを取得または設定します。Gets or sets when the validation rule runs.

(継承元 ValidationRule)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
Validate(Object, CultureInfo)

値の検証チェックを実行します。Performs validation checks on a value.

Validate(Object, CultureInfo, BindingExpressionBase)

値の検証チェックを実行します。Performs validation checks on a value.

(継承元 ValidationRule)
Validate(Object, CultureInfo, BindingGroup)

値の検証チェックを実行します。Performs validation checks on a value.

(継承元 ValidationRule)

適用対象

こちらもご覧ください