DataGrid クラス

定義

カスタマイズできるグリッドにデータを表示するコントロールを表します。

public ref class DataGrid : System::Windows::Controls::Primitives::MultiSelector
public class DataGrid : System.Windows.Controls.Primitives.MultiSelector
type DataGrid = class
    inherit MultiSelector
Public Class DataGrid
Inherits MultiSelector
継承

次の例では、列の自動生成をバインド DataGrid して使用する DataTable 方法を示します。 はDataTable、次DataSetのメソッドをFill使用して設定されます。DataAdapter 詳細については、「 DataSet の作成DataAdapter からの DataSet の設定」を参照してください。 Visual Studioに WPF デザイナーを使用するには、「WPF コントロールをVisual Studioのデータにバインドする」を参照してください。

<DataGrid x:Name="CustomerGrid" ItemsSource="{Binding}" AlternatingRowBackground="LightBlue" AlternationCount="2" />
//Set the DataGrid's DataContext to be a filled DataTable
CustomerGrid.DataContext = custDataTable;
'Set the DataGrid's DataContext to be a filled DataTable
CustomerGrid.DataContext = custDataTable

次の例は、カスタマイズされたColumnsコレクションを使用して a DataGrid を作成する方法を示しています。

    <NavigationWindow x:Class="DataGrid_CustomColumns.Window1"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:core="clr-namespace:System;assembly=mscorlib"
        xmlns:local="clr-namespace:DataGrid_CustomColumns"
        Title="Customers" Height="300" Width="300" ShowsNavigationUI="False"  >
        
    <NavigationWindow.Resources>
        <!--Create list of enumeration values-->
        <ObjectDataProvider x:Key="myEnum" MethodName="GetValues" ObjectType="{x:Type core:Enum}">
            <ObjectDataProvider.MethodParameters>
                <x:Type Type="local:OrderStatus"/>
            </ObjectDataProvider.MethodParameters>
        </ObjectDataProvider>
        <!--Create an instance of the converter for Email-->
        <local:EmailConverter x:Key="EmailConverter" />
    </NavigationWindow.Resources>
    <NavigationWindow.Content>  
        
    <Grid>
        <DataGrid Name="DG1" ItemsSource="{Binding}" AutoGenerateColumns="False" >
            <DataGrid.Columns>
                <DataGridTextColumn Header="First Name"  Binding="{Binding FirstName}"/>
                <DataGridTextColumn Header="Last Name" Binding="{Binding LastName}" />
                <!--The Email property contains a URI.  For example "mailto:lucy0@adventure-works.com"-->
                <DataGridHyperlinkColumn Header="Email" Binding="{Binding Email}"  ContentBinding="{Binding Email, Converter={StaticResource EmailConverter}}" />
                <DataGridCheckBoxColumn Header="Member?" Binding="{Binding IsMember}" />
                <DataGridComboBoxColumn Header="Order Status"  SelectedItemBinding="{Binding Status}" ItemsSource="{Binding Source={StaticResource myEnum}}" />
            </DataGrid.Columns>
        </DataGrid>
    </Grid>
    </NavigationWindow.Content>
</NavigationWindow>
//Additional using statements
using System.Data;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Navigation;
'Additional using statements
Imports System.Data
Imports System.Collections.ObjectModel
Imports System.Diagnostics
public partial class Window1 : NavigationWindow
{
Class Window1
public Window1()
{
    InitializeComponent();

    //GetData() creates a collection of Customer data from a database
    ObservableCollection<Customer> custdata = GetData();
    
    //Bind the DataGrid to the customer data
    DG1.DataContext = custdata;
}
Public Sub New()
    ' This call is required by the Windows Form Designer.
    InitializeComponent()
    ' Add any initialization after the InitializeComponent() call.

    'GetData() creates a collection of Customer data from a database
    Dim custdata As ObservableCollection(Of Customer) = GetData()

    'Bind the DataGrid to the customer data
    DG1.DataContext = custdata

End Sub
//Defines the customer object
public class Customer
{
    public string FirstName { get; set; }
    public string LastName { get; set; }
    public Uri Email { get; set; }
    public bool IsMember { get; set; }
    public OrderStatus Status { get; set; }
}
'Defines the customer object
Public Class Customer
    Public Property FirstName() As String
    Public Property LastName() As String
    Public Property Email() As Uri
    Public Property IsMember() As Boolean
    Public Property Status() As OrderStatus
End Class
}
End Class
public enum OrderStatus { None, New, Processing, Shipped, Received };
Public Enum OrderStatus
    None
    [New]
    Processing
    Shipped
    Received
End Enum
//Converts the mailto uri to a string with just the customer alias
public class EmailConverter : IValueConverter
{
    public object Convert(object value, Type targetType, object parameter, System.Globalization.CultureInfo culture)
    {
        if (value != null)
        {
            string email = value.ToString();
            int index = email.IndexOf("@");
            string alias = email.Substring(7, index-7);
            return alias;
        }
        else
        {
            string email = "";
            return email;
        }
    }

    public object ConvertBack(object value, Type targetType, object parameter, System.Globalization.CultureInfo culture)
    {
        Uri email = new Uri((string)value);
        return email;
    }
}
'Converts the mailto uri to a string with just the customer alias
Public Class EmailConverter
    Implements IValueConverter

    Public Function Convert(value As Object, targetType As System.Type, parameter As Object, culture As System.Globalization.CultureInfo) As Object Implements System.Windows.Data.IValueConverter.Convert
        If value IsNot Nothing Then
            Dim email As String = value.ToString()
            Dim index As Integer = email.IndexOf("@")
            Dim [alias] As String = email.Substring(7, index - 7)
            Return [alias]
        Else
            Dim email As String = ""
            Return email
        End If
    End Function

    Public Function ConvertBack(value As Object, targetType As System.Type, parameter As Object, culture As System.Globalization.CultureInfo) As Object Implements System.Windows.Data.IValueConverter.ConvertBack
        Dim email As New Uri(DirectCast(value, String))
        Return email
    End Function
End Class

注釈

コントロールは DataGrid 、行と列にデータのコレクションを表示する柔軟な方法を提供します。 これには DataGrid 、組み込みの列の種類と、カスタム コンテンツをホストするためのテンプレート列が含まれます。 組み込みの行の種類には、セル値の下に追加のコンテンツを表示するために使用できるドロップダウンの詳細セクションが含まれています。

データへのバインド

データに DataGrid バインドするには、プロパティを ItemsSource 実装に IEnumerable 設定します。 データ グリッドの各行はデータ ソース内のオブジェクトにバインドされ、データ グリッド内の各列はデータ オブジェクトのプロパティにバインドされます。 ソース データへの項目の DataGrid 追加またはソース データからの削除時にユーザー インターフェイスが自動的に更新されるようにするには、 DataGrid インターフェイスを実装 INotifyCollectionChanged するコレクションにバインドする必要があります。たとえば ObservableCollection<T>、 プロパティの変更を自動的に反映するには、ソース コレクション内のオブジェクトがインターフェイスを実装する INotifyPropertyChanged 必要があります。 詳細については、「 データ バインディング (WPF)」を参照してください。

[列]

既定では、プロパティを DataGrid 設定すると、コントロールによって列が自動的に ItemsSource 生成されます。 生成される列の種類は、列内のデータの種類によって異なります。 次の表に、生成される列の種類を示します。

生成される列の型 データの種類
DataGridTextColumn String
DataGridCheckBoxColumn Boolean
DataGridComboBoxColumn Enum
DataGridHyperlinkColumn Uri

次の図は、各列の種類を示しています。

4 つの既定の列型をすべて含む DataGrid

列が自動生成されると、イベントを処理して、列を AutoGeneratingColumn カスタマイズまたは取り消してから列を DataGrid追加できます。 ユーザー定義列と自動生成列の両方をその列に DataGrid追加すると、最初にユーザー定義列が追加されます。 列の表示順序を並べ替えるには、個々の列のプロパティを DisplayIndex 設定します。

プロパティを にfalse設定すると、列の自動生成をAutoGenerateColumns防ぐことができます。 これは、すべての列を明示的に作成して構成する場合に便利です。

DataGridTemplateColumn組み込みの列の型がニーズを満たしていない場合は、この型を使用してカスタム列を定義します。 この種類には DataGridTemplateColumnCellTemplate 表示モードと編集モードの両方にコンテンツ テンプレートを指定できるプロパティが用意されています CellEditingTemplate 。 たとえば、日付のカスタム列を定義できます。 日付CellTemplateを表示する a TextBlock を定義し、日付をCellEditingTemplateDatePicker編集するコントロールを定義できます。

コレクションを Columns 使用すると、実行時にコントロール内の列をプログラムで追加、挿入、削除、および変更できます。 プロパティを IsAutoGenerated 確認して、列が自動生成されているか、ユーザー定義であるかを判断します。 自動生成された列は、変更時 ItemsSource に自動的に追加、削除、または再生成されます。

選択ツール

既定では、ユーザーが 1 つのセル DataGridをクリックしたときに行全体が選択され、ユーザーは複数の行を選択できます。 このプロパティを SelectionUnit 設定して、ユーザーがセル、完全な行、またはその両方を選択できるかどうかを指定できます。 プロパティを SelectionMode 設定して、複数の行またはセルを選択するか、単一の行またはセルのみを選択できるかを指定します。

プロパティから選択されたセルに関する情報を SelectedCells 取得できます。 イベントの選択範囲が変更されたセルに関する情報をSelectedCellsChangedEventArgsSelectedCellsChanged取得できます。 プログラムによってすべてのセルを SelectAllCells 選択または選択解除するには、メソッドを UnselectAllCells 呼び出します。 詳細については、「 DataGrid コントロールの既定のキーボードとマウスの動作」を参照してください。

グループ化、並べ替え、フィルター処理

既定では、列ヘッダーをクリックして項目を DataGrid 並べ替えることができます。 イベントを処理 Sorting することで、並べ替えをカスタマイズできます。 既定の並べ替えを取り消すには、プロパティtrueHandled . に表示される前にソース データを DataGrid並べ替えることもできます。

内のDataGridデータをグループ化、並べ替え、フィルター処理するには、これらの操作をDataGridICollectionViewサポートする実装にバインドします。 次に、コレクション ビューに対して操作を実行します。 項目が DataGrid でグループ化されている場合は、各グループの外観を指定する GroupStyle を定義できます。 のコレクションにGroupStyleGroupStyle追加して適用しますDataGrid。 複数のレベルのグループ化がある場合は、グループ レベルごとに異なるスタイルを適用できます。 スタイルは定義された順序で適用されます。 詳細については、「 方法: DataGrid コントロールでデータをグループ化、並べ替え、フィルター処理する」を参照してください。

編集

既定では、アイテムを直接 DataGrid編集できます。 編集をコミットして正しく取り消すことができることを保証するには、インターフェイス内のオブジェクトが DataGrid 実装されている IEditableObject 必要があります。 または、プロパティを IsReadOnly 設定して true 、編集を無効 DataGridにすることもできます。

次の DataGrid 編集コマンドのサポートが組み込まれています。

command 既定の入力バインド
BeginEditCommand F2
CancelEditCommand Esc
CommitEditCommand Enter
DeleteCommand DELETE

現在のセルを編集モードにする場合は、セルをクリックするか F2 キーを押します。 セルレベルの編集は、同じ行の別のセルに移動するか、セルが編集モードのときに Enter キーを押すとコミットされます。 行内のすべての編集は、別の行に移動するか、行が編集モードのときに Enter キーを押すとコミットされます。 Esc キーを 1 回押してセルの編集を取り消し、Esc キーを 2 回押して行内のすべての編集を取り消します。 プログラムによる編集のコミットと取り消しの詳細については、,,CommitEditおよびCancelEditメソッドをBeginEdit参照してください。 編集関連イベントの詳細については、「、、、、」RowEditEndingを参照してくださいBeginningEditCellEditEndingPreparingCellForEdit

ユーザーが行を CanUserAddRows 追加または削除できるかどうかを指定するには、and CanUserDeleteRows プロパティを設定します。 ユーザーは DELETE キーを押して、選択した行を削除できます。 プロパティが CanUserAddRows 設定 trueされている場合は、新しい項目の行が最後の行 DataGridとして追加されます。 イベントを処理することで、新しい項目の既定値を InitializingNewItem 設定できます。

注意

編集アクションを許可するかどうかは、さまざまな追加の要因 (その状態やIsEnabled状態DataGridなどIsReadOnly) と、基になるデータ収集でアクションを許可するかどうかの影響を受けます。

検証

DataGridこれにより、セルレベルと行レベルの両方で検証を実行できます。 セル レベルの検証では、ユーザーが値を更新するときに、バインドされたデータ オブジェクトの個々のプロパティが検証されます。 行レベルの検証では、ユーザーが変更を行にコミットするときに、データ オブジェクト全体が検証されます。 プロパティを設定することで、行レベルの検証エラーに対してカスタマイズされた視覚的フィードバックを RowValidationErrorTemplate 提供することも、既定のエラー インジケーターを使用することもできます。 カスタム検証規則を作成するには、クラスから派生したクラスを ValidationRule 作成し、メソッドを実装します Validate 。 カスタム検証規則をコレクションに RowValidationRules 追加します。

DataGrid コントロールのカスタマイズ

このコントロールは DataGrid 、行の背景を交互に変更したり、ヘッダー、枠線、スクロール バーを表示または非表示にしたりする機能など、一般的なテーブルの書式設定オプションをサポートしています。 さらに、コントロールには、コントロールとその行、列、ヘッダー、およびセルの外観を完全に変更するために使用できる、いくつかのスタイルとテンプレートのプロパティが用意されています。

動作をカスタマイズ DataGrid するために、選択変更、セル編集、列の順序変更のイベントを処理できます。 また DataGrid 、行をカスタマイズするために処理できる行のリサイクルのために、いくつかのイベントを公開します。

複数のDataGridコントロールに同じプロパティの設定を適用するには、Styleプロパティを使用します。 ControlTemplateの既定値を変更して外観を制御します。 ControlTemplate作成の詳細については、「 ControlTemplate の作成による既存コントロールの外観カスタマイズ」を参照してください。 固有 DataGridのパーツと状態を確認するには、「 DataGrid のスタイルとテンプレート」を参照してください。

このコントロールの依存関係のプロパティは、コントロールの既定のスタイルによって設定される可能性があります。 プロパティが既定のスタイルによって設定されている場合、アプリケーションにコントロールが表示されると、プロパティが既定値から変更されることがあります。 既定のスタイルは、アプリケーションの実行時に使用するデスクトップテーマによって決定されます。

注意

ビジュアルのプロパティの設定に効果があるのは、そのプロパティが両方のコントロールの既定のテンプレート内に存在し、TemplateBinding を使用して設定した場合のみです。 ビジュアルのプロパティの一覧を、ControlTemplate の作成による既存のコントロールの外観のカスタマイズ記事のコントロールの視覚的な構造を変更するセクションで確認することができます。

一般的なタスク

次の表では、DataGridに通常関連付けられるタスクについて説明します。

タスク 実装
行の背景色を交互に設定する AlternationIndex プロパティを 2 以上に設定した後、BrushRowBackground および AlternatingRowBackground プロパティに割り当てます。
セルと行の選択動作を定義する SelectionMode プロパティと SelectionUnit プロパティを設定します。
ヘッダー、セル、行の外観をカスタマイズする ColumnHeaderStyleRowHeaderStyleCellStyle、または RowStyle の各プロパティに新しい Style を適用します。
サイズ変更オプションを設定する HeightMaxHeightMinHeightWidthMaxWidthMinWidth の各プロパティを設定します。 詳細については、「DataGrid コントロールのサイズ変更方法」を参照してください。
選択された項目にアクセスする 選択したセルを SelectedCells 取得するプロパティを確認し、選択した行を SelectedItems 取得するプロパティを確認します。 詳細については、SelectedCells プロパティを参照してください。
エンド ユーザーの操作をカスタマイズする CanUserAddRowsCanUserDeleteRowsCanUserReorderColumnsCanUserResizeColumnsCanUserResizeRowsCanUserSortColumns の各プロパティを設定します。
自動生成された列をキャンセルまたは変更する AutoGeneratingColumn イベントを処理します。
列を固定する FrozenColumnCount プロパティを 1 に設定し、DisplayIndex プロパティを 0 に設定することで、列を左端の位置に移動します。
データ ソースとして XML データを使用する 項目のコレクションをItemsSourceDataGrid表す XPath クエリに on をバインドします。 DataGrid に各列を作成します。 バインドの XPath を、項目ソースのプロパティを取得するクエリに設定することで、各列をバインドします。 例については、「DataGridTextColumn」を参照してください。
項目をグループ化する グループ化を CollectionView サポートする、または CollectionViewSource グループ化をサポートするユーザーにバインドします。 詳細については、「 方法: DataGrid コントロールでデータをグループ化、並べ替え、フィルター処理する」を参照してください。
行の詳細セクションを表示する 詳細セクションの外観を指定する a RowDetailsTemplate を定義します。 詳細セクションが RowDetailsVisibilityMode 表示されるタイミングを指定するように設定します。 詳細については、「 方法: DataGrid コントロールに行の詳細を追加する」を参照してください。

コンストラクター

DataGrid()

DataGrid クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

AlternatingRowBackgroundProperty

AlternatingRowBackground 依存関係プロパティを識別します。

AreRowDetailsFrozenProperty

AreRowDetailsFrozen 依存関係プロパティを識別します。

AutoGenerateColumnsProperty

AutoGenerateColumns 依存関係プロパティを識別します。

BeginEditCommand

DataGrid の現在のセルまたは行の編集を開始するという意図を示すコマンドを表します。

CancelEditCommand

現在のセルまたは行に対する保留中の変更を取り消し、BeginEditCommand コマンドが実行される前の状態に戻るという意図を示すコマンドを表します。

CanUserAddRowsProperty

CanUserAddRows 依存関係プロパティを識別します。

CanUserDeleteRowsProperty

CanUserDeleteRows 依存関係プロパティを識別します。

CanUserReorderColumnsProperty

CanUserReorderColumns 依存関係プロパティを識別します。

CanUserResizeColumnsProperty

CanUserResizeColumns 依存関係プロパティを識別します。

CanUserResizeRowsProperty

CanUserResizeRows 依存関係プロパティを識別します。

CanUserSortColumnsProperty

CanUserSortColumns 依存関係プロパティを識別します。

CellsPanelHorizontalOffsetProperty

CellsPanelHorizontalOffset 依存関係プロパティを識別します。

CellStyleProperty

CellStyle 依存関係プロパティを識別します。

ClipboardCopyModeProperty

ClipboardCopyMode 依存関係プロパティを識別します。

ColumnHeaderHeightProperty

ColumnHeaderHeight 依存関係プロパティを識別します。

ColumnHeaderStyleProperty

ColumnHeaderStyle 依存関係プロパティを識別します。

ColumnWidthProperty

ColumnWidth 依存関係プロパティを識別します。

CommitEditCommand

保留中の変更を現在のセルまたは行にコミットし、編集モードを終了するという意図を示すコマンドを表します。

CurrentCellProperty

CurrentCell 依存関係プロパティを識別します。

CurrentColumnProperty

CurrentColumn 依存関係プロパティを識別します。

CurrentItemProperty

CurrentItem 依存関係プロパティを識別します。

DragIndicatorStyleProperty

DragIndicatorStyle 依存関係プロパティを識別します。

DropLocationIndicatorStyleProperty

DropLocationIndicatorStyle 依存関係プロパティを識別します。

EnableColumnVirtualizationProperty

EnableColumnVirtualization 依存関係プロパティを識別します。

EnableRowVirtualizationProperty

EnableRowVirtualization 依存関係プロパティを識別します。

FrozenColumnCountProperty

FrozenColumnCount 依存関係プロパティを識別します。

GridLinesVisibilityProperty

GridLinesVisibility 依存関係プロパティを識別します。

HeadersVisibilityProperty

HeadersVisibility 依存関係プロパティを識別します。

HorizontalGridLinesBrushProperty

HorizontalGridLinesBrush 依存関係プロパティを識別します。

HorizontalScrollBarVisibilityProperty

HorizontalScrollBarVisibility 依存関係プロパティを識別します。

IsReadOnlyProperty

IsReadOnly 依存関係プロパティを識別します。

MaxColumnWidthProperty

MaxColumnWidth 依存関係プロパティを識別します。

MinColumnWidthProperty

MinColumnWidth 依存関係プロパティを識別します。

MinRowHeightProperty

MinRowHeight 依存関係プロパティを識別します。

NewItemMarginProperty

NewItemMargin 依存関係プロパティを識別します。

NonFrozenColumnsViewportHorizontalOffsetProperty

NonFrozenColumnsViewportHorizontalOffset 依存関係プロパティを識別します。

RowBackgroundProperty

RowBackground 依存関係プロパティを識別します。

RowDetailsTemplateProperty

RowDetailsTemplate 依存関係プロパティを識別します。

RowDetailsTemplateSelectorProperty

RowDetailsTemplateSelector 依存関係プロパティを識別します。

RowDetailsVisibilityModeProperty

RowDetailsVisibilityMode 依存関係プロパティを識別します。

RowHeaderActualWidthProperty

RowHeaderActualWidth 依存関係プロパティを識別します。

RowHeaderStyleProperty

RowHeaderStyle 依存関係プロパティを識別します。

RowHeaderTemplateProperty

RowHeaderTemplate 依存関係プロパティを識別します。

RowHeaderTemplateSelectorProperty

RowHeaderTemplateSelector 依存関係プロパティを識別します。

RowHeaderWidthProperty

RowHeaderWidth 依存関係プロパティを識別します。

RowHeightProperty

RowHeight 依存関係プロパティを識別します。

RowStyleProperty

RowStyle 依存関係プロパティを識別します。

RowStyleSelectorProperty

RowStyleSelector 依存関係プロパティを識別します。

RowValidationErrorTemplateProperty

RowValidationErrorTemplate 依存関係プロパティを識別します。

SelectionModeProperty

SelectionMode 依存関係プロパティを識別します。

SelectionUnitProperty

SelectionUnit 依存関係プロパティを識別します。

VerticalGridLinesBrushProperty

VerticalGridLinesBrush 依存関係プロパティを識別します。

VerticalScrollBarVisibilityProperty

VerticalScrollBarVisibility 依存関係プロパティを識別します。

プロパティ

ActualHeight

この要素の描画時の高さを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
ActualWidth

この要素の描画時の幅を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
AllowDrop

この要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
AlternatingRowBackground

交互の行で使用される背景ブラシを取得または設定します。

AlternationCount

代替コンテナーに独自の外観を与える ItemsControl 内にある、代替項目コンテナーの数を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
AreAnyTouchesCaptured

少なくとも 1 つのタッチがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesCapturedWithin

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesDirectlyOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreRowDetailsFrozen

行の詳細を水平方向にスクロールできるかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoGenerateColumns

列が自動的に作成されるかどうかを示す値を取得または設定します。

Background

コントロールの背景を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 Control)
BindingGroup

要素に使用される BindingGroup を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
BitmapEffect
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
BitmapEffectInput
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果用の入力ソースを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
BorderBrush

コントロールの境界線の背景を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 Control)
BorderThickness

コントロールの境界線の太さを取得または設定します。

(継承元 Control)
CacheMode

UIElement のキャッシュされた表現を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CanSelectMultipleItems

MultiSelector 内の複数の項目を同時に選択できるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 MultiSelector)
CanUserAddRows

ユーザーが DataGrid に新しい行を追加できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanUserDeleteRows

ユーザーが DataGrid から行を削除できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanUserReorderColumns

ユーザーが列見出しをマウスでドラッグして列の表示順を変更できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanUserResizeColumns

ユーザーがマウスを使用して列幅を調整できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanUserResizeRows

ユーザーがマウスを使用して行の高さを調整できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanUserSortColumns

ユーザーが列見出しをクリックして、項目を並べ替えられるかどうかを示す値を取得または設定します。

CellsPanelHorizontalOffset

DataGridCellsPanel の水平オフセットを取得します。

CellStyle

DataGrid のすべてのセルに適用されるスタイルを取得または設定します。

Clip

要素内容の輪郭の定義に使用するジオメトリを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
ClipboardCopyMode

クリップボードへのコンテンツのコピー方法を示す値を取得または設定します。

ClipToBounds

親要素のサイズに合わせるために、この要素の内容 (またはこの要素の子要素の内容) を切り取るかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
ColumnHeaderHeight

列ヘッダー行の高さを取得または設定します。

ColumnHeaderStyle

DataGrid のすべての列ヘッダーに適用するスタイルを取得または設定します。

Columns

DataGrid のすべての列を格納しているコレクションを取得します。

ColumnWidth

DataGrid に含まれる列およびヘッダーの標準の幅とサイズ変更モードを取得または設定します。

CommandBindings

この要素に関連付けられている CommandBinding オブジェクトのコレクションを取得します。 CommandBinding は、この要素のコマンド処理を有効にし、コマンド、コマンドのイベント、およびこの要素によってアタッチされるハンドラーの間の関連を宣言します。

(継承元 UIElement)
ContextMenu

この要素内からユーザー インターフェイス (UI) を介してコンテキスト メニューが要求されるたびに表示されるコンテキスト メニュー要素を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
CurrentCell

フォーカスがあるセルを取得または設定します。

CurrentColumn

現在のセルが含まれる列を取得または設定します。

CurrentItem

現在のセルが含まれる行にバインドされているデータ項目を取得します。

Cursor

この要素上にマウス ポインターが置かれたときに表示されるカーソルを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
DataContext

要素がデータ バインディングに含まれている場合に、その要素のデータ コンテキストを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
DefaultStyleKey

テーマ スタイルを使用または定義するときに、このコントロールのスタイルを参照するために使用されるキーを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
DeleteCommand

現在の行を削除するという意図を示すコマンドを表します。

DependencyObjectType

このインスタンスの DependencyObjectType CLR 型をラップする値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
DesiredSize

レイアウト処理の測定パスの実行中に、この要素が計算したサイズを取得します。

(継承元 UIElement)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
DisplayMemberPath

オブジェクトを視覚的に表現するために使用される、ソース オブジェクト上の値へのパスを取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
DragIndicatorStyle

列ヘッダーをドラッグしているときに表示されるドラッグ インジケーターのレンダリングに使用するスタイルを取得または設定します。

DropLocationIndicatorStyle

列ヘッダーをドラッグしているときにドロップ位置を示すために適用されるスタイルを取得または設定します。

Effect

UIElement に適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
EnableColumnVirtualization

列の仮想化が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

EnableRowVirtualization

行の仮想化が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

FlowDirection

レイアウトを制御する任意の親要素内でテキストやその他のユーザー インターフェイス (UI) 要素が流れる方向を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Focusable

要素がフォーカスを得ることができるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
FocusBorderBrushKey

フォーカスがあるセルの既定の境界ブラシを参照するキーを取得します。

FocusVisualStyle

この要素がキーボード フォーカスを受け取ったときに適用される外観、効果、またはその他のスタイル特性のカスタマイズを可能にするプロパティを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FontFamily

コントロールのフォント ファミリを取得または設定します。

(継承元 Control)
FontSize

フォント サイズを取得または設定します。

(継承元 Control)
FontStretch

画面上でのフォントの縮小率または拡大率を取得または設定します。

(継承元 Control)
FontStyle

フォント スタイルを取得または設定します。

(継承元 Control)
FontWeight

指定したフォントの太さを取得または設定します。

(継承元 Control)
ForceCursor

プロパティによってCursor宣言されたカーソルをユーザー インターフェイス (UI) に強制的にレンダリングするかどうかをFrameworkElement示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Foreground

前景色を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 Control)
FrozenColumnCount

スクロールしない列の数を取得または設定します。

GridLinesVisibility

表示するグリッド線を示す値を取得または設定します。

GroupStyle

グループの各レベルの外観を定義する GroupStyle オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 ItemsControl)
GroupStyleSelector

GroupStyle をコレクション内の各グループに適用するカスタム選択ロジックを用意するためのメソッドを取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
HandlesScrolling

DataGrid がカスタムのキーボード スクロールをサポートするかどうかを示す値を取得します。

HasAnimatedProperties

この要素にアニメーション化されたプロパティがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
HasEffectiveKeyboardFocus

UIElement にフォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
HasItems

ItemsControl に項目が含まれているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ItemsControl)
HeadersVisibility

行ヘッダーと列ヘッダーの可視性を指定する値を取得または設定します。

HeadersVisibilityConverter

DataGridHeadersVisibilityVisibility に変換するコンバーターを取得します。

Height

要素の推奨される高さを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HorizontalAlignment

この要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に構成されるときに適用される水平方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HorizontalContentAlignment

コントロールのコンテンツの水平方向の配置を取得または設定します。

(継承元 Control)
HorizontalGridLinesBrush

水平グリッド線の描画に使用されるブラシを取得または設定します。

HorizontalScrollBarVisibility

DataGrid での水平スクロール バーの表示方法を示す値を取得または設定します。

InheritanceBehavior

プロパティ値の継承、リソース キーのルックアップ、および RelativeSource FindAncestor 検索のスコープの制限を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
InputBindings

この要素に関連付けられている入力バインドのコレクションを取得します。

(継承元 UIElement)
InputScope

この FrameworkElement で使用される入力のコンテキストを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
IsArrangeValid

この要素のレイアウトにおける子要素の計算済みのサイズと位置が有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsEnabled

ユーザー インターフェイス (UI) でこの要素が有効かどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsEnabledCore

派生クラス内で IsEnabled の戻り値になる値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsFocused

この要素に論理フォーカスがあるかどうかを判断する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsGrouping

コントロールがグループ化を使用しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ItemsControl)
IsHitTestVisible

この要素が、表示される内容のある部分からのヒット テストの結果として返されるかどうかを宣言する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsInitialized

XAML プロセッサによる処理中、またはメソッドを明示的に呼び出すことによって、この要素が初期化されているかどうかを示す値を EndInit() 取得します。

(継承元 FrameworkElement)
IsInputMethodEnabled

入力メソッド エディター (IME) などの入力メソッド システムがこの要素への入力を処理するために有効になっているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocused

この要素にキーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocusWithin

キーボード フォーカスがその要素またはそのビジュアル ツリーの子要素内の任意の場所にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsLoaded

この要素が表示のために読み込まれているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
IsManipulationEnabled

この UIElement で操作イベントが有効かどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsMeasureValid

レイアウト測定パスから返された現在のサイズが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsMouseCaptured

この要素にマウスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsMouseCaptureWithin

この要素またはビジュアル ツリー内の子要素がマウスのキャプチャを保持するかどうかを決定する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsMouseDirectlyOver

マウス ポインターの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsMouseOver

マウス ポインターがこの要素 (ビジュアル ツリー内の子要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsReadOnly

ユーザーが DataGrid 内の値を編集できるかどうかを示す値を取得または設定します。

IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
IsStylusCaptured

この要素によってスタイラスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsStylusCaptureWithin

この要素、または要素の境界とそのビジュアル ツリー内の要素がスタイラス キャプチャを保持するかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsStylusDirectlyOver

スタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsStylusOver

スタイラスのカーソルがこの要素 (子ビジュアル要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsSynchronizedWithCurrentItem

SelectorSelectedItemItems プロパティの現在の項目と同期するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Selector)
IsTabStop

コントロールがタブ ナビゲーションに含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
IsTextSearchCaseSensitive

項目を検索するときに、大文字/小文字の区別が条件かどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
IsTextSearchEnabled

ItemsControl インスタンスで TextSearch が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
IsUpdatingSelectedItems

MultiSelectorSelectedItems コレクションに対して一括更新を現在実行しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MultiSelector)
IsVisible

この要素がユーザー インターフェイス (UI) に表示されるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
ItemBindingGroup

ItemsControl の各項目にコピーされる BindingGroup を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
ItemContainerGenerator

コントロールに関連付けられている ItemContainerGenerator を取得します。

(継承元 ItemsControl)
ItemContainerStyle

項目ごとに生成されるコンテナー要素に適用される Style を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
ItemContainerStyleSelector

生成された各コンテナー要素に適用可能なスタイルのカスタム スタイル選択ロジックを取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
Items

ItemsControl のコンテンツの生成に使用するコレクションを取得します。

(継承元 ItemsControl)
ItemsPanel

項目のレイアウトを制御するパネルを定義するテンプレートを取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
ItemsSource

ItemsControl のコンテンツの生成に使用するコレクションを取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
ItemStringFormat

文字列として表示される場合、ItemsControl の項目の書式設定方法を指定する複合文字列を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
ItemTemplate

各項目を表示するために使用される DataTemplate を取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
ItemTemplateSelector

各項目を表示するために使用されるテンプレートを選択するためのカスタム ロジックを取得または設定します。

(継承元 ItemsControl)
Language

要素に適用されるローカライズ/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
LayoutTransform

レイアウトの実行時にこの要素に適用するグラフィック変換を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
LogicalChildren

ItemsControl オブジェクトの論理子オブジェクトの列挙子を取得します。

(継承元 ItemsControl)
Margin

要素の外側の余白を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxColumnWidth

DataGrid 内の列およびヘッダーの幅の上限を取得または設定します。

MaxHeight

要素の高さの最大値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxWidth

要素の幅の最大値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinColumnWidth

DataGrid 内の列およびヘッダーの幅の下限を取得または設定します。

MinHeight

要素の高さの最小値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinRowHeight

DataGrid 内の行およびヘッダーの高さの下限を取得または設定します。

MinWidth

要素の幅の最小値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Name

要素の識別名を取得または設定します。 この名前は、イベント ハンドラー コードなどの分離コードが XAML プロセッサによる処理中に構築された後にマークアップ要素を参照できるように、参照を提供します。

(継承元 FrameworkElement)
NewItemMargin

新しい項目行の余白を取得または設定します。

NonFrozenColumnsViewportHorizontalOffset

ビューポート内のスクロール可能な列の水平オフセットを取得します。

Opacity

ユーザー インターフェイス (UI) でレンダリングされるときに全体 UIElement に適用される不透明度係数を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
OpacityMask

この要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
OverridesDefaultStyle

この要素に、テーマのスタイルのスタイル プロパティが含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Padding

コントロールのパディングを取得または設定します。

(継承元 Control)
Parent

この要素の論理上の親要素を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
PersistId
互換性のために残されています。

この要素を一意に識別する値を取得します。

(継承元 UIElement)
RenderSize

この要素の最終的な描画サイズを取得します (または、設定します)。

(継承元 UIElement)
RenderTransform

この要素の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
RenderTransformOrigin

RenderTransform によって宣言されるすべての使用可能な表示変換の中心点を、要素の境界からの相対位置で取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
Resources

ローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
RowBackground

行の背景の既定のブラシを取得または設定します。

RowDetailsScrollingConverter

ブール値を SelectiveScrollingOrientation に変換するコンバーターを取得します。

RowDetailsTemplate

行の詳細を表示するために使用されるテンプレートを取得または設定します。

RowDetailsTemplateSelector

行の詳細に使用されるテンプレート セレクターを取得または設定します。

RowDetailsVisibilityMode

行の詳細セクションを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

RowHeaderActualWidth

行ヘッダー列の描画時の幅を取得します。

RowHeaderStyle

すべての行ヘッダーに適用されるスタイルを取得または設定します。

RowHeaderTemplate

行ヘッダーのテンプレートを取得または設定します。

RowHeaderTemplateSelector

行ヘッダーのテンプレート セレクターを取得または設定します。

RowHeaderWidth

行見出しの列の幅を取得または設定します。

RowHeight

すべての行の高さの推奨値を取得または設定します。

RowStyle

すべての行に適用されるスタイルを取得または設定します。

RowStyleSelector

行のスタイル セレクターを取得または設定します。

RowValidationErrorTemplate

行の検証のエラーを視覚的に示すテンプレートを取得または設定します。

RowValidationRules

各行のデータを検証するために使用される規則を取得します。

SelectAllCommand

DataGrid 内のすべてのセルを選択するという意図を示すコマンドを表します。

SelectedCells

現在選択されているセルの一覧を取得します。

SelectedIndex

現在の選択範囲のうち、最初のアイテムのインデックスを取得または設定します。選択範囲が空の場合は、マイナス 1 (-1) を返します。

(継承元 Selector)
SelectedItem

現在選択されている最初の項目を取得または設定します。選択範囲が空の場合は null を返します。

(継承元 Selector)
SelectedItems

MultiSelector 内の選択された項目を取得します。

(継承元 MultiSelector)
SelectedValue

SelectedItem を使用して取得される SelectedValuePath の値を取得または設定します。

(継承元 Selector)
SelectedValuePath

SelectedValue から SelectedItem を取得するために使用するパスを取得または設定します。

(継承元 Selector)
SelectionMode

DataGrid で行およびセルを選択する方法を示す値を取得または設定します。

SelectionUnit

行、セル、およびその両方を DataGrid で選択できるかどうかを示す値を取得または設定します。

SnapsToDevicePixels

この要素のレンダリングがレンダリング中にデバイスに固有のピクセルの設定を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
Style

この要素が使用するスタイルを、表示されるときに取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
StylusPlugIns

この要素に関連付けられているすべてのスタイラス プラグイン (カスタマイズ) オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 UIElement)
TabIndex

ユーザーが Tab キーを使用してコントロール間を移動するときに、要素がフォーカスを受け取る順序を決定する値を取得または設定します

(継承元 Control)
Tag

この要素に関するユーザー定義情報の格納に使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Template

コントロール テンプレートを取得または設定します。

(継承元 Control)
TemplatedParent

この要素の親テンプレートへの参照を取得します。 このプロパティは、要素がテンプレートによって作成されていない場合は無効です。

(継承元 FrameworkElement)
ToolTip

ユーザー インターフェイス (UI) でこの要素に表示されるツール ヒント オブジェクトを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
TouchesCaptured

この要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
TouchesCapturedWithin

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
TouchesDirectlyOver

この要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
TouchesOver

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
Triggers

この要素に直接、または子要素で設定されているトリガーのコレクションを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
Uid

この要素の一意の識別子 (ローカライズ用) を設定または取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
UseLayoutRounding

レイアウトの間に、この要素のサイズおよび位置にレイアウトの丸めを適用するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
VerticalAlignment

この要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に作成されるときに適用される垂直方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
VerticalContentAlignment

コントロールのコンテンツの垂直方向の配置を取得または設定します。

(継承元 Control)
VerticalGridLinesBrush

縦グリッド線の描画に使用されるブラシを取得または設定します。

VerticalScrollBarVisibility

DataGrid での垂直スクロール バーの表示方法を示す値を取得または設定します。

Visibility

この要素のユーザー インターフェイス (UI) の可視性を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
VisualBitmapEffect
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

BitmapEffectVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualBitmapEffectInput
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

BitmapEffectInputVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualBitmapScalingMode

BitmapScalingModeVisual を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualCacheMode

Visual のキャッシュされた表現を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualChildrenCount

この要素内でビジュアル子要素の数を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
VisualClearTypeHint

ClearTypeHint での ClearType のレンダリング方法を決定する Visual を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualClip

Visual 値としての Geometry のクリップ領域を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualEdgeMode

Visual のエッジ モードを EdgeMode 値として取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualEffect

Visual に適用するビットマップ効果を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOffset

ビジュアル オブジェクトのオフセット値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOpacity

Visual の不透明度を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOpacityMask

Brush の不透明マスクを表す Visual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualParent

ビジュアル オブジェクトのビジュアル ツリーの親を取得します。

(継承元 Visual)
VisualScrollableAreaClip

Visual のクリップ対象のスクロール可能な領域を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTextHintingMode

VisualTextHintingMode を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTextRenderingMode

VisualTextRenderingMode を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTransform

TransformVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualXSnappingGuidelines

X 座標 (垂直) ガイドライン コレクションを取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualYSnappingGuidelines

Y 座標 (水平) ガイドライン コレクションを取得または設定します。

(継承元 Visual)
Width

要素の幅を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)

メソッド

AddChild(Object)

指定したオブジェクトを ItemsControl オブジェクトの子として追加します。

(継承元 ItemsControl)
AddHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。

(継承元 UIElement)
AddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 イベント ルート上の別の要素により既にハンドル済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。

(継承元 UIElement)
AddLogicalChild(Object)

指定したオブジェクトをこの要素の論理ツリーに追加します。

(継承元 FrameworkElement)
AddText(String)

指定したテキスト文字列を ItemsControl オブジェクトに追加します。

(継承元 ItemsControl)
AddToEventRoute(EventRoute, RoutedEventArgs)

現在の EventRoute イベント ハンドラー コレクションのハンドラーを、指定した UIElement に追加します。

(継承元 UIElement)
AddVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを定義します。

(継承元 Visual)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。 既存のアニメーションは停止され、新しいアニメーションに置き換えられます。

(継承元 UIElement)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用し、プロパティでアニメーションが既に適用されているときに行われる処理を指定する機能も提供します。

(継承元 UIElement)
ApplyTemplate()

必要に応じて現在のテンプレートのビジュアル ツリーを構築し、この呼び出しによってビジュアル ツリーが再構築されたかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
Arrange(Rect)

子要素を配置し、UIElement のサイズを決定します。 親要素はそれぞれの ArrangeCore(Rect) 実装 (または WPF フレームワーク レベルの同等実装) からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドは、レイアウト更新の 2 番目のパスを構成します。

(継承元 UIElement)
ArrangeCore(Rect)

ArrangeCore(Rect) (UIElement で仮想メソッドとして定義されています) を実装し、その実装をシールします。

(継承元 FrameworkElement)
ArrangeOverride(Size)

Control オブジェクトのコンテンツを配置し、そのサイズを設定するために呼び出されます。

(継承元 Control)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、アニメーションを開始します。

(継承元 UIElement)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、特定のアニメーションを開始します。プロパティの既存のアニメーションが実行中である場合の動作も指定できます。

(継承元 UIElement)
BeginEdit()

BeginEdit() コマンドを呼び出します。これにより、現在のセルまたは行が編集モードになります。

BeginEdit(RoutedEventArgs)

BeginEdit() コマンドを呼び出します。これにより、現在のセルまたは行が編集モードになります。

BeginInit()

ItemsControl オブジェクトの初期化が間もなく開始することを示します。

(継承元 ItemsControl)
BeginStoryboard(Storyboard)

指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior)

プロパティが既にアニメーション化されていた場合にどうするかを指定するオプションを使用して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior, Boolean)

開始後のアニメーションの制御の状態を指定して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BeginUpdateSelectedItems()

新しい選択トランザクションを開始します。

(継承元 MultiSelector)
BringIntoView()

この要素が含まれているスクロール可能な領域内に、この要素を表示することを試みます。

(継承元 FrameworkElement)
BringIntoView(Rect)

この要素が含まれているスクロール可能な領域内で、この要素の指定したサイズの領域が表示されるように試みます。

(継承元 FrameworkElement)
CancelEdit()

現在編集モードになっているセルまたは行の CancelEditCommand コマンドを呼び出します。

CancelEdit(DataGridEditingUnit)

編集モードになっている指定されたセルまたは行の CancelEditCommand コマンドを呼び出します。

CaptureMouse()

この要素にマウスをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 UIElement)
CaptureStylus()

この要素にスタイラスをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 UIElement)
CaptureTouch(TouchDevice)

この要素にタッチをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 UIElement)
CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearContainerForItemOverride(DependencyObject, Object)

指定した項目の行をアンロードします。

ClearDetailsVisibilityForItem(Object)

指定されたデータ項目を表す DetailsVisibilityDataGridRow プロパティをクリアします。

ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
ColumnFromDisplayIndex(Int32)

指定されたインデックス位置にある DataGridColumn を取得します。

CommitEdit()

現在編集モードになっているセルまたは行の CommitEditCommand コマンドを呼び出します。

CommitEdit(DataGridEditingUnit, Boolean)

現在編集モードになっている、指定されたセルまたは行の CommitEditCommand コマンドを呼び出します。

ContainerFromElement(DependencyObject)

特定のコンテナー要素を所有している現在の ItemsControl に属しているコンテナーを返します。

(継承元 ItemsControl)
EndInit()

ItemsControl オブジェクトの初期化が完了したことを示します。

(継承元 ItemsControl)
EndUpdateSelectedItems()

選択されている項目を MultiSelector にコミットします。

(継承元 MultiSelector)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
FindCommonVisualAncestor(DependencyObject)

2 つのビジュアル オブジェクトの共通の先祖を返します。

(継承元 Visual)
FindName(String)

指定した識別名を持つ要素を検索します。

(継承元 FrameworkElement)
FindResource(Object)

指定したキーを持つリソースを検索します。要求したリソースが見つからない場合は例外がスローされます。

(継承元 FrameworkElement)
Focus()

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

(継承元 UIElement)
GenerateColumns(IItemProperties)

オブジェクトの指定されたプロパティの列を生成します。

GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

この要素の、指定したプロパティの基本プロパティ値を返します。実行中または停止済みのアニメーションでアニメーション化される値は無視されます。

(継承元 UIElement)
GetBindingExpression(DependencyProperty)

指定したプロパティでのバインディングを表す BindingExpression を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetContainerForItemOverride()

新しい DataGridRow をインスタンス化します。

GetDetailsVisibilityForItem(Object)

指定されたデータ項目を表す DetailsVisibilityDataGridRow プロパティを取得します。

GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetLayoutClip(Size)

クリッピング マスクのジオメトリを返します。 クリッピング マスクは、利用可能な表示領域より大きな要素をレイアウト システムが配置しようとすると適用されます。

(継承元 FrameworkElement)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetTemplateChild(String)

インスタンス化された ControlTemplate のビジュアル ツリー内にある名前付き要素を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUIParentCore()

ビジュアル親が存在しない場合に、この要素に対する代替の論理上の親を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GetVisualChild(Int32)

GetVisualChild(Int32) をオーバーライドし、子要素のコレクションから指定したインデックス位置の子を返します。

(継承元 FrameworkElement)
HitTestCore(GeometryHitTestParameters)

HitTestCore(GeometryHitTestParameters) を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (GeometryHitTestResult を返します)。

(継承元 UIElement)
HitTestCore(PointHitTestParameters)

HitTestCore(PointHitTestParameters) を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (HitTestResult を返します)。

(継承元 UIElement)
InputHitTest(Point)

現在の要素の原点からの指定した相対座標にある、現在の要素内の入力要素を返します。

(継承元 UIElement)
InvalidateArrange()

要素の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効にした後、要素のレイアウトが更新されます。更新は、UpdateLayout() によって強制されない限り非同期に行われます。

(継承元 UIElement)
InvalidateMeasure()

要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。

(継承元 UIElement)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
InvalidateVisual()

要素の描画を無効にして、新しい完全なレイアウト パスを強制します。 レイアウト サイクルが完了した後に、OnRender(DrawingContext) が呼び出されます。

(継承元 UIElement)
IsAncestorOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した子孫ビジュアル オブジェクトの先祖かどうかを判定します。

(継承元 Visual)
IsDescendantOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した先祖ビジュアル オブジェクトの子孫かどうかを判定します。

(継承元 Visual)
IsItemItsOwnContainer(Object)

指定された項目が独自のコンテナーであるか (または独自のコンテナーとすることが可能か) どうかを判断します。

(継承元 ItemsControl)
IsItemItsOwnContainerOverride(Object)

項目が DataGridRow であるかどうかを判断します。

Measure(Size)

UIElementDesiredSize を更新します。 親要素は、独自の MeasureCore(Size) 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドの呼び出しは、レイアウト更新の最初のパス (「メジャー」パス) となります。

(継承元 UIElement)
MeasureCore(Size)

FrameworkElement の測定パス レイアウト システムの基本動作を実装します。

(継承元 FrameworkElement)
MeasureOverride(Size)

DataGrid の必要なサイズを決定します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MoveFocus(TraversalRequest)

指定した移動方向の別の要素にこの要素からキーボード フォーカスを移動します。

(継承元 FrameworkElement)
OnAccessKey(AccessKeyEventArgs)

この要素に対して有効なアクセス キーが呼び出されたときのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnAddingNewItem(AddingNewItemEventArgs)

AddingNewItem イベントを発生させます。

OnAlternationCountChanged(Int32, Int32)

AlternationCount プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnApplyTemplate()

アプリケーション コードまたは内部プロセスが ApplyTemplate() を呼び出すたびに呼び出されます。

OnAutoGeneratedColumns(EventArgs)

AutoGeneratedColumns イベントを発生させます。

OnAutoGeneratingColumn(DataGridAutoGeneratingColumnEventArgs)

AutoGeneratingColumn イベントを発生させます。

OnBeginningEdit(DataGridBeginningEditEventArgs)

BeginningEdit イベントを発生させます。

OnCanExecuteBeginEdit(CanExecuteRoutedEventArgs)

CanExecute コマンドに関連付けられた BeginEditCommand イベントの処理を提供します。

OnCanExecuteCancelEdit(CanExecuteRoutedEventArgs)

CanExecute コマンドに関連付けられた CancelEditCommand イベントの処理を提供します。

OnCanExecuteCommitEdit(CanExecuteRoutedEventArgs)

CanExecute コマンドに関連付けられた CommitEditCommand イベントの処理を提供します。

OnCanExecuteCopy(CanExecuteRoutedEventArgs)

CanExecute コマンドに関連付けられた Copy イベントの処理を提供します。

OnCanExecuteDelete(CanExecuteRoutedEventArgs)

CanExecute コマンドに関連付けられた DeleteCommand イベントの処理を提供します。

OnCellEditEnding(DataGridCellEditEndingEventArgs)

CellEditEnding イベントを発生させます。

OnChildDesiredSizeChanged(UIElement)

子要素のサイズが変更されるときのレイアウト動作をサポートします。

(継承元 UIElement)
OnColumnDisplayIndexChanged(DataGridColumnEventArgs)

ColumnDisplayIndexChanged イベントを発生させます。

OnColumnHeaderDragCompleted(DragCompletedEventArgs)

ColumnHeaderDragCompleted イベントを発生させます。

OnColumnHeaderDragDelta(DragDeltaEventArgs)

ColumnHeaderDragDelta イベントを発生させます。

OnColumnHeaderDragStarted(DragStartedEventArgs)

ColumnHeaderDragStarted イベントを発生させます。

OnColumnReordered(DataGridColumnEventArgs)

ColumnReordered イベントを発生させます。

OnColumnReordering(DataGridColumnReorderingEventArgs)

ColumnReordering イベントを発生させます。

OnContextMenuClosing(ContextMenuEventArgs)

未処理の ContextMenuClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 FrameworkElement)
OnContextMenuOpening(ContextMenuEventArgs)

コンテキスト メニューが開いている場合、セルを選択します。

OnCopyingRowClipboardContent(DataGridRowClipboardEventArgs)

CopyingRowClipboardContent イベントを発生させます。

OnCreateAutomationPeer()

この DataGrid のオートメーション ピアを返します。

OnCurrentCellChanged(EventArgs)

CurrentCellChanged イベントを発生させます。

OnDisplayMemberPathChanged(String, String)

DisplayMemberPath プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnDpiChanged(DpiScale, DpiScale)

このビューが表示される DPI が変更するときに呼び出されます。

(継承元 Visual)
OnDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnExecutedBeginEdit(ExecutedRoutedEventArgs)

Executed コマンドに関連付けられた BeginEditCommand イベントの処理を提供します。

OnExecutedCancelEdit(ExecutedRoutedEventArgs)

Executed コマンドに関連付けられた CancelEditCommand イベントの処理を提供します。

OnExecutedCommitEdit(ExecutedRoutedEventArgs)

Executed コマンドに関連付けられた CommitEditCommand イベントの処理を提供します。

OnExecutedCopy(ExecutedRoutedEventArgs)

Executed コマンドに関連付けられた Copy イベントの処理を提供します。

OnExecutedDelete(ExecutedRoutedEventArgs)

Executed コマンドに関連付けられた DeleteCommand イベントの処理を提供します。

OnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の GiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotFocus(RoutedEventArgs)

未処理の GotFocus イベントが、その経路上でこの要素に到達するたびに呼び出されます。

(継承元 FrameworkElement)
OnGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の GotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の GotMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の GotStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotTouchCapture(TouchEventArgs)

タッチがこの要素にキャプチャされているときに発生する GotTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnGroupStyleSelectorChanged(GroupStyleSelector, GroupStyleSelector)

GroupStyleSelector プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnInitialized(EventArgs)

Initialized イベントを発生させます。 このメソッドは、IsInitialized が内部で true に設定されるたびに呼び出されます。

(継承元 Selector)
OnInitializingNewItem(InitializingNewItemEventArgs)

InitializingNewItem イベントを発生させます。

OnIsKeyboardFocusedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsKeyboardFocusedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsKeyboardFocusWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

IsKeyboardFocusWithin プロパティが変更されたときに呼び出されます。

(継承元 Selector)
OnIsMouseCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素の IsMouseCaptured プロパティが変更されたときに呼び出されます。

OnIsMouseCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsMouseDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsStylusCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsStylusCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnItemBindingGroupChanged(BindingGroup, BindingGroup)

ItemBindingGroup プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnItemContainerStyleChanged(Style, Style)

ItemContainerStyle プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnItemContainerStyleSelectorChanged(StyleSelector, StyleSelector)

ItemContainerStyleSelector プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnItemsChanged(NotifyCollectionChangedEventArgs)

項目が変化すると、列の自動生成を行い、検証フラグを更新します。

OnItemsPanelChanged(ItemsPanelTemplate, ItemsPanelTemplate)

ItemsPanel プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnItemsSourceChanged(IEnumerable, IEnumerable)

ItemsSource プロパティが変更された時点で呼び出されます。

OnItemStringFormatChanged(String, String)

ItemStringFormat プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnItemTemplateChanged(DataTemplate, DataTemplate)

ItemTemplate プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnItemTemplateSelectorChanged(DataTemplateSelector, DataTemplateSelector)

ItemTemplateSelector プロパティが変更された時点で呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnKeyDown(KeyEventArgs)

KeyDown イベントを受信すると、呼び出されます。

OnKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の KeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLoadingRow(DataGridRowEventArgs)

LoadingRow イベントを発生させます。

OnLoadingRowDetails(DataGridRowDetailsEventArgs)

LoadingRowDetails イベントを発生させます。

OnLostFocus(RoutedEventArgs)

提供されたイベント データを使って、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 UIElement)
OnLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の LostKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の LostMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の LostStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostTouchCapture(TouchEventArgs)

この要素がタッチのキャプチャを失ったときに発生する LostTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnManipulationBoundaryFeedback(ManipulationBoundaryFeedbackEventArgs)

ManipulationBoundaryFeedback イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationCompleted(ManipulationCompletedEventArgs)

ManipulationCompleted イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationDelta(ManipulationDeltaEventArgs)

ManipulationDelta イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationInertiaStarting(ManipulationInertiaStartingEventArgs)

ManipulationInertiaStarting イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationStarted(ManipulationStartedEventArgs)

ManipulationStarted イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationStarting(ManipulationStartingEventArgs)

操作プロセッサを初めて作成するときに発生する ManipulationStarting ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnMouseDoubleClick(MouseButtonEventArgs)

MouseDoubleClick ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnMouseDown(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseEnter(MouseEventArgs)

未処理の MouseEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseLeave(MouseEventArgs)

未処理の MouseLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

この要素上で未処理の MouseLeftButtonDown ルーティング イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseMove(MouseEventArgs)

ユーザーが DataGrid 内でマウスをドラッグして選択した項目のコレクションを更新します。

OnMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreparingCellForEdit(DataGridPreparingCellForEditEventArgs)

PreparingCellForEdit イベントを発生させます。

OnPreviewDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDrop イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewKeyDown(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseDoubleClick(MouseButtonEventArgs)

PreviewMouseDoubleClick ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnPreviewMouseDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseDown 添付ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseUp(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewQueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewTextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTouchDown(TouchEventArgs)

この要素がタッチで押されたときに発生する PreviewTouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する PreviewTouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する PreviewTouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この FrameworkElement の依存関係プロパティの有効値が更新された場合に必ず呼び出されます。 変更が発生した特定の依存関係プロパティが引数パラメーターで報告されます。 OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) をオーバーライドします。

(継承元 FrameworkElement)
OnQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnQueryCursor(QueryCursorEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryCursor イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnRender(DrawingContext)

派生クラスでオーバーライドされると、レイアウト システムの指示で行われるレンダリング操作に参加します。 この要素に対するレンダリング指示は、このメソッドの呼び出し時に直接使用されるわけではなく、後からレイアウト処理や描画処理で非同期に使用されるときまで保存されます。

(継承元 UIElement)
OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo)

指定した情報を最終的なイベント データの一部として使用して、SizeChanged イベントを発生させます。

(継承元 FrameworkElement)
OnRowDetailsVisibilityChanged(DataGridRowDetailsEventArgs)

RowDetailsVisibilityChanged イベントを発生させます。

OnRowEditEnding(DataGridRowEditEndingEventArgs)

RowEditEnding イベントを発生させます。

OnSelectedCellsChanged(SelectedCellsChangedEventArgs)

SelectedCellsChanged イベントを発生させます。

OnSelectionChanged(SelectionChangedEventArgs)

選択項目が変更されたときに呼び出されます。

OnSorting(DataGridSortingEventArgs)

Sorting イベントを発生させます。

OnStyleChanged(Style, Style)

この要素で使用されているスタイルが変更された場合に呼び出されます。スタイルが変更されるとレイアウトが無効になります。

(継承元 FrameworkElement)
OnStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusEnter(StylusEventArgs)

未処理の StylusEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusLeave(StylusEventArgs)

未処理の StylusLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnTemplateChanged(ControlTemplate, ControlTemplate)

DataGrid のテンプレートが変更されるたびに呼び出されます。

OnTextInput(TextCompositionEventArgs)

TextInput ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnTextInput(TextCompositionEventArgs)

TextInput イベントを受信すると、呼び出されます。

(継承元 ItemsControl)
OnToolTipClosing(ToolTipEventArgs)

未処理の ToolTipClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 FrameworkElement)
OnToolTipOpening(ToolTipEventArgs)

ToolTipOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 FrameworkElement)
OnTouchDown(TouchEventArgs)

この要素の内部がタッチで押されたときに発生する TouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchEnter(TouchEventArgs)

この要素の境界の外部から内部にタッチが移動したときに発生する TouchEnter ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchLeave(TouchEventArgs)

タッチがこの TouchLeave の境界の内部から外部に移動したときに発生する UIElement ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する TouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する TouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnUnloadingRow(DataGridRowEventArgs)

UnloadingRow イベントを発生させます。

OnUnloadingRowDetails(DataGridRowDetailsEventArgs)

UnloadingRowDetails イベントを発生させます。

OnVisualChildrenChanged(DependencyObject, DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトの VisualCollection が変更されると呼び出されます。

(継承元 Visual)
OnVisualParentChanged(DependencyObject)

ビジュアル ツリー内のこの要素の親が変更されたときに呼び出されます。 OnVisualParentChanged(DependencyObject) をオーバーライドします。

(継承元 FrameworkElement)
ParentLayoutInvalidated(UIElement)

FrameworkElement の特殊化されたサブクラスでインクリメンタル レイアウトの実装をサポートします。 レイアウト中に親のメジャーまたは整列パスに影響を与えるものとしてメタデータ内でマークされているプロパティを子要素が無効にすると、ParentLayoutInvalidated(UIElement) が呼び出されます。

(継承元 FrameworkElement)
PointFromScreen(Point)

画面座標における Point を、Point の現在の座標系を表す Visual に変換します。

(継承元 Visual)
PointToScreen(Point)

Point の現在の座標系を表す Visual を、画面座標における Point に変換します。

(継承元 Visual)
PredictFocus(FocusNavigationDirection)

この要素を基準に、指定したフォーカスの移動方向で次にフォーカスを受け取る要素を特定します。ただし、実際のフォーカスの移動は行われません。

(継承元 FrameworkElement)
PrepareContainerForItemOverride(DependencyObject, Object)

指定した項目の新しい行を準備します。

RaiseEvent(RoutedEventArgs)

特定のルーティング イベントを発生させます。 発生する RoutedEvent は、提供された RoutedEventArgs インスタンス内で識別されます (そのイベント データの RoutedEvent プロパティとして)。

(継承元 UIElement)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
RegisterName(String, Object)

NameScope の登録メソッドへのアクセスを簡略化するアクセサーを提供します。

(継承元 FrameworkElement)
ReleaseAllTouchCaptures()

キャプチャされているすべてのタッチ デバイスをこの要素から解放します。

(継承元 UIElement)
ReleaseMouseCapture()

この要素がマウス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
ReleaseStylusCapture()

この要素がスタイラス デバイス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
ReleaseTouchCapture(TouchDevice)

指定されたタッチ デバイスをこの要素から解放することを試みます。

(継承元 UIElement)
RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。

(継承元 UIElement)
RemoveLogicalChild(Object)

指定されたオブジェクトをこの要素の論理ツリーから削除します。 FrameworkElement は、この削除との同期を維持するために影響を受ける論理ツリーの親ポインターを更新します。

(継承元 FrameworkElement)
RemoveVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを削除します。

(継承元 Visual)
ScrollIntoView(Object)

DataGrid を垂直方向にスクロールして、指定されたデータ項目の行を表示します。

ScrollIntoView(Object, DataGridColumn)

DataGrid を垂直方向および水平方向にスクロールして、指定されたデータ項目および列のセルを表示します。

SelectAll()

MultiSelector 内のすべての項目を選択します。

(継承元 MultiSelector)
SelectAllCells()

DataGrid 内のすべてのセルを選択します。

SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。

(継承元 FrameworkElement)
SetBinding(DependencyProperty, String)

指定したソース プロパティ名をデータ ソースへのパスの修飾として使用して、この要素にバインディングを添付します。

(継承元 FrameworkElement)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetDetailsVisibilityForItem(Object, Visibility)

指定したオブジェクトを格納している DetailsVisibilityDataGridRow プロパティの値を設定します。

SetResourceReference(DependencyProperty, Object)

指定した名前のリソースを検索し、指定したプロパティにそのリソースへのリソース参照を設定します。

(継承元 FrameworkElement)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldApplyItemContainerStyle(DependencyObject, Object)

ItemContainerStyle または ItemContainerStyleSelector プロパティからのスタイルを、指定した項目のコンテナー要素に適用するかどうかを示す値を返します。

(継承元 ItemsControl)
ShouldSerializeCommandBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する CommandBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 UIElement)
ShouldSerializeGroupStyle()

シリアル化プロセスによって GroupStyle プロパティの有効な値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 ItemsControl)
ShouldSerializeInputBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する InputBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 UIElement)
ShouldSerializeItems()

シリアル化プロセスによって Items プロパティの有効な値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 ItemsControl)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeResources()

シリアル化プロセスが、Resources プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
ShouldSerializeStyle()

シリアル化プロセスが、Style プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
ShouldSerializeTriggers()

シリアル化プロセスが、Triggers プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
ToString()

ItemsControl オブジェクトの文字列表現を提供します。

(継承元 ItemsControl)
TransformToAncestor(Visual)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToAncestor(Visual3D)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToDescendant(Visual)

Visual から指定したビジュアル オブジェクトの子孫に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToVisual(Visual)

Visual から指定したビジュアル オブジェクトに座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TranslatePoint(Point, UIElement)

この要素に相対的なポイントを、指定した要素に対する相対座標に変換します。

(継承元 UIElement)
TryFindResource(Object)

指定されたキーを使用してリソースを検索し、見つかった場合はそのリソースを返します。

(継承元 FrameworkElement)
UnregisterName(String)

NameScope の登録解除メソッドへのアクセスを簡略化します。

(継承元 FrameworkElement)
UnselectAll()

MultiSelector 内のすべての項目を選択解除します。

(継承元 MultiSelector)
UnselectAllCells()

DataGrid 内のすべてのセルの選択を解除します。

UpdateDefaultStyle()

現在の FrameworkElement に既定のスタイルを再度適用します。

(継承元 FrameworkElement)
UpdateLayout()

この要素のすべての子ビジュアル要素のレイアウトが正常に更新されるようにします。

(継承元 UIElement)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

イベント

AddingNewItem

新しい項目が DataGrid リストに追加される前に発生します。

AutoGeneratedColumns

すべての列の自動生成が完了したときに発生します。

AutoGeneratingColumn

個々の列が自動生成されたときに発生します。

BeginningEdit

行またセルはが編集モードに切り替わる前に発生します。

CellEditEnding

セルの編集がコミットされるか、または取り消される前に発生します。

ColumnDisplayIndexChanged

列の 1 つで DisplayIndex プロパティが変更されたときに発生します。

ColumnHeaderDragCompleted

ユーザーがマウスを使用して列ヘッダーをドラッグした後に離すと発生します。

ColumnHeaderDragDelta

ユーザーがマウスで列ヘッダーをドラッグして位置を変更するたびに発生します。

ColumnHeaderDragStarted

ユーザーがマウスを使用して列ヘッダーのドラッグを開始すると発生します。

ColumnReordered

列が表示順の新しい位置に移動されると発生します。

ColumnReordering

列が表示順の新しい位置に移動される前に発生します。

ContextMenuClosing

要素のコンテキスト メニューが閉じる直前に発生します。

(継承元 FrameworkElement)
ContextMenuOpening

要素のコンテキスト メニューが開くときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
CopyingRowClipboardContent

既定の行の内容が準備された後に発生します。

CurrentCellChanged

CurrentCell プロパティの値が変更されたときに発生します。

DataContextChanged

この要素のデータ コンテキストが変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
DragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
Drop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
FocusableChanged

Focusable プロパティの値が変化したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GiveFeedback

入力システムがこの要素を対象とするドラッグ アンド ドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotFocus

この要素が論理フォーカスを取得したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotMouseCapture

この要素がマウスをキャプチャしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotStylusCapture

この要素がスタイラスをキャプチャしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotTouchCapture

タッチがこの要素にキャプチャされると発生します。

(継承元 UIElement)
Initialized

この FrameworkElement が初期化されるときに発生します。 このイベントと同時に、IsInitialized プロパティの値が false (未定義) から true に変更されます。

(継承元 FrameworkElement)
InitializingNewItem

新規項目が作成されたときに発生します。

IsEnabledChanged

この要素の IsEnabled プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsHitTestVisibleChanged

この要素の IsHitTestVisible 依存関係プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocusedChanged

この要素の IsKeyboardFocused プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocusWithinChanged

この要素の IsKeyboardFocusWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsMouseCapturedChanged

この要素の IsMouseCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsMouseCaptureWithinChanged

この要素の IsMouseCaptureWithinProperty の値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsMouseDirectlyOverChanged

この要素の IsMouseDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsStylusCapturedChanged

この要素の IsStylusCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsStylusCaptureWithinChanged

この要素の IsStylusCaptureWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsStylusDirectlyOverChanged

この要素の IsStylusDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsVisibleChanged

この要素の IsVisible プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

(継承元 UIElement)
LayoutUpdated

現在の Dispatcher に関連付けられた各種ビジュアル要素のレイアウトが変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
Loaded

要素のレイアウトやレンダリングが完了し、操作を受け入れる準備が整ったときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
LoadingRow

DataGridRow がインスタンス化された後で発生します。使用する前にカスタマイズできます。

LoadingRowDetails

新しい行詳細テンプレートが行に適用されたときに発生します。

LostFocus

この要素が論理フォーカスを失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostMouseCapture

この要素がマウス キャプチャを失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostStylusCapture

この要素がスタイラス キャプチャを失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostTouchCapture

この要素がタッチのキャプチャを失うと発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationBoundaryFeedback

操作中に境界に到達したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationCompleted

UIElement オブジェクトの操作および慣性による処理が完了すると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationDelta

操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationInertiaStarting

入力デバイスが操作中に UIElement オブジェクトとの接続を失い、慣性による処理が開始されると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarted

入力デバイスで UIElement オブジェクトの操作を開始すると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarting

操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseDoubleClick

マウス ボタンが複数回クリックされると発生します。

(継承元 Control)
MouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseEnter

マウス ポインターがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseLeave

マウス ポインターがこの要素の境界内から出たときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseMove

この要素の上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseUp

この要素の上でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreparingCellForEdit

セルが編集モードに移行したときに発生します。

PreviewDragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDrop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作が開始されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewGotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewLostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseDoubleClick

ユーザーがマウス ボタンを 2 回以上クリックしたときに発生します。

(継承元 Control)
PreviewMouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseMove

この要素上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusMove

スタイラスが要素上にあるときにスタイラスが移動すると発生します。 このイベントを発生させるためには、デジタイザーによって検出されている間にスタイラスが移動する必要があります。それ以外の場合には、代わりに PreviewStylusInAirMove が発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusOutOfRange

スタイラスがデジタイザーから離れすぎているために検出されないときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

(継承元 UIElement)
QueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

(継承元 UIElement)
QueryCursor

カーソルの表示が要求されると発生します。 このイベントは、マウス ポインターが別の位置へ移動するたびに要素上で発生します。したがって、場合によってはカーソル オブジェクトを移動先の位置に基づいて変更する必要があります。

(継承元 UIElement)
RequestBringIntoView

この要素で BringIntoView(Rect) が呼び出されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
RowDetailsVisibilityChanged

行の詳細の可視性が変更されたときに発生します。

RowEditEnding

行の編集がコミットされるか、または取り消される前に発生します。

SelectedCellsChanged

SelectedCells コレクションが変更された場合に発生します。

SelectionChanged

Selector の選択項目が変更されたときに発生します。

(継承元 Selector)
SizeChanged

この要素の ActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Sorting

列が並べ替えられているときに発生します。

SourceUpdated

この要素の既存のプロパティ バインディングのソース値が変更されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
StylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusEnter

スタイラスがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusLeave

スタイラスが要素の境界内から出たときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusMove

スタイラスがこの要素上を移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザー上でスタイラスを移動する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに StylusInAirMove が発生します。

(継承元 UIElement)
StylusOutOfRange

この要素上でスタイラスが検出可能になるにはデジタイザーから離れすぎているときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

(継承元 UIElement)
TargetUpdated

この要素のプロパティ バインディングのターゲット値が変更されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
TextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ToolTipClosing

要素のツールヒントが閉じる直前に発生します。

(継承元 FrameworkElement)
ToolTipOpening

要素のツールヒントが開かれたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
TouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

(継承元 UIElement)
TouchEnter

タッチがこの要素の境界の外部から内部に移動すると発生します。

(継承元 UIElement)
TouchLeave

タッチがこの要素の境界の内部から外部に移動すると発生します。

(継承元 UIElement)
TouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

(継承元 UIElement)
TouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

(継承元 UIElement)
Unloaded

読み込まれた要素の要素ツリーから要素が削除されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
UnloadingRow

DataGridRow オブジェクトが再利用可能になると発生します。

UnloadingRowDetails

行詳細要素が再利用可能になると発生します。

明示的なインターフェイスの実装

IAddChild.AddChild(Object)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用することを意図していません。

(継承元 ItemsControl)
IAddChild.AddText(String)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用することを意図していません。

(継承元 ItemsControl)
IContainItemStorage.Clear()

プロパティの関連付けをすべてクリアします。

(継承元 ItemsControl)
IContainItemStorage.ClearItemValue(Object, DependencyProperty)

指定したアイテムとプロパティ間の関連付けを削除します。

(継承元 ItemsControl)
IContainItemStorage.ClearValue(DependencyProperty)

指定したプロパティをすべてのプロパティ一覧から削除します。

(継承元 ItemsControl)
IContainItemStorage.ReadItemValue(Object, DependencyProperty)

指定したアイテムに関連付けられた、指定したプロパティの値を返します。

(継承元 ItemsControl)
IContainItemStorage.StoreItemValue(Object, DependencyProperty, Object)

指定されたプロパティと値を格納して、指定した項目に関連付けます。

(継承元 ItemsControl)
IQueryAmbient.IsAmbientPropertyAvailable(String)

このメンバーの説明については、IsAmbientPropertyAvailable(String) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 FrameworkElement)

適用対象