DataGridColumn.DragIndicatorStyle プロパティ

定義

ドラッグ操作中に列ヘッダーに適用するスタイル オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the style object to apply to the column header during a drag operation.

public:
 property System::Windows::Style ^ DragIndicatorStyle { System::Windows::Style ^ get(); void set(System::Windows::Style ^ value); };
public System.Windows.Style DragIndicatorStyle { get; set; }
member this.DragIndicatorStyle : System.Windows.Style with get, set
Public Property DragIndicatorStyle As Style

プロパティ値

ドラッグ操作中に列ヘッダーに適用するスタイル オブジェクト。The style object to apply to the column header during a drag operation. 登録済みの既定値は null です。The registered default is null. この値が何に影響されるかについては、DependencyProperty のトピックを参照してください。For information about what can influence the value, see DependencyProperty.

注釈

このプロパティを使用してDragIndicatorStyle 、の個々の列DataGridに対してを設定します。Use this property to set the DragIndicatorStyle for an individual column in the DataGrid. ドラッグインジケーター Styleのを定義するには、のTargetType Controlを指定します。To define a Style for the drag indicator, specify a TargetType of Control.

スタイルのプロパティを設定して、列ヘッダーの周りの境界線など、ドラッグインジケーターの特定の要素の外観を変更することができます。You can set properties in the style to change the appearance of certain elements of the drag indicator, such as the border around the column header. ただし、ドラッグインジケーターの既定のテンプレートでは、 VisualBrushを使用しCanvasて、ドラッグされている元の列ヘッダーのイメージでを描画します。However, the default template for the drag indicator uses a VisualBrush to paint a Canvas with an image of the original column header that is being dragged. その結果、 BackgroundForegroundなどの一部のプロパティをスタイルで設定すると、適用されないように見えます。As a result, if you set some properties in your style, such as Background or Foreground, they will appear to not be applied. ドラッグ中の列ヘッダーの外観を変更するには、既定値VisualBrushを使用しない新しいテンプレートを適用します。To change the appearance of the column header while it is being dragged, apply a new template that does not use the default VisualBrush.

適用対象

こちらもご覧ください