ItemsControl.ItemsSource ItemsControl.ItemsSource ItemsControl.ItemsSource ItemsControl.ItemsSource Property

定義

ItemsControl のコンテンツの生成に使用するコレクションを取得または設定します。Gets or sets a collection used to generate the content of the ItemsControl.

public:
 property System::Collections::IEnumerable ^ ItemsSource { System::Collections::IEnumerable ^ get(); void set(System::Collections::IEnumerable ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
public System.Collections.IEnumerable ItemsSource { get; set; }
member this.ItemsSource : System.Collections.IEnumerable with get, set
Public Property ItemsSource As IEnumerable

プロパティ値

ItemsControl のコンテンツの生成に使用されるコレクション。A collection that is used to generate the content of the ItemsControl. 既定値は、null です。The default is null.

注釈

コンテンツモデル: このプロパティは、 ItemsControlに項目を追加するために使用できます。Content Model: This property may be used to add items to an ItemsControl.

一般的なシナリオでは、、 ItemsControl ListView、またはListBox TreeViewなどのを使用して、データコレクションを表示したりItemsControl 、をコレクションオブジェクトにバインドしたりします。A common scenario is to use an ItemsControl such as a ListBox, ListView, or TreeView to display a data collection, or to bind an ItemsControl to a collection object. をコレクションオブジェクトItemsControlにバインドするには、 ItemsSourceプロパティを使用します。To bind an ItemsControl to a collection object, use the ItemsSource property. プロパティは、 ItemsSource既定でOneWayバインドをサポートしていることに注意してください。Note that the ItemsSource property supports OneWay binding by default.

プロパティが設定Itemsされると、コレクションは読み取り専用になり、固定サイズになります。 ItemsSourceWhen the ItemsSource property is set, the Items collection is made read-only and fixed-size.

ItemsSource使用されている場合、プロパティnullをに設定してコレクションをItems削除し、使用状況をItemCollectionに復元します。これは空のになります。When ItemsSource is in use, setting the property to null removes the collection and restores usage to Items, which will be an empty ItemCollection. ItemsSource使用されていない場合、このプロパティのnull値はであり、 nullをに設定しても効果はありません。When ItemsSource is not in use, the value of this property is null, and setting it to null has no effect.

注意

ほとんどの場合、独自のコレクションを実装する必要はありません。In most cases you do not need to implement your own collections. 代わりに、またはObservableCollection<T>他の既存のコレクションを使用することを検討してください。Instead, consider using ObservableCollection<T> or other existing collections. 詳細については、「バインディングソースの概要」の「バインディングソースとして使用されるコレクションオブジェクト」を参照してください。For more information, see the "Collection Objects Used as Binding Source" in Binding Sources Overview.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object ItemsSource="bindingDeclaration"/>  

XAML 値XAML Values

bindingDeclarationbindingDeclaration
Binding宣言。A Binding declaration. 詳細については、「バインドマークアップ拡張機能」を参照してください。See Binding Markup Extension for more information.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field ItemsSourceProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象