MenuItem.InputGestureText MenuItem.InputGestureText MenuItem.InputGestureText MenuItem.InputGestureText Property

定義

指定した項目に関連付けられたコマンドを呼び出す入力ジェスチャを説明するテキストを設定します。Sets the text describing an input gesture that will call the command tied to the specified item.

public:
 property System::String ^ InputGestureText { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
public string InputGestureText { get; set; }
member this.InputGestureText : string with get, set
Public Property InputGestureText As String

プロパティ値

入力ジェスチャを説明するテキスト (コピーコマンドのCtrl + Cなど)。The text that describes the input gesture, such as Ctrl+C for the Copy command. 既定値は、空の文字列 ("") です。The default is an empty string ("").

次の例は、プロパティを使用InputGestureTextして、キーボードショートカットのテキストをメニュー項目に割り当てる方法を示しています。The following examples show how to use the InputGestureText property to assign keyboard shortcuts text to menu items.

<MenuItem Header="_Cut" InputGestureText="Ctrl+X"/>
<MenuItem Header="_Find" InputGestureText="Ctrl+F"/>
mia = new MenuItem();
mia.Header = "_Cut";
mia.InputGestureText = "Ctrl+X";
mi.Items.Add(mia);

注釈

このプロパティは、入力ジェスチャとメニュー項目を関連付けません。単に、テキストをメニュー項目に追加します。This property does not associate the input gesture with the menu item; it simply adds text to the menu item. アプリケーションでは、アクションを実行するために、ユーザーの入力を処理する必要があります。The application must handle the user's input to carry out the action. コマンドをメニュー項目に関連付ける方法については、「」 Commandを参照してください。For information on how to associate a command with a menu item, see Command.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field InputGestureTextProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象

こちらもご覧ください