ButtonBase.CommandParameter プロパティ

定義

Command プロパティに渡すパラメーターを取得または設定します。Gets or sets the parameter to pass to the Command property.

public:
 property System::Object ^ CommandParameter { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public object CommandParameter { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)>]
member this.CommandParameter : obj with get, set
Public Property CommandParameter As Object

プロパティ値

Object

Command プロパティに渡すパラメーター。Parameter to pass to the Command property.

属性

注釈

コマンドライブラリの既存のコマンドのほとんどは、コマンドパラメーターを使用しません。Most existing commands from the command libraries do not use a command parameter. コマンドパラメーターを使用するコマンドのほとんどは、整数や文字列などのプリミティブ型の値を持つパラメーターを受け取ります。Of the commands that do use a command parameter, most of these take a parameter with some primitive type value, such as an integer or a string. ただし、コマンドパラメーターとして非プリミティブ型を期待するカスタムコマンドを作成することもできます。However, it is possible to create a custom command where that command expects a nonprimitive type as its command parameter. このようなカスタムコマンドの場合、 CommandParameter コードでを設定すると、新規または既存のオブジェクトインスタンスが必要になる場合があります。For a custom command case like this, setting CommandParameter in code might require a new or existing object instance. CommandParameterマークアップでを設定すると、プロパティ要素の構文が必要になる場合があります。この場合、プロパティ要素構文を入力するオブジェクト要素は、そのコマンドによって期待される型の新しい要素になります。Setting CommandParameter in markup might require property element syntax, where the object element filling the property element syntax is a new element of the type expected by that command. また、マークアップでを設定する場合は、既存のオブジェクトへのマークアップ拡張機能を通じた参照が必要になることがあります (通常、これらの参照は、 バインディングマークアップ拡張 機能または StaticResource マークアップ拡張機能で作成されます)。Alternatively, setting in markup might require a reference through a markup extension to an existing object (typically these references are made with Binding Markup Extension or StaticResource Markup Extension).

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object CommandParameter="commandParameter" />  

XAML 値XAML Values

commandParametercommandParameter
プロパティで指定されている特定のコマンドと同じ型の値が必要 Command です。A value of the same type as the particular command specified in the Command property expects. 既存のコマンドライブラリのコマンドを使用する場合は、コマンドライブラリのドキュメントを参照して、XAML の使用状況情報を確認してください。このドキュメントでは、コマンドのどの種類が想定されているかなど CommandParameter です。If you use an existing command library command, see that command library's documentation for XAML usage information, including which type of CommandParameter the command expects. カスタムコマンドを使用する場合は、「解説」を参照してください。If you use a custom command, see Remarks.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field CommandParameterProperty
メタデータプロパティがに設定される trueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象

こちらもご覧ください