ButtonBase.OnKeyUp(KeyEventArgs) メソッド

定義

このコントロールにフォーカスがある状態でユーザーがキーを離したときに発生する KeyUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。Provides class handling for the KeyUp routed event that occurs when the user releases a key while this control has focus.

protected:
 override void OnKeyUp(System::Windows::Input::KeyEventArgs ^ e);
protected override void OnKeyUp (System.Windows.Input.KeyEventArgs e);
override this.OnKeyUp : System.Windows.Input.KeyEventArgs -> unit
Protected Overrides Sub OnKeyUp (e As KeyEventArgs)

パラメーター

e
KeyEventArgs

KeyUp イベントのイベント データ。The event data for the KeyUp event.

注釈

この実装では、 KeyUp Handled true ユーザーが space キーを離したときにイベントデータのプロパティをに設定することによって、イベントを処理済みとしてマークします。This implementation marks the KeyUp event as handled by setting the Handled property of the event data to true when the user releases the SPACEBAR. それ以外の場合、この実装では、イベントデータの処理済みの状態 (プロパティ) は変更されません Handled KeyUpOtherwise, this implementation does not change the handled state (the Handled property) of the KeyUp event data.

注意 (継承者)

をオーバーライドする場合は OnKeyUp(KeyEventArgs) 、常に実装で基本実装を呼び出し OnKeyUp(KeyEventArgs) ます。If you override OnKeyUp(KeyEventArgs), always call the base implementation in your OnKeyUp(KeyEventArgs) implementation. 基本実装を呼び出さないと、基底クラスでクラスハンドラーを使用してイベントを処理できなくなり、最終的なクラスの実行時の動作が変わる可能性があります。Failure to call the base implementation prevents base classes from handling the event with a class handler, which might change the run-time behavior of the final class. 基本実装は、要件に応じて、特別な処理の前または後に呼び出すことができます。You can call the base implementation either before or after your special handling, depending on your requirements.

適用対象