Selector.SelectedIndex プロパティ

定義

現在の選択範囲のうち、最初のアイテムのインデックスを取得または設定します。選択範囲が空の場合は、マイナス 1 (-1) を返します。Gets or sets the index of the first item in the current selection or returns negative one (-1) if the selection is empty.

public:
 property int SelectedIndex { int get(); void set(int value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public int SelectedIndex { get; set; }
member this.SelectedIndex : int with get, set
Public Property SelectedIndex As Integer

プロパティ値

現在選択されている最初の項目のインデックス。The index of first item in the current selection. 既定値は -1 です。The default value is negative one (-1).

属性

次の例では、@no__t 0 を作成し、SelectedIndex プロパティを1に設定します。これにより、ListBox の2番目の項目が選択されます。The following example creates a ListBox and sets the SelectedIndex property to 1, which selects the second item in the ListBox.

<ListBox Margin="10,0,0,5" SelectedIndex="1"
  Name="listBox1" VerticalAlignment="Top" Grid.Column="0" Grid.Row="4">
  <ListBoxItem>Item 0</ListBoxItem>
  <ListBoxItem>Item 1</ListBoxItem>
  <ListBoxItem>Item 2</ListBoxItem>
  <ListBoxItem>Item 3</ListBoxItem>
</ListBox>

次の例では、SelectedIndex プロパティを使用して、インデックス0の項目が選択範囲の最初の項目であるかどうかを判断します。The following example uses the SelectedIndex property to determine whether the item at index 0 is the first item in the selection.

if (lb.SelectedIndex == 0)
{
    Item.Content = "Index 0";
}
If lb.SelectedIndex = 0 Then
    Item.Content = "Index 0"

注釈

@No__t-0 が1つの項目の選択をサポートしている場合、SelectedIndex プロパティは選択された項目のインデックスを返します。If a Selector supports selecting a single item, the SelectedIndex property returns the index of the selected item. @No__t 0 が複数選択をサポートしている場合、SelectedIndex は、ユーザーが最初に選択した項目のインデックスを返します。If a Selector supports multiple selections, SelectedIndex returns the index of the item that the user selected first.

複数選択をサポートする SelectorSelectedIndex を設定すると、選択した既存の項目がクリアされ、インデックスによって指定された項目に選択項目が設定されます。Setting SelectedIndex in a Selector that supports multiple selections clears existing selected items and sets the selection to the item specified by the index. SelectedIndex を指定すると、選択範囲が空の場合は-1 が返されます。SelectedIndex returns -1 if selection is empty.

@No__t-0 を-1 より小さい値に設定すると、ArgumentException がスローされます。If you set SelectedIndex to a value less that -1, an ArgumentException is thrown. @No__t-0 を、子要素の数以上の値に設定した場合、値は無視されます。If you set SelectedIndex to a value equal or greater than the number of child elements, the value is ignored.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field SelectedIndexProperty
メタデータプロパティが @no__t に設定される-0Metadata properties set to true BindsTwoWayByDefaultJournalBindsTwoWayByDefault, Journal

適用対象