Selector.SelectedValue プロパティ

定義

SelectedItem を使用して取得される SelectedValuePath の値を取得または設定します。

public:
 property System::Object ^ SelectedValue { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public object SelectedValue { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)>]
member this.SelectedValue : obj with get, set
Public Property SelectedValue As Object

プロパティ値

Object

選択された項目の値。

属性

次の例では、を ListBox オブジェクトのコレクションにバインドして Employee います。 この例では、をに SelectedValuePath @EmployeeNumberSelectedValue をに設定し 12345 ます。 これは、 Employee の値としてを持つを選択し 12345 EmployeeNumber ます。 また、この例では、をのにバインド TextBlock SelectedValue して ListBox います。 ユーザーがで選択を変更すると、が更新され、 ListBox TextBlock 現在選択されている従業員の従業員番号が表示されます。

<XmlDataProvider x:Key="Employees" XPath="/Employees/*">
  <x:XData>
    <Employees xmlns="">
      <Employee Name="Terry Adams" Type="FTE" EmployeeNumber="1" />
      <Employee Name="Claire O'Donnell" Type="FTE" EmployeeNumber="12345" />
      <Employee Name="Palle Peterson" Type="FTE" EmployeeNumber="5678" />
      <Employee Name="Amy E. Alberts" Type="CSG" EmployeeNumber="99222" />
      <Employee Name="Stefan Hesse" Type="Vendor" EmployeeNumber="-" />
    </Employees>
  </x:XData>
</XmlDataProvider>

<DataTemplate x:Key="EmployeeItemTemplate">
  <TextBlock Text="{Binding XPath=@Name}" />
</DataTemplate>
<ListBox Name="employeeListBox"
         ItemsSource="{Binding Source={StaticResource Employees}}"
         ItemTemplate="{StaticResource EmployeeItemTemplate}"
         SelectedValue="12345"
         SelectedValuePath="@EmployeeNumber"/>

<TextBlock Text="{Binding ElementName=employeeListBox, 
                  Path=SelectedValue}"/>

注釈

SelectedValuePath プロパティによって、SelectedValue プロパティの値を決定する目的で使用されるプロパティのパスが指定されます。 SelectedValueを値 x に設定すると、値が x に評価される項目が選択されます。そのような項目が見つからない場合は、選択がクリアされます。

依存プロパティ情報

識別子フィールド SelectedValueProperty
メタデータプロパティがに設定される true BindsTwoWayByDefault, Journal

適用対象

こちらもご覧ください