TextChange クラス

定義

TextChanged イベントで発生する変更に関する情報を格納します。Contains information about the changes that occur in the TextChanged event.

public ref class TextChange
public class TextChange
type TextChange = class
Public Class TextChange
継承
TextChange

注釈

TextChange オブジェクトは、TextBox または RichTextBoxで変更が発生した場所を指定します。A TextChange object specifies where a change occurred in a TextBox or RichTextBox. Offset プロパティは、変更の位置を指定し、AddedLength プロパティは追加されたシンボルの数を指定し、RemovedLength プロパティは削除されたシンボルの数を指定します。The Offset property specifies the position of the change, the AddedLength property specifies how many symbols were added, and the RemovedLength property specifies how many symbols were removed. TextBoxで変更が発生した場合、記号は1文字です。When the change occurs in a TextBox, a symbol is a single character. RichTextBoxで変更が発生した場合、シンボルは次のいずれかになります。When a change occurs in a RichTextBox, a symbol is one of the following:

  • TextElement 要素の開始タグまたは終了タグ。An opening or closing tag for a TextElement element.

  • InlineUIContainer または BlockUIContainer内に含まれる UIElement 要素。A UIElement element contained within an InlineUIContainer or BlockUIContainer. このような UIElement は、常に1つのシンボルとしてカウントされることに注意してください。UIElement に含まれる追加のコンテンツまたは要素は、シンボルとしてカウントされません。Note that such a UIElement is always counted as exactly one symbol; any additional content or elements contained by the UIElement are not counted as symbols.

  • テキスト Run 要素内の各16ビット UnicodeUnicode 文字。Each 16-bit UnicodeUnicode character inside of a text Run element.

TextChange は .NET Framework バージョン3.5 で導入されました。TextChange is introduced in the .NET Framework version 3.5. 詳細については、「.NET Framework のバージョンおよび依存関係」を参照してください。For more information, see Versions and Dependencies.

プロパティ

AddedLength

コントロールに追加されたシンボルの数を取得または設定します。Gets or sets the number of symbols that have been added to the control.

Offset

変更が発生した位置を取得または設定します。Gets or sets the position at which the change occurred.

RemovedLength

コントロールから削除されたシンボルの数を取得または設定します。Gets or sets the number of symbols that have been removed from the control.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください