ToolTipEventArgs クラス

定義

ツールヒントが開くときまたは閉じるときに発生するイベントのイベント情報を提供します。

public ref class ToolTipEventArgs sealed : System::Windows::RoutedEventArgs
public sealed class ToolTipEventArgs : System.Windows.RoutedEventArgs
type ToolTipEventArgs = class
    inherit RoutedEventArgs
Public NotInheritable Class ToolTipEventArgs
Inherits RoutedEventArgs
継承
ToolTipEventArgs

注釈

ツールヒントが開いて閉じられると、このクラスはイベント情報を提供します。 ツールヒントを指定する要素は、またはのいずれかから継承され FrameworkElement ContentElement ます。 そのため、開いて閉じるイベントは、これらのクラスの両方に存在します。 次の表に、このクラスを使用するイベントの一覧を示します。

ツールヒントが開いたときに発生するイベント ツールヒントが閉じたときに発生するイベント
FrameworkElement.ToolTipOpening FrameworkElement.ToolTipClosing
FrameworkContentElement.ToolTipOpening FrameworkContentElement.ToolTipClosing

これらのイベントは、クラスによって ToolTipService フィールドおよびフィールドとして登録され ToolTipOpeningEvent ToolTipClosingEvent ます。 FrameworkElementクラスと FrameworkContentElement クラスはどちらもを実装 ToolTipService し、前の表のイベントを定義することでこのイベントを公開します。

クラスは、 ToolTipEventArgs メソッドをオーバーライドし InvokeEventHandler ます。 ただし、このプロテクトメンバーはメンバーの一覧に表示されません ToolTipEventArgs 。これは、メソッドがシールされており、のクラスでオーバーライドできないため ToolTipEventArgs です。 このクラスのメソッドの実装は、パラメーターとして指定されたイベントハンドラーデリゲートを型にキャストし ToolTipEventHandler ます。

ツールヒントがオブジェクトとして定義されている場合 ToolTipOpened Closed ToolTip ツールヒントが開いて閉じられるときにも、クラスのイベントとイベントが発生します。

プロパティ

Handled

ルーティング イベントがルートをたどる際のイベント処理の現在の状態を示す値を取得または設定します。

(継承元 RoutedEventArgs)
OriginalSource

親クラスによって Source が調整される前の、純粋なヒット テストで判断される元の報告ソースを取得します。

(継承元 RoutedEventArgs)
RoutedEvent

この RoutedEventArgs インスタンスに関連付けられている RoutedEvent を取得または設定します。

(継承元 RoutedEventArgs)
Source

イベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得または設定します。

(継承元 RoutedEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InvokeEventHandler(Delegate, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、型固有の方法でイベント ハンドラーを呼び出す方法を提供します。これにより、基本実装よりも効率が向上する場合があります。

(継承元 RoutedEventArgs)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnSetSource(Object)

派生クラスでオーバーライドした場合、インスタンスの Source プロパティの値が変更されるたびに、通知コールバックのエントリ ポイントを提供します。

(継承元 RoutedEventArgs)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください