ToolTipService.ToolTip 添付プロパティ

定義

ヒントのコンテンツを取得または設定します。

see GetToolTip, and SetToolTip
see GetToolTip, and SetToolTip
see GetToolTip, and SetToolTip

次の例では、ツールヒントを指定する方法を示します。ToolTipService

<Ellipse Fill="Blue" 
       ToolTipService.ToolTip="{DynamicResource EllipseToolTip}"
       Height="25" Width="40"/>

注釈

ツールヒントのコンテンツは、単純なテキスト文字列から、コントロールや画像が埋め込まれた要素などの StackPanel より複雑なオブジェクトまで多岐に及びます。 ただし、ツールヒントのコンテンツにフォーカスを置くことはできません。 たとえば、 Button ツールヒント内でイベントを Click 受信することはできません。

Windows Presentation Foundation (WPF) には、ツールヒントをToolTip定義するコントロールと、ツールヒントの動作を指定するために使用できるプロパティが用意されています。 ただし、ツールヒントには、任意の要素 (例: .DockPanel Image

このプロパティは添付プロパティです。 コードでこのプロパティの値を取得または設定する方法については、メソッドをSetToolTip参照してくださいGetToolTip

ここに示す XAML 構文は、ツールヒントを埋めるオブジェクトが、文字列などのネイティブ型変換を含むプリミティブである場合に適しています。 オブジェクトがネイティブ型変換をサポートしていない場合、または独自の型コンバーターをサポートしている場合は、次のように添付プロパティ構文の詳細形式を指定する必要があります。

<object>  
  <ToolTipService.ToolTip>  
    <objectThatFillsTheToolTip .../>  
  </ToolTipService.ToolTip>  
</object>  

プレースホルダー要素 objectThatFillsTheToolTip は、そのオブジェクトで許可されている場合は、子要素を持つことができます。 ただし、ほとんどの XAML の使用では、代わりに公開 ToolTipされるサービスの実用的な制御実装が使用されるため、この使用の必要性は比較的まれである必要があります。

依存プロパティ情報

識別子フィールド ToolTipProperty
メタデータのプロパティが次に設定されている true なし

適用対象

こちらもご覧ください