Validation.Errors Validation.Errors Validation.Errors Attached Property

定義

バインドされている要素のアクティブなすべての ValidationError オブジェクトのコレクションを取得します。Gets the collection of all active ValidationError objects on the bound element.

see GetErrors
see GetErrors
see GetErrors

注釈

アプリケーションはこのコレクションのコンテンツを変更できません。The application cannot modify the content of this collection. この添付プロパティを使用する方法の例については、「例」のセクションを参照してください。See the Example section for an example of how to use this attached property.

WPF データバインディングモデルを使用すると、 ValidationRules Bindingオブジェクトに関連付けることができます。The WPF data binding model enables you to associate ValidationRules with your Binding object. コンバーターが呼び出される前に、バインディングターゲットからバインディングへのソース値の転送中に検証が行われます。Validation occurs during binding target-to-binding source value transfer before the converter is called. 検証プロセスを次に示します。The following describes the validation process:

  1. ターゲットプロパティからソースプロパティに値が転送されるとき、データバインディングエンジンは、バインドされたValidationError要素のSystem.Windows.Controls.Validation.Errors添付プロパティに追加された可能性があるを最初に削除します。When a value is being transferred from the target property to the source property, the data binding engine first removes any ValidationError that may have been added to the System.Windows.Controls.Validation.Errors attached property of the bound element. ValidationRule次に、そのBindingに対してカスタムが定義されているかどうかを確認Validateします。その場合ValidationRuleは、のいずれかがエラーになるまで、またはすべてのが成功するまで、各のメソッドを呼び出します。It then checks if there are any custom ValidationRules defined for that Binding, in which case it calls the Validate method on each of the ValidationRules until one of them runs into an error or until all of them pass.

  2. に渡されないカスタムルールがある場合、バインドエンジンはオブジェクトをValidationError作成し、バインドされた要素のSystem.Windows.Controls.Validation.Errorsコレクションに追加します。Once there is a custom rule that does not pass, the binding engine creates a ValidationError object and adds it to the System.Windows.Controls.Validation.Errors collection of the bound element. System.Windows.Controls.Validation.Errors空でないtrue場合、要素の添付プロパティはに設定されます。System.Windows.Controls.Validation.HasErrorWhen System.Windows.Controls.Validation.Errors is not empty, the System.Windows.Controls.Validation.HasError attached property of the element is set to true. また、 NotifyOnValidationError trueのプロパティSystem.Windows.Controls.Validation.Errorがに設定されている場合、バインディングエンジンは要素の添付イベントを発生させます。 BindingAlso, if the NotifyOnValidationError property of the Binding is set to true, then the binding engine raises the System.Windows.Controls.Validation.Error attached event on the element.

  3. すべての規則が成功した場合、バインディングエンジンはコンバーターを呼び出します (存在する場合)。If all of the rules pass, the binding engine then calls the converter, if one exists.

  4. コンバーターがを渡した場合、バインディングエンジンはソースプロパティの setter を呼び出します。If the converter passes, the binding engine calls the setter of the source property.

  5. バインドにがExceptionValidationRule関連付けられていて、手順 4. で例外がスローされた場合、バインディングエンジンはUpdateSourceExceptionFilterがあるかどうかを確認します。If the binding has an ExceptionValidationRule associated with it and an exception is thrown during step 4, the binding engine checks to see if there is a UpdateSourceExceptionFilter. UpdateSourceExceptionFilterコールバックを使用して、例外を処理するためのカスタムハンドラーを提供するオプションがあります。You have the option to use the UpdateSourceExceptionFilter callback to provide a custom handler for handling exceptions. がに指定されていないSystem.Windows.Controls.Validation.Errors場合ValidationError 、バインディングエンジンは例外を使用してを作成し、バインドされた要素のコレクションにBinding追加 UpdateSourceExceptionFilterします。If an UpdateSourceExceptionFilter is not specified on the Binding, the binding engine creates a ValidationError with the exception and adds it to the System.Windows.Controls.Validation.Errors collection of the bound element.

また、いずれかの方向 (ターゲットからソースまたはソースからターゲット) への有効な値転送では、 ValidationErrorsクリアされることにも注意してください。添付プロパティ。Also note that a valid value transfer in either direction (target-to-source or source-to-target) clears the Validation.Errorsattached property.

シナリオにおけるMultiBindingこのプロパティの動作の詳細についてValidationErrorは、「」を参照してください。For information about the behavior of this property in MultiBinding scenarios, see ValidationError.

詳細については、「データバインディングの概要」の「データの検証」を参照してください。For more information, see "Data Validation" in Data Binding Overview.

XAML テキストの使用XAML Text Usage

「解説」を参照してください。See Remarks. Errorsコレクション自体はユーザー設定可能ではありませんが、XAML のコントロールテンプレート定義で使用できます。The Errors collection itself is not user settable, but you can use it in a control template definition in XAML.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field ErrorsProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true IsNotDataBindable

適用対象