ValidationResult クラス

定義

ValidationRule.Validate(Object, CultureInfo) メソッドによって返された結果を表します。Represents the result returned by the ValidationRule.Validate(Object, CultureInfo) このメソッドは、チェック後の値が ValidationRule に合致しているかどうかを示します。method that indicates whether the checked value passed the ValidationRule.

public ref class ValidationResult
public class ValidationResult
type ValidationResult = class
Public Class ValidationResult
継承
ValidationResult

次の例は、数値以外の文字が含まれている場合、または下限と上限の範囲外にある場合に、入力値を無効としてマークする検証規則の実装を示しています。The following example shows the implementation of a validation rule that marks the input value as invalid if it contains non-numeric characters or outside the lower and upper bounds. 値が無効ErrorContentな場合は、 ValidationResult返されるのIsValidプロパティとプロパティが、 falseそれぞれ適切なエラーメッセージに設定されます。If the value is invalid, the ErrorContent property and the IsValid property of the returned ValidationResult are set to the appropriate error message and false respectively.

コード例全体については、「方法:バインディングの検証を実装します。For the complete example, see How to: Implement Binding Validation.

public class AgeRangeRule : ValidationRule
{
    public int Min { get; set; }
    public int Max { get; set; }
    
    public AgeRangeRule()
    {
    }

    public override ValidationResult Validate(object value, CultureInfo cultureInfo)
    {
        int age = 0;

        try
        {
            if (((string)value).Length > 0)
                age = Int32.Parse((String)value);
        }
        catch (Exception e)
        {
            return new ValidationResult(false, $"Illegal characters or {e.Message}");
        }

        if ((age < Min) || (age > Max))
        {
            return new ValidationResult(false,
              $"Please enter an age in the range: {Min}-{Max}.");
        }
        return ValidationResult.ValidResult;
    }
}

注釈

データバインディングモデルを使用すると、 ValidationRules BindingまたはMultiBindingオブジェクトに関連付けることができます。 WPFWPFThe WPFWPF data binding model enables you to associate ValidationRules with your Binding or MultiBinding object. ValidationRuleクラスをサブクラス化し、 Validateメソッドを実装することによって、カスタム規則を作成できます。You can create custom rules by subclassing the ValidationRule class and implementing the Validate method. メソッドValidateは、チェックValidationResultされた値が有効かどうかを報告するオブジェクトを返します。The Validate method returns a ValidationResult object to report whether the checked value is valid.

検証プロセスの詳細については、「データバインディングの概要」の「データの検証」を参照してください。For a detailed discussion of the validation process, see "Data Validation" in Data Binding Overview.

コンストラクター

ValidationResult(Boolean, Object)

ValidationResult クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ValidationResult class.

プロパティ

ErrorContent

無効性に関する追加情報を提供するオブジェクトを取得します。Gets an object that provides additional information about the invalidity.

IsValid

ValidationRule に関してチェックされた値が有効かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the value checked against the ValidationRule is valid.

ValidResult

ValidationResult の有効なインスタンスを取得します。Gets a valid instance of ValidationResult.

メソッド

Equals(Object)

指定したインスタンスと ValidationResult の現在のインスタンスを比較し、値が等しいかどうかを確認します。Compares the specified instance and the current instance of ValidationResult for value equality.

GetHashCode()

この ValidationResult のハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this ValidationResult.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

演算子

Equality(ValidationResult, ValidationResult)

2 つの ValidationResult オブジェクトを比較し、値が等しいかどうかを確認します。Compares two ValidationResult objects for value equality.

Inequality(ValidationResult, ValidationResult)

2 つの ValidationResult オブジェクトを比較し、値が等しくないかどうかを確認します。Compares two ValidationResult objects for value inequality.

適用対象

こちらもご覧ください