Binding.ElementName Binding.ElementName Binding.ElementName Binding.ElementName Property

定義

バインド ソース オブジェクトとして使用する要素の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the element to use as the binding source object.

public:
 property System::String ^ ElementName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string ElementName { get; set; }
member this.ElementName : string with get, set
Public Property ElementName As String

プロパティ値

値、NameプロパティまたはX:name ディレクティブの関心のある要素。The value of the Name property or x:Name Directive of the element of interest. コード内で要素を参照できるのは、目的の要素が RegisterName を使用して適切な NameScope に登録されている場合に限ります。You can refer to elements in code only if they are registered to the appropriate NameScope through RegisterName. 詳細については、次を参照してください。 WPF XAML 名前スコープします。For more information, see WPF XAML Namescopes.

既定値は、null です。The default is null.

注釈

このプロパティは、アプリケーションで別の要素のプロパティにバインドする場合に便利です。This property is useful when you want to bind to the property of another element in your application. 使用する場合など、Sliderアプリケーションでは、別のコントロールの高さを制御するためにバインドする場合、または、 Content 、コントロールをSelectedValueのプロパティ、ListBoxコントロール。For example, if you want to use a Slider to control the height of another control in your application, or if you want to bind the Content of your control to the SelectedValue property of your ListBox control.

既定では、バインドがで指定されたデータ コンテキストを継承、DataContextいずれかが設定されている場合は、プロパティ。By default, bindings inherit the data context specified by the DataContext property, if one has been set. ただし、ElementNameプロパティは、のソースを明示的に設定する方法の 1 つ、Bindingし、継承されたデータ コンテキストをオーバーライドします。However, the ElementName property is one of the ways you can explicitly set the source of a Binding and override the inherited data context. 詳細については、「方法 :バインディング ソースを指定します。For more information, see How to: Specify the Binding Source.

SourceRelativeSourceのプロパティ、Bindingクラスも有効にするバインディングのソースを設定する明示的にします。The Source and RelativeSource properties of the Binding class also enable you to set the source of the binding explicitly. ただし、3 つのプロパティの 1 つだけElementNameSource、およびRelativeSource、する必要がありますセットごとに、バインド、または競合が発生する可能性があります。However, only one of the three properties, ElementName, Source, and RelativeSource, should be set for each binding, or a conflict might occur. このプロパティは、バインディング ソースの競合がある場合に例外をスローします。This property throws an exception if there is a binding source conflict.

適用対象