Binding.Mode プロパティ

定義

バインドのデータ フローの方向を示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates the direction of the data flow in the binding.

public:
 property System::Windows::Data::BindingMode Mode { System::Windows::Data::BindingMode get(); void set(System::Windows::Data::BindingMode value); };
public System.Windows.Data.BindingMode Mode { get; set; }
member this.Mode : System.Windows.Data.BindingMode with get, set
Public Property Mode As BindingMode

プロパティ値

BindingMode 値のいずれか 1 つ。One of the BindingMode values. 既定は Default です。これは、ターゲットの依存関係プロパティの、既定のバインド モード値を返します。The default is Default, which returns the default binding mode value of the target dependency property. ただし、既定値は各依存関係プロパティによって異なります。However, the default value varies for each dependency property. 一般に、ユーザーが編集できる、テキスト ボックスやチェック ボックスなどのコントロール プロパティは既定で双方向のバインディングであり、それ以外のほとんどのプロパティは既定で一方向のバインドになります。In general, user-editable control properties, such as those of text boxes and check boxes, default to two-way bindings, whereas most other properties default to one-way bindings.

依存関係プロパティが既定で一方向と双方向のどちらでバインドされるかをプログラムで判断する 1 つの方法として、GetMetadata(Type) を使用してそのプロパティのプロパティ メタデータを取得してから、BindsTwoWayByDefault プロパティのブール値を確認することがきます。A programmatic way to determine whether a dependency property binds one-way or two-way by default is to get the property metadata of the property using GetMetadata(Type) and then check the Boolean value of the BindsTwoWayByDefault property.

注釈

およびOneWay INotifyPropertyChangedバインドをサポートするには、基になるデータがを実装する必要があります。 TwoWayTo support OneWay and TwoWay bindings, the underlying data must implement INotifyPropertyChanged. 詳細については、「方法: プロパティ変更通知を実装します。For details, see How to: Implement Property Change Notification.

またTwoWayOneWayToSourceのバインドでは、 UpdateSourceTriggerプロパティを設定することによって、ターゲットからソースへの更新を制御できます。For TwoWay or OneWayToSource bindings, you can control the target-to-source updates by setting the UpdateSourceTrigger property. 詳細については、「UpdateSourceTrigger」を参照してください。For more information, see UpdateSourceTrigger.

さまざまなバインドモードの詳細については、「データバインディングの概要」を参照してください。For more information on the different binding modes, see Data Binding Overview.

適用対象