BindingExpression クラス

定義

Binding の単一インスタンスに関する情報が含まれます。

public ref class BindingExpression sealed : System::Windows::Data::BindingExpressionBase, System::Windows::IWeakEventListener
public sealed class BindingExpression : System.Windows.Data.BindingExpressionBase, System.Windows.IWeakEventListener
type BindingExpression = class
    inherit BindingExpressionBase
    interface IWeakEventListener
Public NotInheritable Class BindingExpression
Inherits BindingExpressionBase
Implements IWeakEventListener
継承
実装

注釈

クラスは、 Binding バインディングの宣言の上位レベルのクラスです。 クラスは、 BindingExpression バインディングソースとバインディングターゲットの間の接続を維持する、基になるオブジェクトです。 には Binding 、複数のオブジェクト間で共有できるすべての情報が含まれてい BindingExpression ます。 は BindingExpression 、共有できず、に関するすべてのインスタンス情報を含むインスタンス式です Binding

たとえば、次のようにします。ここで、 myDataObject はクラスのインスタンス、 MyData myBinding はソース Binding オブジェクト、 MyData クラスはという名前の文字列プロパティを含む定義済みのクラスです MyDataProperty 。 この例では、のインスタンスであるのテキストコンテンツ mytext TextBlock をにバインドし MyDataProperty ます。

// Make a new source.
MyData myDataObject = new MyData(DateTime.Now);      
Binding myBinding = new Binding("MyDataProperty");
myBinding.Source = myDataObject;
// Bind the new data source to the myText TextBlock control's Text dependency property.
myText.SetBinding(TextBlock.TextProperty, myBinding);
' Make a new source.
Dim data1 As New MyData(DateTime.Now)
Dim binding1 As New Binding("MyDataProperty")
binding1.Source = data1
' Bind the new data source to the myText TextBlock control's Text dependency property.
Me.myText.SetBinding(TextBlock.TextProperty, binding1)

同じオブジェクトを使用して、 myBinding 他のバインドを作成できます。 たとえば、オブジェクトを使用して、 myBinding チェックボックスのテキストの内容をにバインドでき MyDataProperty ます。 このシナリオでは、オブジェクトを共有するのインスタンスが2つ存在し BindingExpression myBinding ます。

オブジェクトを取得するに BindingExpression GetBindingExpression は、 GetBindingExpression データバインドオブジェクトに対してメソッドまたはメソッドを使用します。

プロパティ

BindingGroup

この連結式が属する BindingGroup を取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
DataItem

この BindingExpression が使用するバインド ソース オブジェクトを取得します。

HasError

親のバインディングに、失敗した検証規則があるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
HasValidationError

親のバインディングに、失敗した検証規則があるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
IsDirty

バインドのターゲットがソースに書き込まれていない値を持っているかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 BindingExpressionBase)
ParentBinding

現在の BindingExpressionBinding オブジェクトを返します。

ParentBindingBase

この BindingBase オブジェクトの作成元である BindingExpressionBase オブジェクトを取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
ResolvedSource

この BindingExpression のバインディング ソース オブジェクトを取得します。

ResolvedSourcePropertyName

この BindingExpression のバインディング ソース プロパティの名前を取得します。

Status

バインディング式のステータスを取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
Target

このバインディング式のバインディング ターゲット オブジェクトである要素を取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
TargetProperty

このバインディング式のバインディング ターゲット プロパティを取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
ValidationError

ValidationError のこのインスタンスが無効になる原因となった BindingExpressionBase を取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)
ValidationErrors

ValidationError のこのインスタンスが無効になる原因となった BindingExpressionBase オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 BindingExpressionBase)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
UpdateSource()

TwoWay または OneWayToSource バインドにあるバインディング ソースのプロパティに現在のバインディング ターゲットの値を送信します。

UpdateTarget()

バインディング ソース プロパティからバインディング ターゲット プロパティへのデータ転送を強制的に実行します。

ValidateWithoutUpdate()

ValidationRule プロパティが Binding または ValidationStep に設定されている任意の RawProposedValue オブジェクトを、関連する ConvertedProposedValue に実行します。 このメソッドはソースを更新しません。

(継承元 BindingExpressionBase)

明示的なインターフェイスの実装

IWeakEventListener.ReceiveWeakEvent(Type, Object, EventArgs)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

適用対象