BindingMode BindingMode BindingMode BindingMode Enum

定義

バインディングのデータ フローの方向を記述します。Describes the direction of the data flow in a binding.

public enum class BindingMode
public enum BindingMode
type BindingMode = 
Public Enum BindingMode
継承

フィールド

Default Default Default Default 4

バインディング ターゲットの既定の Mode 値を使用します。Uses the default Mode value of the binding target. 既定値は、各依存関係プロパティによって異なります。The default value varies for each dependency property. 一般に、ユーザーが編集できる、テキスト ボックスやチェック ボックスなどのコントロール プロパティは既定で双方向のバインディングであり、それ以外のほとんどのプロパティは既定で一方向のバインドになります。In general, user-editable control properties, such as those of text boxes and check boxes, default to two-way bindings, whereas most other properties default to one-way bindings. 依存関係プロパティが既定で一方向と双方向のどちらでバインドされるかをプログラムで判断する 1 つの方法として、GetMetadata(Type) を使用してそのプロパティのプロパティ メタデータを取得してから、BindsTwoWayByDefault プロパティのブール値を確認することがきます。A programmatic way to determine whether a dependency property binds one-way or two-way by default is to get the property metadata of the property using GetMetadata(Type) and then check the Boolean value of the BindsTwoWayByDefault property.

OneTime OneTime OneTime OneTime 2

アプリケーションの起動時またはデータ コンテキストの変更時にバインディング ターゲットを更新します。Updates the binding target when the application starts or when the data context changes. この型のバインディングは、現在の状態のスナップショットが用途に合っている場合や、データが完全に静的である場合に適しています。This type of binding is appropriate if you are using data where either a snapshot of the current state is appropriate to use or the data is truly static. また、ソース プロパティの値を使用してターゲット プロパティを初期化するときにデータ コンテキストが事前にわからない場合にも、この型のバインディングは便利です。This type of binding is also useful if you want to initialize your target property with some value from a source property and the data context is not known in advance. 基本的に、この型のバインディングは、ソース値が変わらない場合にパフォーマンスを向上させる OneWay バインディングを簡易化したものです。This is essentially a simpler form of OneWay binding that provides better performance in cases where the source value does not change.

OneWay OneWay OneWay OneWay 1

バインディング ソース (ソース) の変更時にバインディング ターゲット (ターゲット) プロパティが更新されます。Updates the binding target (target) property when the binding source (source) changes. この型のバインディングは、バインドされているコントロールが暗黙的な読み取り専用の場合に適しています。This type of binding is appropriate if the control being bound is implicitly read-only. たとえば、株価情報などのソースにバインドする場合です。For instance, you may bind to a source such as a stock ticker. また、ターゲット プロパティには、データ バインドされたテーブルの背景色などのように、変更用コントロール インターフェイスがない可能性もあります。Or perhaps your target property has no control interface provided for making changes, such as a data-bound background color of a table. ターゲット プロパティの変更を監視する必要がない場合は、OneWay バインディング モードを使うことにより、TwoWay バインディング モードのオーバーヘッドを回避できます。If there is no need to monitor the changes of the target property, using the OneWay binding mode avoids the overhead of the TwoWay binding mode.

OneWayToSource OneWayToSource OneWayToSource OneWayToSource 3

ターゲット プロパティが変更されると、ソース プロパティを更新します。Updates the source property when the target property changes.

TwoWay TwoWay TwoWay TwoWay 0

ソース プロパティまたはターゲット プロパティのいずれかが変更され、もう一方も自動的に更新されます。Causes changes to either the source property or the target property to automatically update the other. この型のバインディングは、編集可能なフォームや完全対話型の UIUI シナリオに適しています。This type of binding is appropriate for editable forms or other fully-interactive UIUI scenarios.

適用対象

こちらもご覧ください