IMultiValueConverter.ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) IMultiValueConverter.ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) IMultiValueConverter.ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) IMultiValueConverter.ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) Method

定義

バインディング ターゲットの値をバインディング ソースの値に変換します。Converts a binding target value to the source binding values.

public:
 cli::array <System::Object ^> ^ ConvertBack(System::Object ^ value, cli::array <Type ^> ^ targetTypes, System::Object ^ parameter, System::Globalization::CultureInfo ^ culture);
public object[] ConvertBack (object value, Type[] targetTypes, object parameter, System.Globalization.CultureInfo culture);
abstract member ConvertBack : obj * Type[] * obj * System.Globalization.CultureInfo -> obj[]
Public Function ConvertBack (value As Object, targetTypes As Type(), parameter As Object, culture As CultureInfo) As Object()

パラメーター

value
Object Object Object Object

バインディング ターゲットによって生成される値。The value that the binding target produces.

targetTypes
Type[]

変換対象の型の配列。The array of types to convert to. 配列の長さは、メソッドの戻り値として推奨されている値の数と型を示します。The array length indicates the number and types of values that are suggested for the method to return.

parameter
Object Object Object Object

使用するコンバーター パラメーター。The converter parameter to use.

culture
CultureInfo CultureInfo CultureInfo CultureInfo

コンバーターで使用するカルチャ。The culture to use in the converter.

戻り値

Object[]

ターゲット値からソース値に変換された値の配列。An array of values that have been converted from the target value back to the source values.

注釈

戻り値の数でバインドがあるかどうかは、 MultiBinding、余分な戻り値は無視されます。If there are more return values than there are bindings in the MultiBinding, the excess return values are ignored. ソース バインディングの戻り値がより多くの方がある場合は、残りのソースのバインドに設定されている値はありません。If there are more source bindings than there are return values, the remaining source bindings do not have any values set on them. 戻り値の型がに対して検証されないtargetTypes; の値が直接のソースのバインドに設定されます。Types of return values are not verified against targetTypes; the values are set on the source bindings directly.

返すDoNothing位置にあるiインデックス位置にあるソース バインディングに設定する値がないことを示すiします。Return DoNothing at position i to indicate that no value is to be set on the source binding at index i.

返すDependencyPropertyします。UnsetValueReturn DependencyProperty.UnsetValue 位置にあるiコンバーターがインデックス位置にあるソースのバインドの値を指定することであることを示すi、およびそれに設定する値がありません。at position i to indicate that the converter is unable to provide a value for the source binding at index i, and that no value is to be set on it.

返すnullコンバーターが変換を実行できないか、この方向での変換をサポートしていないを示します。Return null to indicate that the converter cannot perform the conversion or that it does not support conversion in this direction.

データ バインディング エンジンは、ユーザー指定のコンバーターによってスローされる例外をキャッチしません。The data binding engine does not catch exceptions that are thrown by a user-supplied converter. によってスローされる例外、ConvertBackメソッドまたはいずれかのメソッドによってスローされる例外をキャッチできないが、ConvertBackメソッドの呼び出しは実行時エラーとして扱われます。Any exception that is thrown by the ConvertBack method or any uncaught exceptions that are thrown by methods that the ConvertBack method calls are treated as run-time errors. 返すことによって予測される問題を処理nullします。Handle anticipated problems by returning null.

適用対象

こちらもご覧ください