MultiBinding.ValidationRules プロパティ

定義

この ValidationRule のインスタンスの MultiBinding オブジェクトのコレクションを取得します。

public:
 property System::Collections::ObjectModel::Collection<System::Windows::Controls::ValidationRule ^> ^ ValidationRules { System::Collections::ObjectModel::Collection<System::Windows::Controls::ValidationRule ^> ^ get(); };
public System.Collections.ObjectModel.Collection<System.Windows.Controls.ValidationRule> ValidationRules { get; }
member this.ValidationRules : System.Collections.ObjectModel.Collection<System.Windows.Controls.ValidationRule>
Public ReadOnly Property ValidationRules As Collection(Of ValidationRule)

プロパティ値

Collection<ValidationRule>

この ValidationRule のインスタンスの MultiBinding オブジェクトのコレクション。

注釈

検証規則は、 オブジェクトと オブジェクト内の MultiBinding 個々のオブジェクトの Binding 両方に設定 MultiBinding できます。 バインディング エンジンは、値がバインディング ターゲット プロパティから オブジェクトに移動すると、 オブジェクトの ValidationRules MultiBinding を評価 IMultiValueConverter します。 その後、値がコンバーターから個々のバインディングのバインディング ソース プロパティに移動すると、バインド エンジンによってそのオブジェクトの ValidationRules が評価 Binding されます。

検証プロセスと、無効化時に視覚的なフィードバックを提供する方法の詳細については、「データ バインディングの概要」の「データ検証 」を参照してください

注意

このプロパティは、Extensible Application Markup Language (XAML) で設定するには、表示されている構文を使用するか、コレクション オブジェクトにアクセスし、 などのさまざまなメソッドを使用します Add 。 コレクション オブジェクトへのアクセスに使用されるプロパティは読み取り専用ですが、コレクション自体は読み取り/書き込みです。

XAML プロパティ要素の使用

<object>  
  <object.ValidationRules>  
    oneOrMoreValidationRules  
  </object.ValidationRules>  
</object>  

XAML 値

oneOrMoreValidationRules
1 つ以上の ValidationRule オブジェクト。 クラスを使用するか ExceptionValidationRule 、 クラスをサブクラス化してカスタム規則を作成 ValidationRule できます。

適用対象

こちらもご覧ください