RelativeSource.Mode RelativeSource.Mode RelativeSource.Mode RelativeSource.Mode Property

定義

バインディング ターゲットの位置を基準とする、バインディング ソースの相対的な位置を示す RelativeSourceMode 値を取得または設定します。Gets or sets a RelativeSourceMode value that describes the location of the binding source relative to the position of the binding target.

public:
 property System::Windows::Data::RelativeSourceMode Mode { System::Windows::Data::RelativeSourceMode get(); void set(System::Windows::Data::RelativeSourceMode value); };
public System.Windows.Data.RelativeSourceMode Mode { get; set; }
member this.Mode : System.Windows.Data.RelativeSourceMode with get, set
Public Property Mode As RelativeSourceMode

プロパティ値

RelativeSourceMode 値のいずれか 1 つ。One of the RelativeSourceMode values. 既定値は null です。The default value is null.

例外

このプロパティは、初期化後に変更できません。This property is immutable after initialization. このインスタンスで Mode を変更するのではなく、新しい RelativeSource を作成するか、別の静的なインスタンスを使用します。Instead of changing the Mode on this instance, create a new RelativeSource or use a different static instance.

注釈

このプロパティは、初期化後に読み取り専用になります。This property is read-only after initialization. このプロパティが明示的に設定されてAncestorTypeいないAncestorType場合、 AncestorLevelまたは、およびプロパティを設定するFindAncestorと、このプロパティ値はに暗黙的にロックされます。If this property is not set explicitly, setting the AncestorType or the AncestorType and the AncestorLevel properties will implicitly lock this property value to FindAncestor.

XAML テキストの使用XAML Text Usage

詳細XAMLXAMLについては、「 RelativeSource MarkupExtension」を参照してください。For XAMLXAML information, see RelativeSource MarkupExtension.

適用対象

こちらもご覧ください