RelativeSourceMode 列挙型

定義

バインディング ターゲットの位置を基準とする相対的なバインディング ソースの位置を記述します。Describes the location of the binding source relative to the position of the binding target.

public enum class RelativeSourceMode
public enum RelativeSourceMode
type RelativeSourceMode = 
Public Enum RelativeSourceMode
継承
RelativeSourceMode

フィールド

FindAncestor 3

データ バインド要素の親チェーン内の先祖を参照します。Refers to the ancestor in the parent chain of the data-bound element. これを使用して、特定の型の先祖またはそのサブクラスにバインドすることができます。You can use this to bind to an ancestor of a specific type or its subclasses. これは、AncestorTypeAncestorLevel の両方またはいずれかを指定する場合に使用するモードです。This is the mode you use if you want to specify AncestorType and/or AncestorLevel.

PreviousData 0

表示されるデータ項目の一覧に以前のデータ項目 (データ項目を格納するコントロールではない) をバインドできるようにします。Allows you to bind the previous data item (not that control that contains the data item) in the list of data items being displayed.

Self 2

バインディングを設定する要素を参照し、その要素の 1 つのプロパティを同じ要素の別のプロパティにバインドできるようにします。Refers to the element on which you are setting the binding and allows you to bind one property of that element to another property on the same element.

TemplatedParent 1

テンプレート (データ バインド要素が存在する) が適用される要素を参照します。Refers to the element to which the template (in which the data-bound element exists) is applied. これは、TemplateBindingExtension の設定に似ていて、Binding がテンプレート内に存在する場合にのみ適用されます。This is similar to setting a TemplateBindingExtension and is only applicable if the Binding is within a template.

RelativeSource例については、を参照してください。See RelativeSource for examples.

注釈

XAML テキストの使用XAML Text Usage

XAMLXAML詳細については、「 RelativeSource MarkupExtension」を参照してください。For XAMLXAML information, see RelativeSource MarkupExtension.

適用対象

こちらもご覧ください