DataObject.AddPastingHandler(DependencyObject, DataObjectPastingEventHandler) DataObject.AddPastingHandler(DependencyObject, DataObjectPastingEventHandler) DataObject.AddPastingHandler(DependencyObject, DataObjectPastingEventHandler) DataObject.AddPastingHandler(DependencyObject, DataObjectPastingEventHandler) Method

定義

指定された依存関係オブジェクトに Pasting イベント ハンドラーを追加します。

public:
 static void AddPastingHandler(System::Windows::DependencyObject ^ element, System::Windows::DataObjectPastingEventHandler ^ handler);
public static void AddPastingHandler (System.Windows.DependencyObject element, System.Windows.DataObjectPastingEventHandler handler);
static member AddPastingHandler : System.Windows.DependencyObject * System.Windows.DataObjectPastingEventHandler -> unit
Public Shared Sub AddPastingHandler (element As DependencyObject, handler As DataObjectPastingEventHandler)

パラメーター

element
DependencyObject DependencyObject DependencyObject DependencyObject

イベント ハンドラーを追加する対象の依存関係オブジェクト (UIElement または ContentElement)。

handler
DataObjectPastingEventHandler DataObjectPastingEventHandler DataObjectPastingEventHandler DataObjectPastingEventHandler

追加するハンドラー メソッドを参照するデリゲート。

注釈

このイベントを使用してに直接的および場合によって、データを貼り付けると、前に、データ オブジェクトを検査するアクションの代替のコースなどを決定します。

  • 貼り付けをキャンセルで呼び出すことによって、全体の貼り付け操作をキャンセル、CancelCommandメソッド。

  • 代替形式を選択します-新しい値を指定することで貼り付けが選択されている形式を変更、FormatToApplyプロパティ。 貼り付けるデータ オブジェクトでは、新しく選択した形式はサポートする必要がありますで。

    注意

    貼り付けの形式を変更する場合は、貼り付け先が、新しく指定した形式をサポートしていることを確認します。

  • 新しい形式の挿入- 貼り付けデータ オブジェクトの目的の形式をサポートして、目的の形式でデータのバージョンを含めるデータ オブジェクトを更新はいないと判断した場合。 カスタム データ コンバーターは、このプロセスの一環としてよく使用されます。

貼り付けのデータ オブジェクトの内容を変更 (DataObject) はシステム クリップボードに格納されているデータを変更しません。 このような変更が関連付けられている貼り付けコマンドに関連付けられたデータ オブジェクトにのみ適用されます。

適用対象

こちらもご覧ください