DependencyObject.DependencyObjectType プロパティ

定義

DependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップするを取得します。

public:
 property System::Windows::DependencyObjectType ^ DependencyObjectType { System::Windows::DependencyObjectType ^ get(); };
public System.Windows.DependencyObjectType DependencyObjectType { get; }
member this.DependencyObjectType : System.Windows.DependencyObjectType
Public ReadOnly Property DependencyObjectType As DependencyObjectType

プロパティ値

DependencyObjectType

DependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップする。

次の擬似コード例では、 MySubClass 追加の派生クラスに依存関係プロパティの既定値が変更される可能性があることを予測して MyCustom います。 クラスは、 DependencyObjectType コンストラクターが派生クラス instantiator として使用されるたびに、値に対してポリモーフィズムを利用することで、実際の派生クラスを特定できるパラメーターなしのコンストラクターを実装します。

public DOClass() : base()

{

__customPropertyCache = (CustomDP)

CustomDPProperty.GetMetadata(DependencyObjectType).DefaultValue;

}

注釈

このプロパティは、メソッドから返されるオブジェクトの戻り値の型がであり、その DependencyObject 型に応じてプロパティシステム固有の操作を実行する場合に便利です。 たとえば GetMetadata(DependencyObjectType)DependencyObjectType CLR 型ではなくを使用してを呼び出す方が効率的です。 DependencyObjectType より高速な検索を容易にします。

適用対象

こちらもご覧ください