DependencyPropertyChangedEventHandler 代理人

定義

DependencyProperty が特定の DependencyObject 実装で変更された場合に発生するイベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle events raised when a DependencyProperty is changed on a particular DependencyObject implementation.

public delegate void DependencyPropertyChangedEventHandler(System::Object ^ sender, DependencyPropertyChangedEventArgs e);
public delegate void DependencyPropertyChangedEventHandler(object sender, DependencyPropertyChangedEventArgs e);
type DependencyPropertyChangedEventHandler = delegate of obj * DependencyPropertyChangedEventArgs -> unit
Public Delegate Sub DependencyPropertyChangedEventHandler(sender As Object, e As DependencyPropertyChangedEventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベントのソース。The source of the event.

e
DependencyPropertyChangedEventArgs

イベントのデータ。The event data.

継承
DependencyPropertyChangedEventHandler

注釈

このデリゲートは、依存関係プロパティの変更を報告する特定のイベントのハンドラーシグネチャです。This delegate is the handler signature for particular events that report dependency property changes.

このハンドラーを使用するイベントは、 共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) ルーティングイベントとしてではなく、イベントとして公開されます。An event that uses this handler is exposed as a 共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) event, not as a routed event. 通常、これらのイベントは、propertyname という名前付けパターンに従い Is( PropertyName )Changed ます。 propertynameは、 DependencyProperty.Name 変更されたプロパティのです。Typically these events follow the naming pattern Is(PropertyName)Changed, where PropertyName is the DependencyProperty.Name of the property that changed. イベントの引数は、特定のイベントによって報告されたプロパティの古い値と新しい値を照会するために使用されます。The arguments of the event are used to query the old and new value of the property, as reported by the particular event. 通常、変更されたプロパティと変更を報告する特定のイベントの間には、1:1 の対応があります。Typically there is a 1:1 correspondence between properties that change and a particular event that reports the change. また、同じイベントレポートを複数のプロパティに変更することも珍しくありません。It is also possible, though uncommon, to have the same event report changes to more than one property. この場合、 DependencyPropertyChangedEventArgs 変更されたプロパティを確認するには、を確認する必要があります。In this case, the DependencyPropertyChangedEventArgs should be checked to determine the property that changed.

イベントデータクラスは、 DependencyPropertyChangedEventArgs このデリゲートだけではなく、より広範囲に使用されます。The event data class DependencyPropertyChangedEventArgs has a wider usage than just this delegate. DependencyPropertyChangedEventArgsは、実装のデータ通信にも使用されます PropertyChangedCallback 。これは、プロパティシステムのカスタマイズ機能と内部構造の一部であり、 WPFWPF 仮想メソッドによって、 OnPropertyChanged オブジェクトの依存関係プロパティが変更されるたびにクラス固有の通知を提供するようにオーバーライドできます。DependencyPropertyChangedEventArgs is also used to communicate data for PropertyChangedCallback implementations, which are part of the customization features and internals of the WPFWPF property system, and by the OnPropertyChanged virtual method, which can be overridden to provide class-specific notifications whenever any dependency property on the object changes.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象

こちらもご覧ください