DocumentPaginator クラス

定義

1 つのドキュメントから複数のページ要素を作成できる抽象基本クラスです。Provides an abstract base class that supports creation of multiple-page elements from a single document.

public ref class DocumentPaginator abstract
public abstract class DocumentPaginator
type DocumentPaginator = class
Public MustInherit Class DocumentPaginator
継承
DocumentPaginator
派生

注釈

@No__t-0 のページサイズの変更などのイベントに応答して、自動的なバックグラウンド改ページが必要な場合は、基本クラスとして DynamicDocumentPaginator を使用します。If you need automatic background repagination in response to events such as changing the page size of a FlowDocument, then use DynamicDocumentPaginator as your base class.

コンストラクター

DocumentPaginator()

DocumentPaginator クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DocumentPaginator class.

プロパティ

IsPageCountValid

派生クラスでオーバーライドされると、PageCount がページの合計数かどうかを示す値を取得します。When overridden in a derived class, gets a value indicating whether PageCount is the total number of pages.

PageCount

派生クラスでオーバーライドされると、現在書式設定されているページ数のカウントを取得します。When overridden in a derived class, gets a count of the number of pages currently formatted.

PageSize

派生クラスでオーバーライドされると、各ページの幅と高さの推奨値を取得または設定します。When overridden in a derived class, gets or sets the suggested width and height of each page.

Source

派生クラスでオーバーライドされると、改ページ位置が自動修正されている要素を返します。When overridden in a derived class, returns the element being paginated.

メソッド

CancelAsync(Object)

以前の GetPageAsync 操作または GetPageNumberAsync 操作をキャンセルします。Cancels a previous GetPageAsync or GetPageNumberAsync operation.

ComputePageCount()

コンテンツの改ページ位置の自動修正を強制し、新しい合計を使用して PageCount を更新し、IsPageCountValidtrue に設定します。Forces a pagination of the content, updates PageCount with the new total, and sets IsPageCountValid to true.

ComputePageCountAsync()

非同期的にコンテンツの改ページ位置の自動修正を強制し、新しい合計を使用して PageCount を更新し、IsPageCountValidtrue に設定します。Asynchronously, forces a pagination of the content, updates PageCount with the new total, and sets IsPageCountValid to true.

ComputePageCountAsync(Object)

非同期的にコンテンツの改ページ位置の自動修正を強制し、新しい合計を使用して PageCount を更新し、IsPageCountValidtrue に設定します。Asynchronously, forces a pagination of the content, updates PageCount with the new total, sets IsPageCountValid to true.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetPage(Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したページ番号の DocumentPage を取得します。When overridden in a derived class, gets the DocumentPage for the specified page number.

GetPageAsync(Int32)

指定したページ番号の GetPageCompleted を (DocumentPage イベントを通じて) 返します。Asynchronously returns (through the GetPageCompleted event) the DocumentPage for the specified page number.

GetPageAsync(Int32, Object)

指定したページ番号の GetPageCompleted を (DocumentPage イベントを通じて) 非同期的に返し、指定した ID を非同期タスクに割り当てます。Asynchronously returns (through the GetPageCompleted event) the DocumentPage for the specified page number and assigns the specified ID to the asynchronous task.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnComputePageCountCompleted(AsyncCompletedEventArgs)

ComputePageCountCompleted イベントを発生させます。Raises the ComputePageCountCompleted event.

OnGetPageCompleted(GetPageCompletedEventArgs)

GetPageCompleted イベントを発生させます。Raises the GetPageCompleted event.

OnPagesChanged(PagesChangedEventArgs)

PagesChanged イベントを発生させます。Raises the PagesChanged event.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

ComputePageCountCompleted

ComputePageCountAsync 操作の完了時に発生します。Occurs when a ComputePageCountAsync operation has finished.

GetPageCompleted

GetPageAsync の完了時に発生します。Occurs when GetPageAsync has completed.

PagesChanged

ドキュメント コンテンツが変更されたときに発生します。Occurs when the document content is changed.

適用対象