Run.Text Run.Text Run.Text Run.Text Property

定義

このテキスト Run の未フォーマット テキストのコンテンツを取得または設定します。Gets or sets the unformatted text contents of this text Run.

public:
 property System::String ^ Text { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string Text { get; set; }
member this.Text : string with get, set
Public Property Text As String

プロパティ値

このテキスト Run の未フォーマット テキストのコンテンツを指定する文字列。A string that specifies the unformatted text contents of this text Run. 既定値は、Empty です。The default is Empty.

次の例は、設定する方法を示します、Textの属性をRunしを使用して、直接バインド要素。The following example shows how to set the Text attribute of a Run element directly and by using binding.

<StackPanel>
    <StackPanel.Resources>
        <TextBox x:Key="DataStore" Text="This is an example of text flow using bound run" />
    </StackPanel.Resources>
    
    <FlowDocumentReader>
        <FlowDocument>
            <Paragraph>
                <Run Text="This is an example of Run" />
            </Paragraph>
            
            <Paragraph>
                <Run Text="{Binding Source={StaticResource DataStore}, Path=Text}" />
            </Paragraph>
        </FlowDocument>
    </FlowDocumentReader>
</StackPanel>

注釈

以降では、 .NET Framework 4.NET Framework 4Textのプロパティ、Runオブジェクトがバインドできることを意味する依存関係プロパティ、Textプロパティをデータ ソース。Starting in the .NET Framework 4.NET Framework 4, the Text property of the Run object is a dependency property, which means that you can bind the Text property to a data source. Textプロパティで一方向のバインドを完全にサポートするFlowDocumentReaderと読み取り専用のテキストを表示するその他のコントロール。The Text property fully supports one-way binding in FlowDocumentReader and other controls that display read-only text. データ バインディングの詳細については、「データ バインディングの概要」を参照してください。For more information about data binding, see Data Binding Overview.

注意

テキストにバインドするRunオブジェクト内に含まれるRichTextBoxはサポートされていません。Binding text to a Run object contained within RichTextBox is not supported. 内の操作を編集、RichTextBoxバインディングをクリアする場合があります。Editing operations within the RichTextBox may cause the binding to be cleared.

適用対象