TextPointer.GetCharacterRect(LogicalDirection) メソッド

定義

指定した論理方向で現在の Rect に隣接するコンテンツの境界ボックス (TextPointer) を返します。Returns a bounding box (Rect) for content that borders the current TextPointer in the specified logical direction.

public:
 System::Windows::Rect GetCharacterRect(System::Windows::Documents::LogicalDirection direction);
public System.Windows.Rect GetCharacterRect (System.Windows.Documents.LogicalDirection direction);
member this.GetCharacterRect : System.Windows.Documents.LogicalDirection -> System.Windows.Rect
Public Function GetCharacterRect (direction As LogicalDirection) As Rect

パラメーター

direction
LogicalDirection

コンテンツの境界ボックスを検索する論理方向を指定する LogicalDirection 値のいずれか。One of the LogicalDirection values that specifies the logical direction in which to find a content bounding box.

戻り値

指定した方向で現在の TextPointer に隣接するコンテンツの境界ボックス。現在の有効なレイアウト情報を利用できない場合は EmptyA bounding box for content that borders the current TextPointer in the specified direction, or Empty if current, valid layout information is unavailable.

実装

System.Windows.Documents.ITextPointer.GetCharacterRect(System.Windows.Documents.LogicalDirection)

注釈

TextElementこのメソッドの目的では、エッジはコンテンツとは見なされません。TextElement edges are not considered content for the purposes of this method. がエッジのTextElement前に配置されている場合、戻り値は、指定されたTextElement方向の次の非コンテンツの境界ボックスになります。 TextPointerIf the TextPointer is positioned before a TextElement edge, the return value is a bounding box for the next non-TextElement content in the specified direction. 指定された方向にコンテンツがない場合は、前のRectコンテンツの高さと高さが一致する高さのゼロ幅が返されます。If there is no content in the specified direction, a zero-width Rect is returned with a height matching the height of any preceding content.

このメソッドによって実行される操作は、有効なレイアウトによって異なります。The operation performed by this method depends on a valid layout. 必要に応じて、このメソッドは、操作を続行する前に、有効なレイアウトを自動的に再生成しようとします。When necessary, this method attempts to automatically regenerate a valid layout before proceeding with the operation. レイアウトを再生成すると、比較的負荷のかかる操作になる可能性があります。Regenerating a layout can be a relatively expensive operation. レイアウトをHasValidLayout再生成する可能性のある操作を実行する前に、プロパティを使用して有効なレイアウトを確認してください。Use the HasValidLayout property to check for a valid layout before performing operations that may regenerate the layout. 詳細については、「Layout」 (レイアウト) を参照してください。For more information, see Layout.

適用対象

こちらもご覧ください